« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の19件の記事

2007年6月30日 (土)

エピフォンのギター

うちの仙台にある支店にいるS先輩から「おめぇはよう、レスポールジュニアがいいんじゃないの?」と言われた。あまり詳しくなかったので、色々と調べてみたら、自分みたいな横着者にふさわしい(マイクの切替がない)ギターだ。
EPIPHONEというギターのメーカーは、GIBSON直系のメーカーだ。そこのLP(レスポール)ジュニアが、会社の近くの楽器店にあった。値段的にも色も良い感じ。ただ音がショボイ。でもカッコイイ。安いし。。。
そこで店員に色々と話を訊いた。「チューンUPしよう!」結論が出た。
ピックアップマイクは、ギブソンのマイクに交換、ボリュームやトーンの部分も良いパーツ商品に交換してしまった。つまり電気関係は総入れ替えだ。もはや中身はエピフォンのギターではない。

音は、・・・。すごい。ギブソンだ。全然違う。こんなに違うものか!と思う位に違う。
深夜、スタジオフリーズで、一人練習ということでスタジオを借りてギターを弾きまくる。凄い音に感動もの。チューンアップの魅力を堪能した。
でもギター本体の価格が31,500円なんだけど、その倍以上お金がかかっているし。

| | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

ロッカーズ2007応募しました!

ROCKER2007へCD&応募用紙を送りました。メンバーの年齢を書く欄があるんだけど、さすがにその欄は書けませんでした。(^-^;
昨年は140?バンドだか一次審査で、二次予選にいけるのは40組だから3割もない数字。多分、予選落ちだろうけど、まぁこれで一区切り。結構楽しめたしね。

| | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

ロッカーズに応募の曲が出来たよ

20日にバンド練習で収録した音を元に、編集をして、「ロッカーズ2007」用の曲を作りました!「聞こえぬ唄」の方は、唄とベースを除いて収録できたので、追加で唄を入れた。ただベースの山ちゃんが仕事が忙しいので、今回ベースがオレが弾いてレコーディング終了。
ところが、「う・ら・は・ら」はひどい(>_<) 時間が無くて、ドラムと私の唄をその場でレコーディングしただけ。それを家に持ち帰って、自宅でギターを入れ直し、唄も入れ直し。ベースも自分で弾く。つまり最初に入っていたドラム以外は自分で音を入れた形だ。ほとんど自演とも言える・・。みんな仕事が忙しくてパートの音入れが出来ないのは、こういう仕事柄しょうがないのかもね。下に一応、UPしとくね。

 「聞こえぬ唄」の超ハイスピードに驚け!自分は驚いた。唄が、詞がろれつが回らん、早口言葉のよう。ギターもメチャ早弾き!自分で言うのも何だけど、これだけ早く弾ける人ってドンだけいる?って聞きたくなるくらい、自分を褒めてあげたい位のスピードだよん。

 「う・ら・は・ら」はブルージーにギターを弾こうとしたけど、練習不足。メチャ恥ずかしいって感じです。もう少し手を入れたかったなぁ。ああ、時間があれば。↓

「聞こえぬ唄」↓
「KIKOE128.MP3」をダウンロード

「う・ら・は・ら」↓
「URAHA_01.MP3」をダウンロード

これでロッカーズも一区切り、またいくつか出来てるオリジナルの曲UPしようっと。地元のライブでも出てみたいなぁ。

| | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

お笑いの番組好き!!

まだ会社の一部に、私が大のお笑い好き、というイメージが浸透している。素敵なことだ(^^;)。昨日、本社のAさんから「お笑いが詳しいと聞きました。」とのメッセージを戴いた。(どんな噂だい)。ま、実際、大好きである。昨夜毎週欠かさずに録画予約している「爆笑!オンエアバトル」をチェックする。この番組は前にこのブログでも何度も書いたが、収録にいったし、チャンピオン大会の審査員もやったことのある、思い入れのある番組だ。今回はオーバー400の5組が勝ち残ってオンエアされる。タイムマシーン3号は強いなぁ。でも結構おもしろさにムラを感じる。今日はあまり良い出来に思えなかった。

