« 大赤字の公共テーマパークを再建?「メリーゴーランド」 | トップページ | ブリットPOPで聴きやすいメロディー「アングリー・モブ」 »

2008年3月24日 (月)

過剰なハイテンション将棋マンガ、将棋界の星飛雄馬?「ハチワンダイバー」

とにかく熱い、ハイテンション。本来は静かに勝負するイメージの将棋のはずが、怒濤のようにこれでもかと過剰な熱さが押し寄せてくるのは何か。。将棋の心理戦が実に深い。

 プロを目指し20年間将棋を指し続けた青年菅田は、「真剣師」として賭将棋の世界で生きる、かつてのヒーロー「星飛雄馬」のよう。将棋だけを考えて生きてきた、彼には将棋しかない。そして将棋への情熱は火傷しそうに熱い。。。しかし、彼の前にとてつもなく強い存在〝アキバの受け師〟が立ちはだかる。彼女の魅力が彼を奮い立たせ、次々と現れる個性豊かな対戦相手へと立ち向かわせる。

 このマンガは将棋のことはよく分からなくても十分楽しめる。実際将棋の専門的内容について書かれている部分はさほど多くはない。このマンガでは将棋は格闘技であり、対戦型スポーツのよう・・。

ハチワンダイバー/柴田ヨクサル 8.5点 ★★★★
「このマンガがすごい!2008」オトコ版 第1位作品

|

« 大赤字の公共テーマパークを再建?「メリーゴーランド」 | トップページ | ブリットPOPで聴きやすいメロディー「アングリー・モブ」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過剰なハイテンション将棋マンガ、将棋界の星飛雄馬?「ハチワンダイバー」:

« 大赤字の公共テーマパークを再建?「メリーゴーランド」 | トップページ | ブリットPOPで聴きやすいメロディー「アングリー・モブ」 »