2012年4月10日 (火)

『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』

既成の〝シャーロック・ホームズ〟の概念を吹っ飛ばしたシリーズ第2作目。

オーストリア皇太子が自殺する事件を筆頭に、ヨーロッパ各地で起きている
重大事件の連続。

それらの事件は一つの紐にたどり着くと見通したシャーロック・ホームズ。
その辿り着く先はホームズの宿敵 モリアーティ教授。
謎のジプシー占い師シムを巻き込んでの大アクション・ミステリー作品。

340799view001


いやぁ心地いいくらいのアクションとセンスいい笑いの連続が飽きさせない。
ホームズといえば謎のミステリーって印象だけどこれはもう爽快アクション。

いや、それ以上に笑いのキーワードは、
1.ホームズの馬、2.ホームズの兄、3.ホームズの仮装

相棒のワトソンが結婚して、なんかどこかすねてみて、それでいて
ワトソンの気を引こうといたずらをしてみるホームズ。
子供のようでいて、それでいてすごい洞察力と推理力を発揮するホームズ。
まさに魅力たっぷりのホームズには、まいりました!

そんな映画です。楽しかったよ!

『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~

1960年代、アメリカ・ミシシッピ州。
公民権法がまだ制定する前のアメリカの中でも、特に人種差別が
強く残っている州、ミシシッピ。

ヘルプと呼ばれる黒人メイドに育てられた作家志望の白人女性スキーターは、
黒人差別の厳しい現実と彼女たちの労働環境・実態に驚かされてしまう。

そして、そのことを本として出版し、世間に知らしめたいと思い立ち、
ヘルプたちに取材協力を申し出るが、黒人メイドはその身の危険を感じて、
スキーターの申し出を断ることに。

しかし、〝ある事件〟をきっかけに一人の協力者を得、そして波紋のように
その輪が広がっていく。

340956view003


白人社会に歪み蔓延んだ「差別」という卑劣な仕打ち。

1960年代、アメリカ・ミシシッピ州で、ヘルプと呼ばれる黒人メイドたちが
どういう仕打ちを白人たちから受けたか、なまなましく描かれている。

しかし映画は暗く悲壮感に描かれていない。
そこに出てくる女性たちがたくましくそして個性的に描かれている。

差別を受ける黒人女性、
それを疑問視し本で告発しようとする白人女性。
黒人たちを差別しつつ自分たちの生活を守る白人女性。
そんなサロン的女性の集まりから仲間はずれにされてしまった女性。

いずれも明るくそして生き生きとして、そして一種の爽快感すらある。
そして観終わった後に、しっかりと考えさせられる余韻も。

340956view001


得たものもあれば失ったものもいる。
あるものは〝かけがえのない友人〟を得、
あるものは〝新しい仕事〟を得。

あるものは〝信じた恋人〟を失い、
あるものは〝我が子〟を失い。

エンドロールとともに一人新たな人生を歩き去っていく女性。
しっかりと自分を見据えてあるいてくその後ろ姿に向かって
「差別なんてクソ喰らえ!」
そう言って応援したくなってくる、なんと素敵な映画だ。

一人でも多くの人に観てほしいと願う映画。

『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』

Help

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月31日 (土)

『戦火の馬』

第一次世界大戦下に激しく揺れる英国・仏国・独国で、
その飼い主が変遷しながらも生き残るジョーイの数奇な変遷を描く。

なんでも大戦当時は、戦争に100万頭駆り出された軍馬のうち
生き残ったのはわずかに6万頭だとか。
それだけ馬にとっては過酷な試練の時代だったのだ。

340426view002

農地を耕し、戦場を疾走し、また坂道で大きな大砲を引くジョーイ。
駆り出された仲間の馬はこき使われ、やがて次々と斃れていく。
それを見つめるジョーイ。

そんな彼の目に映るのは、人間たちの愚かな修羅場のみではなかった。
その先に見える雄大な自然は美しく、
それを慈しむように見渡すジョーイの視線は悲しい。

戦争の悲惨さと痛々しいまでの人間の愚かさが、自然の美しさを
際立てて描くことで、一層醜いものと観る者の目に映ってくる。
そんな激動の時代に、ジョーイに関わる人間模様もまた興味深い。

340426view001_3


見終わって、「ああ、映画とはこういうものだ」
そんな感動を与えてくれる作品だった。。

『戦火の馬』

Photo_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』

歴史と格式を重んじる英国で女性として政治家になることの困難さ、
しきたりと前例を尊ぶが故の英国の軋轢に立ち向かうには
強い信念をもつしか道が無かったのだろう。

英国の危機に立ち向かう揺るぎない〝鉄の女〟サッチャーと、
老いて夫の亡影とともに生きる〝孤独の老婆〟を
見事に演じたメリル・ストリープの本当に素晴らしい演技こそ必見。