お笑いの自分のマイブームは、間違えなく「イワイガワ」と「サンドウィッチマン」の2組。この2つは圧倒的に自分のツボで、おもしろいけど、あんまり放送には出てこないんだよなぁ。YOUTUBEにもUPされねぇし。それでもサンドウィッチマンはいくつかYOUTUBUに引っかかってくる。イワイガワは「オンエアバトル」、サンドウィッチマンは「エンタの神様」でたま~に出てくる。おもしろいのに、この露出の少なさはなぜだ!

| | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

杜の都 仙台

仕事の関係で、今日は杜の都 東北の大都市 仙台へと行ってきた。仙台駅に9時を回った頃に到着。あいにくの天気だが、傘を買うのもおっくうなので、自社の支店事務所のあるビルまで、小雨の中を歩いて歩いていく。小雨の中を歩くのは、実は結構好きなのだ。霧雨に濡れて歩くのは、なぜか気持ちが良い。並木も水を得て、生き生きとしているように感じる。水って生命の源なんだなぁ、って改めて感じた。

仕事前に音楽の大先輩Sさんに挨拶。この方凄いのは、自分の席の後ろにギターを何本も並べている。色々とそのギターの説明を受けながら、少し弾かせて貰う、そしてギター談義。楽しいひととき。

| | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

「孤独の街で」の曲名は「うらはら」に

「孤独の街で」っていうタイトルの曲名って、なんかモロ孤独を強調してどうかい?って感じだったんだけど、S支店 D(P)君から「うらはら」って曲名にしたら?ってアドバイス貰いました。孤独なんだけど、ちょっと意地はったりして自分の気持ちに正直になれない気持ちって感じで「うらはら」。乙女心ってやつかな、妙に感心して決まりました。P君ありがと!です。

| | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

ロッカーズエントリー曲の音録り

今日のバンド練習は、いつもと違ってFM群馬ロッカーズのエントリー曲の音録りだ。とにかくドラムの音を録ろうってことだったんだけど、肝心のドラムの高木君が、家に帰っちゃった・・。なんでもガスのトラブルだとか、よく分からん。待つこと1時間ダラダラとスタジオ内で時間を過ごしていると、同僚のSさん(H)がスタジオに遊びにに来てくれた。でもドラム待ちなので、雑談で時間が過ぎていく。
やがて高木君到着で練習開始、そして音録りも行う。どうにか録れたけどう~んって内容かな。まぁ楽しけりゃイイヤですね。時間もないのでTAKEをそれぞれ3つずつ入れてスタジオを出た。
会社に戻って、栗ちゃんとミキシングというか音のバランスを取りながら、栗チャンのMTRから自分のMICRO-BRに転送。ここからトラックを使って重ね録りする作業に入る。
結局、会社に夜中12時過ぎまで、会議室に二人籠もって仕事もせずに・・・。
いったいコレでいいんかい?自分・・・。

| | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

オリジナル曲の歌詞はコレだい!

オリジナルの曲の歌詞を一応UPしときます。滑舌悪いから聞き取りにくいかも。ただ「聞こえぬ唄」の方はUPしてからバンドの奴らに強制的に内容を変えさせられたので今は、下のような歌詞になっている(はず・・・)。「孤独の街で」の方は、「♪飲めないお酒に酔ったふりして」を「♪酔えないお酒に~」に替えました。ちょっと最近考えることがあって。なにも悩みがないように見えて、これで自分結構深い悩みがあるんですよ。ホント。

でも「聞こえぬ唄」の方は1番しか録音できていないから・・。明日バンドの練習だから、巧く録音できたら、それをUPしようかな。

"聞こえぬ唄"

