« ショートスケールベースとテレキャスター | トップページ | 今週の時効警察とタモリ倶楽部 »

2007年6月 1日 (金)

神童【コミック版】

映画の「神童」を見て、今回コミック版の「神童」を読んだ。会社の同僚 Sさん(H)から教えて貰った本だ。中古で手に入ったのが文庫版の全3巻。一気に読み切った(漫画だしね・・・苦笑)
最後まで読んで、正直「面白かった」です。男子の目線から見た少女漫画って感じかな。絵も線も、コマ割りも少女漫画のそれを感じるし。うだつの上がらない男子が、皆の注目を浴びる天才少女になぜかかまわれて好意を持たれるっていう逆少女マンガ展開。でもそこに音楽っていうものがしっかりと埋まっているのが好感もてる。

ストーリーのラストはコミックの方が良いね。聾唖のダンサーに出会えたことがウタに新しい感性を創り上げたってところの、この話の重要なポイントが、映画では時間の関係か描ききれないのが、残念だったかも。映画だと「ああ、かわいそうね」で終わっちゃうよ。音楽は音の振動で伝わるもの、その根本をあらためて追求させたマンガでした。

8/10点ってなるとちょっと甘いかも。まぁ読んだばかりだし、続けて2回読んだしね。

|

« ショートスケールベースとテレキャスター | トップページ | 今週の時効警察とタモリ倶楽部 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神童【コミック版】:

« ショートスケールベースとテレキャスター | トップページ | 今週の時効警察とタモリ倶楽部 »