« 『KARATE HOUSE』弾けてる!弾けてる!POLYSICS | トップページ | 会議は踊る、そして踊り疲れたあとに »

2008年3月17日 (月)

大人の女が都会のため息を吹きかける「miss G」具島直子

AOR風のサウンドに乗って、具島直子ワールドに引き込んでいく。
ゆっくりと優しく自分のペースで。
それは作品を作るスピードとか生活の中での音楽とか。・・・・初春の昼下がり、爽やかな風とともに部屋に差し込んでくる陽射しを受け入れながらも、その眩しさに少し距離を置こうとする、そんな世界が音に満ちている。無駄な音・詞が削ぎ落とされて、疲れた感性にシンプルに届いてくる。
実際、アルバムを作るまでの製作にかかる時間もゆったりと、丁寧である。
一度聴いてみてほしいな、具島さん。気に入ると思うよ。

miss.G /具島直子(96年作品)

1. メロディ 
2. キャンディ 
3. 台風の夜 
4. マイ・ステディ・ガール 
5. モノクローム 
6. ラヴ・ソング 
7. ドリーム・フォー・2 
8. マイ・フレンド 
9. 今を生きる 
10. メロディ

|

« 『KARATE HOUSE』弾けてる!弾けてる!POLYSICS | トップページ | 会議は踊る、そして踊り疲れたあとに »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人の女が都会のため息を吹きかける「miss G」具島直子:

« 『KARATE HOUSE』弾けてる!弾けてる!POLYSICS | トップページ | 会議は踊る、そして踊り疲れたあとに »