音を聞けないあの子が笑う、
静寂の世界の中で。
何と語り合うのか、何を語り合うのか。

心で感じるあの子が笑う、
混沌の世界の中で。
真実の言葉を探して、真実の言葉を求めて。   

俺は歌う、あの子に聞こえぬ唄を。
俺は歌う、あの子に届かぬ唄を。

音を聞けないあの子が笑う、
話す事ない口唇から
眩しい笑みがこぼれる、
眩しい笑みが語りかけ・・・。

あの子は唄う、俺たちに聞こえる愛を
あの子は唄う、俺たちに届く唄を

"孤独の街で"

そんなに 私を 苦しめないで
そんなに 私を 愛さないで。

ビルの谷間から、夕暮れをかすかに、
知らせるものだから、泣いてしまうのよ

いつも いつも、あなたは、そうなんだから
男ってああなんだね。女はいつもこう・・。

酔えないお酒に、酔ったフリして
からんで、困らせ・・、かまってほしくて。

いつも いつも、あなたは、そうなんだから
男ってああなんだね。女はいつもこう・・。

つまらぬジョークで笑うほど
私まだ、歳とっちゃ、フケちゃいないわ。

| | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

久し振りに走りました!

今日、久し振りにジョギングしました。
前に走ったのが3週間位前かな。その時は、2km走ってあと6kmくらいだらだらウォーキングだった・・・。今日は気合いを入れたんだけど4km走ったら限界で、へたり込みそうになってしまった。でもなんとかウォーキングを継続して4km続けました。
計8km頑張りました。天気も晴天じゃなかったけど、ボチボチで殆ど人のいない、農道=麦畑なんで、歩いている時日光浴しながら気持ちよかったです。。
(でも効果あったかな?・・・って、1回走ったからって効果でないよね)
2月くらいまでは8kmは充分走れたのに・・・。継続しないとダメってことかも。
80kg台から奇跡のダイエットで50kg台に落とせて慢心してしまったのかな、リバウンドするぞ!!反省、反省です。

| | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

ダイエットの話

音楽の話ばかりなんで少しダイエットの話。前にブログで書いたけど、昨年ダイエットに成功して運動もしたので、長く走れるようになったりと、自分に少しだけ自信というか、やる気が出せるんだなって思うようになりました。
そうしてダイエットとか運動の話での輪ができてくるんですが、今日はうちの会社のS支店の話。

S県の県庁所在地S支店は本社の下にあって、以前勤務していたこともあって、皆よく知ってるんだけど、ここの営業管理事務の3名とは結構親しい。ヤマは自分が静岡に勤務していた時の入社で、昔からの付き合い。D(P)君は、少し前自分の下で働いていたので、色々と教えて娘のような存在。Kお嬢もダイエットライバルです。この3名とは時々情報交換をして自分の怠け癖を解消させているんだけど、この3名時々違う方向性にいくよう。
なんか勘違いしてギャグの世界かよ!とつっこみを入れたくなるような、カワイイ奴らです。そんな仲間と楽しいダイエット情報交換が自分の息抜きにもなったり、やる気にもなったりしています。

| | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

バンド練習はオリジナルの音あわせが中心

今日はN支店から夕方戻って、社内でちょっと仕事((^^;))、そのままバンド練習に突入。今夜もスタジオフリーズで8時~10時。ロッカーズ2007応募用のオリジナル曲の練習になる。自分のわがままを押しつけたかたちだけど、このブログにUPした2曲でいくことで、バンドメンバーの承諾(決して快諾ではなかったけど・・)を得て構成のツメをしながら音合わせ。
「聞こえぬ唄」はスピードとノリがあるんで、大体雰囲気は出来た。もう一つの仮題「孤独の街で」はメンバー間でケンケンガクガク状態。全体の構成の主導権を握る男、栗チャンが、もう一人のキーマン、高木君とリズムのことで悩み出す。8ビートが良いとかスピードがあった方が良いとか、リズムが合わせにくいとか・・。あげくにはアカペラがいいとか、クールファイブ調で行こうとか、もう何がなんだか・・・。作者の肩身が狭い、狭い(>_<)。
自分から「どのようにでもしまうので・・。」という低姿勢を通しながら、なんとかブルースロックテイストは失わないようにして戴き(何という低姿勢)、形は見えてきた感じ。
昨日は、企画本部のAさんと支店のOちゃんが見学に来た。みんなに少しずつ認識して貰っているけど、妙な噂先行も心配だなぁ。自分が「Yさんって 黒のタンクトップで、はじけてギターを奏でている・・」て皆に言われて赤面状態。。。別にそんなわけじゃ。。いい歳だし。

ロッカーズ2007申込みまで後僅か。もう少しだ!!

| | トラックバック (0)

激辛会 6月の宴!