341452view001_3


言ってほしいことがあれば、男に頼みなさい。
やってほしいことがあれば、女に頼みなさい

まさにサッチャーの政治家の信念を表わす言葉通りに
誇り高き英国の再建のために
保守的男の議員たちと闘い抜いた、
または〝鉄の女〟の役を政治の舞台で演じ切った、
一人の女性の光と影をみた。

341452view005


『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

『ライアーゲーム -再生-』

突然送りつけられる招待状により、見知らぬ者同士 多額の賞金欲しさに
参加者がお互いを騙し合うライアーゲーム。

天才詐欺師秋山松田翔太)がそんなライアーゲームに挑み続け、
ついにはゲームの出資者たちに多大な打撃を受えたファイナルステージから
2年が過ぎていた。
組織も崩壊し、すべてが終わったように見えたライアーゲームだが、
実は事務局は再度復活を果たしたのだった。

そして今では大学で心理学の教鞭をとっている秋山への復讐を果たすべく
秋山を誘い出し潰そうと、その教え子の一人を狙い定め、それを餌にして・・・。

今回のライアーゲームは「イス取りゲーム
総額20億円をかけて20人の参加者が争うのだが・・。
単純なイス取りゲームではなく、これはお互いが騙し合う国取りゲームだった。

341202view004_3


****************

この映画の魅力は何と言っても秋山のクールすぎる頭脳と行動。
人を小馬鹿にしたような微笑、何を考えているのか分からない怖さ。

いやぁ、かっこいいねぇ。これは今回の映画でも変わることのない魅力。
今回も新しい参加者相手にヒリヒリした頭脳戦を繰り広げる。

ただ、今回からはあの「オバカな直ちゃん」が出てこない。
やはりこの映画。
秋山と直ちゃんは光と影のような存在
どちらが欠けても輝きが弱くなるし影のない薄っぺらなものに
なってしまうのだね。それが観て実感。

341202view007_2

そして。
ライアーゲームは一種の毒に侵されているような、痺れるような
麻薬的な心地よさみたいなものがある。
しかし、今回のライアーゲームでは、
舌っ足らずな芦田愛菜ちゃんの起用でどこか後ろめたいものが薄れ、
最後は毒気の抜かれたような・・・で(若干ネタばれかも?)、
これまたどこか炭酸の抜けたジンジャーエールみたいな甘さが残った。

341202view002_2

今までのライアーゲームの延長では『再生』の意味がないので、
思い切って色々と変えてみようとした結果だと思うし、それによって
問題点も改善点も見えてきたんじゃないかな。

あの『秋山』の魅力をどうやって輝くものにするのか、
このライアーゲームの世界観の、ヒリヒリした麻薬のような、観る者の
頭脳を麻痺し刺激するのか。
もし、次回作があるならそこら辺は期待したいな。

色々と不満も書いたけど。観て良かったです。面白かった。

『ライアーゲーム -再生-』

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

『ヒューゴの不思議な発明』

1930年代のパリ。
パリの街の中心にある駅には街を一望できる大きな時計台があった。
そしてその時計台の中には人知れずひそかに孤児の少年ヒューゴ
エイサ・バターフィールド)が住んでいた。

340877view001

彼は時計台の中からにぎやかに駅の中を行き来する人々の姿を眺めていた。
そして彼の目に留まったのは、駅の構内でおもちゃと時計の修理をするお店。
そこにはまどろむ老人店主(ベン・キングズレー)がいた・・。

老店主の寝ている隙におもちゃのネズミをヒューゴが盗ろうとしたその瞬間!
ヒューゴはその腕を掴まれてしまう。
彼のポケットからは多くの歯車・ギア、そして1冊のノート。
そのノートの中をみた老人の顔色が変わる・・。

340877view007

時計台に隠れ住んでいるヒューゴ。
その大仕掛けの時計の中では、孤児であることを忘れることのできる、
彼だけの空間・大切な場所なのだ。
社会から隔離されたかのようにそこに籠り、父との繋がりの機械人形に
だけ心を許す生活を送っていた。
その現実逃避の世界を打ち壊したのが、老人パパ・ジョルジュ
少女イザベルだった。

340877view003

彼が唯一大切にしていたのは、父が遺した壊れた機械人形。
これを修理することが亡き父との想い出であり、父との唯一の繋がりであった。
しかしそれは一人の偉大な映画人の人生を掘り下げていくことになっていく・・。

