« 曲作りは面白い! | トップページ | フェルナンデスのギター »

2007年7月 7日 (土)

バナナ・フィッシュというまんが

「バナナ・フィッシュ」という漫画を、同僚のSさん(H)に貸してもらった。最初はそうでもなかったが、途中からハードロマンにはまっていく。その話の面白さは、ストーリーの良さももちろんだが、登場人物のキャラクター設定のうまさも大きい。少女漫画はどうしてもキャラの書き分けに難を感じることがあるが、これは別。とっても個性的な登場人物に、思い入れも深い。
 個人的には「シン」君がよい。彼の悩み・立場なんかが良く読み取れる。あとブランカ(白)と呼ばれるスナイパー。時折見せる人間性に男のロマンを感じてしまう。
女性作家(吉田秋生さん)なのによく男をご存知、って言いたい位に。
 ラストシーンはとっても切ない。そして、別冊「アナザーストーリー」に収録されている、「光の庭」のラストシーンは目頭が熱くなった。久し振りの漫画での感動だった。

|

« 曲作りは面白い! | トップページ | フェルナンデスのギター »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バナナ・フィッシュというまんが:

« 曲作りは面白い! | トップページ | フェルナンデスのギター »