« 今日のバンド練習は3人だ | トップページ | 「神童」 »

2007年5月26日 (土)

今週の時効警察&タモリ倶楽部

今週の「帰ってきた時効警察」は、「ごく普通の主婦がイノシシと間違えられるには、それなりの理由があったのだ!」は、犯人役が国生さゆり。あの人を圧倒する存在感は刑事ドラマだという事を忘れさせなかった。だって猟友会のメンバーが銃がへたくそというオチや、由紀さおり演じるクラブのママだけでは、コメディドラマになってしまうから。っていうか、コレ基本はコメディー?
脚本自体はそれほど練られているって感じじゃなくて、先週と比べてもあまり面白くなかったよ。

タモリ倶楽部は先週と続いて?道路編。電柱に接触した傷を検証して、どのように自動車がこすっていったのか、それをタイプ別に分けるっていう内容。これで30分持たすこのアイディアがたまりません。ドライバーならスネに傷をモツのは誰でもか、なぜか「アイタタ・・」と心の声が聞こえそうな企画でした。
空耳アワーではなんと!ジャンパーが出た!ついに!それほど面白い!って訳じゃなかったけど、勢いだったみたいね。

|

« 今日のバンド練習は3人だ | トップページ | 「神童」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週の時効警察&タモリ倶楽部:

« 今日のバンド練習は3人だ | トップページ | 「神童」 »