*********************

映画のタイトルには「不思議な発明」となっているが、これは発明ではなく、
修理なのだ。
そしてヒューゴのした修理は機械人間の修理だけではなく、戦争によっ
て夢を打ち消されてしまった老人の心も繕ろい、そして笑顔を取り戻した。

無声映画の黎明期に偉業を残しつつも時代の変遷と失望の中に心を
閉ざしてしまった老人とそれと付き添ってきた妻の作品の数々は、
万華鏡の様に煌びやかで輝いていた。

340877view008


とても優しい映画だ。
そして映画は観る人を楽しませる手品、マジックだということ。
人を驚かせ、そして多くの夢を与える映画への深い愛がこの映画には満ちている。

観終わった後、昔見た映画をもう一度観てみようかな、
そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる。

『ヒューゴの不思議な発明』

Photo_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

人は原点に戻ってくる、明日の翼を求め。『麒麟の翼』

夜の日本橋をふらふらと歩くスーツ姿の男性。
通りかかった巡回の巡査はそんな様子を見かけ酔っ払いと察し
「大丈夫ですかぁ!?」と呼び掛ける。
しかし男はばたりと倒れ、走り寄った巡査はその男に刺さったナイフと
流れる出血を見て青ざめる。

340705view025


*******************

腹部を刺された状態で8分間も歩き続け、東京・日本橋の麒麟の像の下で
息絶えた
青柳中井貴一)。
一方、容疑者の男 
冬樹(三浦貴大)は、刺された青柳のかばんを持って
草陰に隠れていたところ、巡回の巡査に尋問を受け、そのままに逃亡中、
そして飛び出した道路で車と接触事故に遭い意識不明の重体となる。
容疑者・被害者ともその真相を語る口を失ってしまった。

340705view015

*******************

事件は、容疑者が男を刺して、そのまま逃走して事故にあった・・と。
そういうことで捜査本部は解決しようとした。

しかし。
日本橋署の
加賀恭一郎阿部寛)は事件を捜査するにつれ、関係者の
知られざる一面に近づいていく。

被害者はなぜ麒麟の像まで歩いたのか、
なぜ被害者は縁もゆかりもない日本橋にいたのか。
七福神巡りは誰がしていたのか。
うその証言をしていたのは。
被害者と容疑者の接点の真実は。
凶器となったナイフになぜ指紋が拭き取られていたのか。

多くの謎を残したまま、交錯する謎がひとつの雲のように溶け込んでいく時・・。

340705view021


*******************

東野圭吾のミステリー小説「加賀恭一郎シリーズ」の「新参者」の
映画化ということだけど、新参者は観たことがなかったので、
全然予備知識なく映画を観た。ん、思った以上に楽しめました。

捜査をしていく中で出てきた色々な謎が、まったく接点をもたないかのように
思われた。しかしそこには被害者・容疑者ともに掘り下がっていく歴史があった。
そしてそれらは麒麟の翼の像のもとにたどり着く。、

「行き詰った時には原点に戻れ。」

340705view001


「死者のメッセージを受け取るのは生きる者の義務」
その言葉は、加賀刑事だけではなく、ある人物にも大きく影響を与えた。

ミステリーとしては、それほど奇抜なものではなくオーソドックスな展開。
でもそこにある人間模様・人の心が見ごたえある作品でした。

「間違った公式を教えられた子供は、一生それを使って、同じ間違いをしてしまう。」

この言葉とその意味をあらためて考えさせられる。
もし『あの時』に正しい公式を教えてあげてたら、
被害者も容疑者も不幸な結末にならなかったはず。

340705view023


辿り着いた「麒麟の像」、そこからは翼をもっても飛び立てない。
頭上にはその頭を押さえつけようと交差する自動車道路が幾重にも重なる。

でも。
そこから一歩踏み出していけば、大きな空が見えてくるはずだしね。
生きる者は、死んだ者の気持ちとともに新しい出発をしていかないと。

『麒麟の翼』

Kirintubasa

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

彼の信じた正義は誰のためのもの。「J・エドガー」

FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバー。

初代長官に20代で任命されたエドガー(レオナルド・ディカプリオ)は、
50年もの間、長官として君臨した。
それは、彼が愛するアメリカの平和と秩序を守るための選択。
彼は自ら悪と決めつけた相手、彼の邪魔をする危険のある相手を
50年に渡り、その権力で潰してきた。

 

・・彼はその過去の歴史を振り返り、語り始めた。

340895view001

それは・・。

指紋から犯罪者を割り出す近代的捜査の導入から始まり、州を超えて
犯人捜査を可能にしたリンドバーグ法の制定等、彼が遺した輝かしい
功績の裏にある、恐喝と盗聴を繰り返した屈折した禁断の歴史
でもあった。

相手は共産主義者、犯罪者にとどまらず、時としてその刃は彼を排斥
しようとする歴代の大統領・政治家へも向けられた。
それは彼と彼の愛するFBI組織がアメリカを守っていくるために必要だと
「正当化」した高貴であったはずの信念が、結局は自己愛・自己保全に
行きついたのだった。
自分の地位を揺るがす敵に対して、被害妄想が肥大化してく過程は
倒錯的であり病的でさえある。

そんなエドガー長官をクリント・イーストウッド監督は善とも悪ともせずに
淡々と描き、観る者にその判断を委ねた。

340895view002

大きな盛り上がり(クライマックス)というものは本作にはない。
ただそこにイーストウッド監督の語りたかった「アメリカの正義」という
問いかけがある。アメリカは「正義」と「悪」とを決めたがる。

はたしてそうなのか。

エドガーが貫き通した「FBIの正義」と「アメリカの正義」は同じ方向を向いて
いたのか、彼は一体何を遺していったか。そして何を失ってしまったか。

エドガーを赤裸々に描くことで観る者に問いかけているように感じた。

340895view003

前に見た「グラン・トリノ」もある意味で「正義」について問いかけていたように思う。
この映画は観た時よりも、時間をおくほどにじわじわと余韻のように膨らんでいく。
イーストウッド監督の次回作もまた期待をしていきたい。

J・エドガー

J

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

吉高由里子に「惚れてまうやろー!」とは言わなかったけど。「ロボジー」

弱小家電メーカー木村電器。
社長の急な思いつきでロボット博に出展をすることのなったのだが・・。

選ばれた社員はロボット工学とは分野違いの、どちらかというと窓際な3名。
そんな小林(濱田岳)、太田(川合正悟)、長井(川島潤哉)は、わずか3人で
未経験の二足歩行のロボット開発に奔走していた。ロボット博直前には
なんとか数歩歩くところまで完成したロボットが、なんと!2階から落ちて大破。

「会社を首になる・・」
頭を抱え、窮地に追い込まれた3人は、「ロボットの気ぐるみショー」の募集の
チラシを作って・・。

340605view008

一人暮らしの頑固なお爺さん(五十嵐信次郎=ミッキー・カーチス)が
ひょんなことからロボットの中に入ることになって、とても人間味(老人的な・・)
あふれる動きが世間から絶賛され人気者に。
その場しのぎの嘘のはずが、もはや後戻りできない世間の話題となってしまい・・。

おとぼけ3人組と頑固爺さんの「営業」と称する珍道中が続くんだけど、
やりとりがまた楽しい。
どう考えても『ロボットじゃこんな動きはできんだろ!』と突っ込んじゃいけません。

コメディーですから。

340605view001

ミッキー・カーチスのちょっと寂しげな頑固爺っぷりもなかなかのもの。
おとぼけ3人組のちび、のっぽ、デブの組み合わせも良い感じです。
大学に講演で呼ばれて、理系の理論派に技術的な質問に戸惑いうろたえる3人組。
だのに、それを3人が答えなくても、学生たちが「それはこうじゃないか?」と
自分たちで意見を交わしつつ結論を出してくれるもんだから、「なるほど」と
質問者も納得しちゃう、そのやりとりを目も頭も虚ろになりながら必死に記録に
残している3人の姿に(笑)

340605view005

最後はどうなっちゃうんだろ?と余計な心配をしつつ見ていると
、しっかりとオチもついて一安心。
突っ込みどころ満載だけど、可笑しくもあって温かくもあって、
観た後が気持ちのいい映画でした。

ロボジー

Robog

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月31日 (火)

つらいばかりじゃ、ありゃしない。

雪国新潟からこんにちは。

もともと静岡県民でした私にとって、この新潟の雪はいわゆる『キャパ』ってやつを超えてます。
新潟に行きます、とメールをしてから音沙汰もなく、雪に埋もれたと思われた方もいらっしゃる・・というほど、このブログは読まれていないから、杞憂にすぎませぬ。

Dsc09623

この大雪の中、新潟の事務所の中で仕事をこつこつとしておりました。事務所の中は暖かいですよね(当り前か)。
この寒い土地だからこその良さもあったりします。

この日のランチは河竹鮨。昼からお鮨って何さま!って思われてるそこのあなた。
このランチ、1.5人前で700円なんですよ。

Dsc09633

この値段で新潟の美味しい鮨が食べられるのがうれしい。新潟の美味しいお米と日本海で獲れた新鮮なお魚。
そのふたつの最強タッグのシンフォニーを700円でお腹いっぱい食べられるのですよ。

雪の降らないところの皆さま、雪はつらいけど・・でもこのお鮨ならグラッときませんか?

Dsc09635

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«雪の椿