« 鎌倉4姉妹の暖かさ「海街diary 1 蝉時雨のやむ頃」 | トップページ | ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記 »

2008年1月23日 (水)

吃音と向き合う、その飾らぬ思い「きよしこ」

「きよしこ」重松清氏

重松清氏は吃音だということを知らなかった。彼がその吃音=どもりとどうやって向かい合い生きてきたか、飾らぬ思いが、淡々と書かれていて清々しい感銘を受けた。
短編形式で語られるその年代毎の物語は、登場人物も活き活きとしている。

自分も子供の頃はどもりで、通信簿の欄にそんなことを書かれた事が幼な心にもショックだった。そういう思いが一層、「きよし」への感情移入をしていく。
北風ぴゅー太編、ゲルマ編、なんかが特に印象深い。

9点 ★★★★☆

|

« 鎌倉4姉妹の暖かさ「海街diary 1 蝉時雨のやむ頃」 | トップページ | ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吃音と向き合う、その飾らぬ思い「きよしこ」:

« 鎌倉4姉妹の暖かさ「海街diary 1 蝉時雨のやむ頃」 | トップページ | ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記 »