恒例?かどうかはわかんないけど、昨夜激辛会を開催しました。我が会社の同志、Fさんとそのお相手、Mさん、そして今回からFさんの16年来の親友、minminさんも参加。minminさんのお名前の由来が(もちろんあだ名ね(*^_^*))とても気になっていて、そのお話も楽しく聞けました。今回もこの会はとっても気心しれた仲間でとってもステキな会になりました。
 今回は日本海の大都市N市繁華街にある、韓国料理店「TOTORI【ととり】」で辛さも期待大!「青唐辛子のチヂミ」がたまりません!その他の料理もとっても美味しかったです!
Fさん、Mさんももちろん、minminさんもとってもステキな方でした。激辛もとっても好きだけど、このメンバーもとってもステキです。この人たちとの食事会、長く続けばいいなぁ。

| | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

オリジナル曲また作ったよ。

日曜日にオリジナルの曲をもう1曲作りました。前回のノリの良いロックから、今度はブルースっぽい曲に仕上げました。
以前に原案っていうかベースは作ってあって、それを仕上げたって感じです。

↓ 仮題 「孤独の街で」、または「想い出は優しさに包まれ」 うーんやっぱ未定・・。
「omoide.MP3」をダウンロード

この前に作った曲は歌詞1番で中途半端に終わったけど、今回はしっかりと最後まで
作り切れた満足がある。でもイントロとかギターソロが不満足かな。だんだん欲が出てきた。
(金澤屋の金澤店主様、前回と今回とどっちがロッカーズ向きですか?)

MICRO-BRも使い方が徐々に慣れてきました。色々と作っていきたいな。

| | トラックバック (0)

時効警察最終回だ!

今週の「帰ってきた時効警察」はいよいよ最終回。

「振り返らずに別れるか?最後にもう一度振り返って別れるか?それが問題だと言っても過言ではないのだ!」って相変わらず長いタイトルだこと。(苦笑)

室井滋がとってもいい演技しています、さすがですね。最後だけあって内容もここ最近では一番の出来かも。推理の強引さは相変わらずだけど・・。十文字君、良いキャラですねぇ。あと又来さんも良いですね。最終回がとっても残念だけど・・。次回は「帰ってきた~」の次だから「時効警察A(エース)」とか「時効警察7(セブン)」とかかなぁ。

今回はタモリ倶楽部が見られなかったのがとっても残念でした。

| | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

今日はバンド練習日

今日はバンドの練習日、ROCKER2007へ応募しようってことで、オリジナルの練習もおこなった。(ROCKER応募の言い出しっぺと、仕切ってんのも自分だけどね・・(^-^;))
 今日は4人で練習をする前に、栗ちゃんと2人でオリジナルの骨子を作るために1時間先にスタジオ入り。お互いの曲を確認しながら、大筋を決めた。
 そして高木君と山ちゃんが合流し、練習開始。まぁまぁ流れは決まった感じ。次回はテープ録りまで持って行けるかな。ただROCKERSのレベルが全然分からないんで、どの程度までつくんなきゃイケナイのか不安。あとで毎回ROCKERSを聴いていらっしゃる金澤屋の金澤さんに傾向と対策でも訊こうかしら。せっかくだから、テープ審査くらいは通過したいしね。

