« 絶望とそして一握りの希望を乗せて「流星ワゴン」 | トップページ | 運命~強盗殺人犯の弟「手紙」 »

2008年3月11日 (火)

真実の歌は色あせない。エヴァ・キャシディ『Live at Blues Alley』

エヴァ・キャシディは、1996年に皮膚癌で亡くなるまで、その33年の短い生涯のあいだ、ホームタウンのワシントンDC以外では無名に近かった。彼女は、クラシックナンバーでも最近のナンバーでも驚くべきアレンジ力と消化力、表現力で、彼女はあたかもオリジナルのように歌いつづけた。
亡くなって10年。彼女の唄の噂は人づてに広まった。
日本盤はまだ発売されておらず、輸入盤しか手に入らない。彼女の歌うスティングの名曲、「フィールズ・オブ・ゴールド」の美しさは、聴くものに深い感動を与える。

Eva Cassidy/Song Bird
8点 ★★★★

生前の数少ない映像と唄が合わない口パクだけど、歌は聴けますよ~!

41ssxat793l__ss500_

Live at Blues Alley [Live] Eva Cassidy

1. Cheek to Cheek 
2. Stormy Monday 
3. Bridge over Troubled Water 
4. Fine and Mellow 
5. People Get Ready 
6. Blue Skies 
7. Tall Trees in Georgia 
8. Fields of Gold 
9. Autumn Leaves 
10. Honeysuckle Rose 
11. Take Me to the River 
12. What a Wonderful World 
13. Oh, Had I a Golden Thread 

|

« 絶望とそして一握りの希望を乗せて「流星ワゴン」 | トップページ | 運命~強盗殺人犯の弟「手紙」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真実の歌は色あせない。エヴァ・キャシディ『Live at Blues Alley』:

« 絶望とそして一握りの希望を乗せて「流星ワゴン」 | トップページ | 運命~強盗殺人犯の弟「手紙」 »