« こころに届きましたよ「君に届け」 | トップページ | 『KARATE HOUSE』弾けてる!弾けてる!POLYSICS »

2008年3月15日 (土)

大人のハッピーエンドかも「魔法にかけられて」

正直、初めは観る気もなかった。
「大人になってわざわざ映画館でディズニーもないだろ?」・・・たまたま他に観たい映画もなく「じゃあこれでも観ようか」という消極的意志で。
 で、始まってまもなく、「あ、これやっちゃったかな・・」という後悔の気持ちが持ち上がりつつも、観てるうちにだんだんと面白くなってきた。たしかにディズニー映画だから、つっこみどころも多いけど、エンターテイメントとしてはさすが。

 自分の王座を奪われてしまうという心配から、魔女女王は 王子からジゼルを引き離すため、絵本の世界から現実の世界「ニューヨーク」へと彼女を追放してしまう。とまどうジゼルが引き起こす〝天然ぶり〟、そこにジゼルを探すべく王子などが絵本の世界から次々と「ニューヨーク」に現れて・・・。
 お互い探し求めているジゼルと王子様。しかし出会った頃には微妙なものが。やがて魔女女王も登場し、いよいよドラマはクライマックスへ。

 こういうハッピーエンドなんだな、ってすこし驚きながらも全体通してディズニーテイストに溢れて暖かく優しい気持ちになれる映画でした。

「魔法にかけられて」(吹替)
8点 ★★★★

Photo

「魔法にかけられて」予告編

|

« こころに届きましたよ「君に届け」 | トップページ | 『KARATE HOUSE』弾けてる!弾けてる!POLYSICS »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人のハッピーエンドかも「魔法にかけられて」:

« こころに届きましたよ「君に届け」 | トップページ | 『KARATE HOUSE』弾けてる!弾けてる!POLYSICS »