« 名盤の旅~傑作!「アメリカン・イディオット」グリーン・デイ | トップページ | スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐 »

2005年11月19日 (土)

爆笑オンエアバトル!

爆笑オンエアバトルの公開録画にとき君と、渋谷のNHKふれあいホールに行ってきました。

今日の収録は2回放送分、午後の部と夜の部のWヘッダーでした。

午後の部の出演者は、以下の10組。

・青空・ツインクル ◎流れ星 ◎なすなかにし ◎ハマカーン ・ハローケイスケ ◎星野卓也 ◎U字工事 ・ゆったり感 ・Lucy!

(◎がオンエア勝ち取り)

U字工事がこの放映日収録分では最高得点489KB、のっている感じ、確かに面白かった。個人的に好きなネタはハマカーン、ちょっと危ないネタだったけどね。オンエアされなかったハローケイスケは、それでも409KBと高得点、でもネタが少々元気なかった感じ。青空、ツインクルどっちも今一歩だったけど、会場ではしっかり受けていました。残念でしたね。

夜の部のの出演者は、以下の10組。

・イヌがニャーと泣いた日 ◎井上マー ◎イワイガワ ・カオポイント ◎カンカラ ・5番6番 ◎三拍子 ・中山功太 ・のみくい処 ◎ホーム・チーム

午後も厳し闘い、400KB超えの2組がオンエアならず。「5番6番」は本当に残念だった。面白かったよ!「犬がニャーと泣いた日」のランドセルコンとはパワーとよく練られた構成を感じたけど、少々濃すぎたか。この2つはもったいなかったゾ。
「カンカラ」はショーとしての完成度が高くて、この収録分では1番の高得点。

思ったより、スタジオは小さくて、熱気が伝わってくるので、とても楽しかった!番組の構成上分かってはいたけど、一番最後に番組オープニングを収録です。

行ってよく分かったこと、一番面白いのは、塚原愛アナウンサーの天然ボケ(^ ^;;;;

ネタ後の塚原愛アナウンサーとのやりとり・掛け合いが一番面白かった出演者もいたよ。塚原アナ特集を組んでも、結構笑えそう。

(オンエア勝ち取りは、放映後に修正で入れており、投稿時は「(未放送なのでオンエア勝ち取りについては秘密)」としておりました。あしからず))

special thanks kumi-san! 色々と教えてくれて感謝しています! 

|

« 名盤の旅~傑作!「アメリカン・イディオット」グリーン・デイ | トップページ | スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 爆笑オンエアバトル!:

« 名盤の旅~傑作!「アメリカン・イディオット」グリーン・デイ | トップページ | スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐 »