« 8月12日(7)グローバルコモン3 | トップページ | 8月13日(1)リニモで会場へ »

2005年8月12日 (金)

8月12日(8)アメリカ館~一日の終わり

一日目の最後は「アメリカ館」。昼間より並ぶ列は短いようだ。「USA」と大きく書かれたパビリオンの前をくねくねと折り返す誘導ロープに沿ってゆっくり進みながら、20分も待たずに入れた。なんと入口に金属探知器を使った検査が。

「斗樹、なんか空港みたいだね。」
「うん、すごい警備だ。」

無事検査を通って入ると、ホールに来館者が集められ、プレビューが始まる。ホールの中央にある像がベンジャミン・フランクリン、彼の紹介映像が流れる。そしてそれが終わると、壁に書かれた肖像画と思われたベンジャミン氏が、すくっと立って席を離れる(絵ではなく映像だった!)という洒落はさすが。観客も「おお!」とどよめきと笑いが。

さてホールからシアターに移動して、メインショーが始まる。画面に登場したフランクリンは結構おどけて楽しく話は進んでいく。そんな中で彼の多彩な面、偉業の数々を知るにつれ、アメリカ館はなぜ彼を英雄としているのかが、分かってくる。

「自由」「希望」「探究心」「楽観主義」の4つのキーワードが何度か紹介されている。楽観主義というのが面白い。いかにもアメリカ的だ。

肝心のメインシアターにも洒落た演出があった。落雷の時、席に微電流が流れて「おぉ!」。雨が降ってきた映像では、実際にパラパラと微量の雨が、席に降ってくると言った具合。この臨場感にゲストも喜んでいる。さすがエンターティメントの国、アメリカ。

アメリカ館を出て、今日はこれまで。会場を後にし、帰路につく。グローバル・コモン2の一番奥にあるアメリカ館から歩いていくと、夜とはいえ まだまだ人混みは絶えない。フードショップ「ルート66」の前では飲食の人だかり。にぎやかさは昼間とあまり変わらない。人混みをすり抜けながら、グローバル・ループへと出てそのまま北ゲートへと向かう。

 万博八草駅まではリニモではなく、シャトルバスを使うこととする。会場アナウンスも帰るお客様には、乗車待ちしている人気のリニモより、シャトルバスを利用するように呼びかけている。北口ゲートから出ると、誘導表示に従い右側を歩き、万博会場駅横の地下道を通ってシャトルバス乗り場へと出る。乗車券を購入して、バスに乗り込む。バスは乗客が一杯になり次第発車している。座っていけるように1台やり過ごして、どかっと座って乗ること数分。八草駅に到着し、バスを降りて駅のホームへと向かう。そうするとどういうことだ、足の疲れが急にどっと出てきた。重い足を引きずって、歩くのが辛くなっている。

 八草駅に入るとホームに溢れるばかりの人が、「乗車口」とプラットホームの白線に書かれているところに4~5列になって並んでいる。とにかく一番端まで移動して並ぶ。どうやら3両編成。これが20分単位だから混んで当然だ。大人は疲れ切った顔をして並んでいるが、子供達はまだ興奮冷めやらず、といった顔で、万博の話に花が咲く。電車を待つこと暫し。時刻は21時を回っている。

 電車が入ってきた。ホームに並ぶ列が、どっと車内になだれ込んでいく。通勤ラッシュのような混雑に、疲れも増してくる。そして、すぐに電車は発車する。我々はつり革に掴まって電車の揺れに体を任せる。

「がたん、ごとん」

付近は大きな町があるわけでもなく、電窓からは変わらない闇が続く。停車駅も車掌が切符を受けとる無人駅がいくつかあった。20分程で、宿泊先のある新豊田駅に到着。ここは相当の乗客が降りる。そこそこ大きな駅のようだ。しかし、夜遅い時間のせいか、駅前は暗く、乗降客以外は人もまばらな情景。

 宿泊先のアルファーワン豊田へ向かって歩き出すが、今の電車の立ちっぱなしですっかり足も疲れ切ったようで、思うように足が前に出ない。普通だと徒歩8分位の距離のようだ。斗樹に急かされながらトボトボと進む。駅前のデパートやビルが並ぶ先を右へ移動、静かな町並みをゆっくりと歩く。途中、コンビニで明日の朝食や飲み物など 買い物をして、どうにかホテルに到着。

 フロントでチェクイン、2日前にヤマト便で発送しておいた荷物を受け取った。フロントの対応にちょっとカチンと来る。疲れているせいかもしれない。台車をかりて荷物を部屋へ持っていく。部屋のドアを開けて荷物を部屋へ。段ボールを開けて、斗樹の荷物を渡す。段ボールには湿布を入れておいたが、足らなそうだ。10時前

近くのドラッグストアに買い出しに行く。比較的大きな、チェーン展開しているようなドラッグストアで夜10時まで店は開いていた。広い店内にまばらな客だ。湿布薬とドリンク剤も買い込んでホテルへ戻る。風呂に入って、湿布薬を足に貼りまくって、やっと一息ついた。TVは報道ステーションをつけっぱなし。時々見るとはなしに画面に目をやる。時計代わりだ。時間は11時を廻っている。斗樹は寝ただろうか。足の疲れは取れるのだろうか?不安を抱えながら、ベッドに横になる。ウトウトとしてきた。

長い一日目が、今終わった。

|

« 8月12日(7)グローバルコモン3 | トップページ | 8月13日(1)リニモで会場へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157486/63686740

この記事へのトラックバック一覧です: 8月12日(8)アメリカ館~一日の終わり:

« 8月12日(7)グローバルコモン3 | トップページ | 8月13日(1)リニモで会場へ »