« ルースターって何を思い出します? | トップページ | 聴いてる内に何かが崩れていく、ベック。「オディレイ」 »

2005年12月 2日 (金)

名前もスタイリッシュ?フランツ・フェルディナンド

2曲をひとつに繋げると名曲になる。

古い話から入る。ビートルズの「A Day in the Life」という名曲がある。ジョンの作った曲とポールの作った曲を、テープの逆回しとかの技法で無理矢理一つの曲にしてしまったが、その妙な違和感が曲の魅力になって、名曲になった。
同じ、ポールの作った曲で「Band on the Run」という代表曲。これも3つの曲を組み合わせて、曲を徐々に盛り上げ、高揚感を出していく効果を演出した。
前置きが長くなった。

フランツ・フェルディナンドの「Take Me Out」これも異なる2つの曲を組み合わせる事で、違和感、それも妙に心地よい違和感を出す事に成功した。この1曲を聴くだけでも価値がある。アルバム全体に漂うダンサブルな雰囲気は、21世紀に登場したロキシー・ミュージックのよう。「the dark of the matinee」も捨てがたい。
 聴けば聴く程、麻薬のように中毒になる(やった事無いから分からないけど(^ ^;;;;)「darts of pleasure」も。
 一度聴いた後、実はあまり聴かなかった。でも妙に引っかかって、つい聴いてみたくなった。そして又暫くしてまた。と、徐々に聴いてしまうんです。

クセのある音楽だからはっきり言って好き嫌いがあるけど、聴いた事の無い人は「怖いもの見たさ」で一度聴いてみてはどうでしょ。
中毒になっても(ならなくても (^ ^;;;;)、責任は負えないっす。

Franz Ferdinand
1. jacqueline 
2. tell her tonight 
3. take me out 
4. matinee 
5. auf asche 
6. cheating on you 
7. this fire 
8. darts of pleasure 
9. michael 
10. come on home 
11. 40 ft 

|

« ルースターって何を思い出します? | トップページ | 聴いてる内に何かが崩れていく、ベック。「オディレイ」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名前もスタイリッシュ?フランツ・フェルディナンド:

« ルースターって何を思い出します? | トップページ | 聴いてる内に何かが崩れていく、ベック。「オディレイ」 »