« おいらの愚車は大飯食らい・・。 | トップページ | 椎名林檎の〝私の一番好きな曲〟「Creep」 »

2008年4月12日 (土)

真剣10代いきます!裸になった時に生まれる感動「うた魂(たま)♪」

合唱の映画ってことで、乗り気で観に行った訳ではなかった。
唄が嫌いなわけじゃなくって、「合唱」っていうのに〝敷居の高さ〟を感じて、ね。
で。
ほかに良さそうな映画もなかったので、若干引き気味で行ったのですよ。
で。
これがよかったですよ、思いの外。
で。(しつこいか・・)
話は・・。
歌が大好き、というより歌っている自分が大好きな自意識過剰の少女(かすみ)。それが見ていて痛いくらいで笑いを誘う・・。ところが、合唱で歌ってる時が変な顔=鮭の産卵=と指摘され、ショックを受けて合唱部を辞めようとする。その萎えた気持ちを奮い立たせた湯ノ川学院高校のヤンキー合唱部。彼らの歌う尾崎に心揺り動かされた。そして、部長(権藤)の言葉に失いかけてた歌への情熱を蘇らせる。
「必死になってる顔に疑問を持っていたら、一生だせえまんまだ!」
そこからかすみが変わっていく姿が。友人二人も素敵でした。そしていよいよ合唱地区予選へ・・。
エンディングでは、歌が与えてくれる心地よい感動が。良い映画でした!

そして!薬師丸ひろ子の唄も久しぶりに聴けてホント良かった。彼女の唄は変わらずに〝悲しいくらいにきれい〟な声ですね。「胸の振り子」聴きたくなりました。

「うた魂(たま)♪」 7.5点 ★★★☆

Mo5631_f1

|

« おいらの愚車は大飯食らい・・。 | トップページ | 椎名林檎の〝私の一番好きな曲〟「Creep」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真剣10代いきます!裸になった時に生まれる感動「うた魂(たま)♪」:

« おいらの愚車は大飯食らい・・。 | トップページ | 椎名林檎の〝私の一番好きな曲〟「Creep」 »