« 9月の愛・地球博。第2日目。 | トップページ | 藤龍祭お笑いライブ! »

2005年9月18日 (日)

愛・地球博入場者最高記録!

  9月18日は、愛・地球博入場者28万人を超え、最高記録を更新した日。この日 私と とき君は、会場にいました。

FL000027  この日は、愛知環状線「万博八草駅」に朝7時半着くも、既に大変な人出。長久手会場に向かうリニモは待ち時間が出来ている。ここから瀬戸会場にまで歩くことにした。途中タクシーを拾って瀬戸会場に8時前に到着。しかしすでに凄い数の人が並んでいた。
(上:朝から大勢の人が並ぶ瀬戸会場。ゲートは遠く見えない。)
(下:瀬戸ゲートで入場待つ列、どうにかここまで来た!もう少し!)

FL0000261時間半後、どうにか入場してすぐに瀬戸日本館へ一直線、10:30の入館整理券をゲットしそれまでに瀬戸愛知県館市民パビリオンを廻る。瀬戸愛知県館は自然と共存するパビリオン、市民パビリオンは多くの市民参加型のパビリオン。そこには文化継承・地域貢献・福祉というテーマで、長久手会場と異なる、新しい万博の在り方を見た。

FL000021

FL000018    瀬戸日本館の群読「一粒の種」は大迫力で圧倒される。間近で見られて 良かった!
さて、13:20~にグローバル・ハウス、ブルーの事前予約が入っている。この後、長久手会場に移動・・・だが、ここからが大変。長久手-瀬戸会場の移動交通モリゾーゴンドラが90分待ち燃料電池バスの方がまだ早いのでは、という会場案内の薦めで、バスの列に並んだのが11:20。
(左上:大感動の瀬戸日本館入り口 右上:まさに市民参加の市民パビリオン)

FL000015  ここからいくら待ってもなかなか進まない。熱い陽射しに無口になる。間に合わないかな、と諦めかけた13:00になんとか乗車、長久手会場に到着すると、なんと地球博初めての入場制限。それでも入場を待つ人たちが、北ゲート前で、長蛇の列を作っているのが見える。(瀬戸会場からの移動はもちろん入場出来るのでOK)
(上:瀬戸会場の大きな瀬戸陶器皿!やきものモニュメント「天水皿n」)

FL000014  入場制限の列を横目に長久手会場に入ると、企業パビリオンゾーンは隙間がないほどに人に溢れていて驚く。まっすぐに歩けず、人とぶつかりながら、グローバル・ハウス(ブルー)の事前予約の時間に間に合わせるため、急いでどうにかセー フ!
(上:人に溢れる企業パビリオンゾーン。若干、人の空いた瞬間を狙って撮影)

FL000006その後、長久手日本館日立館を廻った。日本館の「地球の部屋」360度シアター、日立のユビキタス&ヴァーチャル体験、いずれも2回目だけど素晴らしい。まさに地球博最後の想い出にふさわしいパビリオンだ。
(人気の日立館前で。万博最後のパビリオンになる。寂しい。)

 さて時間も17時前。帰路に就こうにも、すでにリニモは長時間待ち。名鉄のエキスポシャトルバスの方が早いので、東ゲートより出て乗り場に行くと、また大行列。18:53名古屋発の新幹線で予約を取っていたので、ここでも間に合うか時間との勝負となった。

FL000004  そして18:00過ぎにどうにかバスに乗車でき、名古屋駅に18:40に到着。ここでもぎりぎり間に合った。ある意味幸運な連続だが、ストレスで疲れ切った一日だった。新幹線の乗り込み、座席につくとホッ。ボロボロの身体をのせて、新幹線は一路東上する。
(名古屋駅ホームにて、いよいよ愛知を離れる。)

 延べ6日の地球博はとても想い出深い素敵なものでした。

万博、最高!

|

« 9月の愛・地球博。第2日目。 | トップページ | 藤龍祭お笑いライブ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157486/7460640

この記事へのトラックバック一覧です: 愛・地球博入場者最高記録!:

« 9月の愛・地球博。第2日目。 | トップページ | 藤龍祭お笑いライブ! »