« 久し振りの旧友との再会 | トップページ | 久しぶりにバンド練習 »

2007年5月 3日 (木)

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」

GW、後半に入って久しぶりに映画を観に行くことにした。家から20分位にある、伊勢崎のMOVIX。会社の同僚Sさん(H)から紹介された「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 」。
ちょうど著者とも年代的に近いし、「オカン」が九州出身っていうことで、「オカン」の語る言葉に自分も亡き母を想い出して目頭が熱くなる。
個性派の役者の熱演もすばらしかったけど、時代背景と気持ちがとても共感できた内容だった。「炭坑」の街は実際に経験はないが、その時代をリアルに感じることができた。樹木希林&内田也哉子母娘の連携の素晴らしいね。紹介してくれたSさん(H)お気に入りの「オダギリジョー」の好演も見逃せない。やっぱり映画は良いなぁ、と素直に感動できた作品でした。
自分としては8点/10点

ということで、もう一作品見ることにした。

|

« 久し振りの旧友との再会 | トップページ | 久しぶりにバンド練習 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」:

« 久し振りの旧友との再会 | トップページ | 久しぶりにバンド練習 »