でも自分のオリジナルをメンバーでやるのって気を遣うなぁ。メンバー内プレゼンテーションみたいなもの。

| | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

栗チャンにギターあげる

リサイクルショップで購入したテレキャスターはあまり良くなかったので、バンド仲間の栗チャンにあげることにした。結構喜んで貰えたみたい。
自分は、金澤屋さんにおいてある中古のテレキャスター(サス付き)を狙っている。お金の工面が取れれば良いんだけど・・。ワンマイクってところと、サスがいい!でもベースも欲しいなぁ。お金が続かないか。。。

| | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

MICRO BRで曲を作ってみました。

念願の携帯用デジタルレコーディング機を購入!とっても嬉しい。思った以上にコンパクトで軽いッス。注文取り寄せをお願いした金澤屋さんに取りに行く。金澤さんが笑顔で、癒し系の優しい声で「誰でも簡単に操作できるみたいですよ」とお優しい言葉。
 ということで、早速家に帰って、やってみると難しい・・・。ですよ、金澤さん。土曜の夜から始めて、すでに時間は朝方5時になろうとしている。もう自分には無理だと、諦めかけた頃から徐々にコツをつかめてきた。

そしてできた曲がコレ↓「聞こえぬ唄」

「T12V2_01.MP3」をダウンロード

リード・ギターとサイドギター、そしてベースが私、唄も私で、リズム(BOX)以外は自分で演奏、ってゆう事書くと偉そうだけど、やっぱこういうの楽しいですね 。休日の家の中で作っているので、唄が途中から家の人の雰囲気を感じながら声が小さくなっているのが生々しい(苦笑)。1回目唄を録っている時に、突然ヘアのドアが開いて「お客さん来たよ」って子供に言われた時のバツの悪さ。この親父何をやっているんだよ、という視線が痛かった。。

| | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

今週の時効警察とタモリ倶楽部

「帰ってきた時効警察」、今週は「今回、三日月が大活躍する理由は深く探らない方がいいのだ!」の巻である。最初の暇な時効管理課でなぜか「紙切り」・・・。これが今回の鍵にもなってくるって伏線が。三日月君の捜査にしっかりと笑いを入れながら、犯人を遠巻きに絞り込んでいくところが、時効警察独特の〝ぬるさ〟でよい(笑)。
結構シビアな推理で進んでいくが。。ただあの「集中豪雨」だけはどうなの?って感じ。けっこうネタ切れを感じていたら次週が最終回。ドラマ設定とか出演者とか、みな良い味出しているんだけど。ここんとこ、厳しい内容かな。でも面白いから見ちゃうけどね。
最近、同僚のIくんも時効警察ファンと聞いて、草の根での仲間も増えてきたところだけにね。(と言ってもあとは、Sさん(H)くらいか・・) でも!来週もしっかりビデオ予約だい!

タモリ倶楽部、これはもう、まさに「流浪の番組」にふさわしい内容。自分がお酒飲まないから、さほど興味ないけど、出演者の妙で番組に引き込まれますねぇ。空耳アワーは、先週が甘~い評価だったので、今週は一変厳しい評価基準に・・。この辺のいい加減さがまた、番組の良さなんでしょうね!

| | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

神童【コミック版】

映画の「神童」を見て、今回コミック版の「神童」を読んだ。会社の同僚 Sさん(H)から教えて貰った本だ。中古で手に入ったのが文庫版の全3巻。一気に読み切った(漫画だしね・・・苦笑)
最後まで読んで、正直「面白かった」です。男子の目線から見た少女漫画って感じかな。絵も線も、コマ割りも少女漫画のそれを感じるし。うだつの上がらない男子が、皆の注目を浴びる天才少女になぜかかまわれて好意を持たれるっていう逆少女マンガ展開。でもそこに音楽っていうものがしっかりと埋まっているのが好感もてる。

ストーリーのラストはコミックの方が良いね。聾唖のダンサーに出会えたことがウタに新しい感性を創り上げたってところの、この話の重要なポイントが、映画では時間の関係か描ききれないのが、残念だったかも。映画だと「ああ、かわいそうね」で終わっちゃうよ。音楽は音の振動で伝わるもの、その根本をあらためて追求させたマンガでした。

8/10点ってなるとちょっと甘いかも。まぁ読んだばかりだし、続けて2回読んだしね。

| | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »