« 晴れの御堂筋、ぼちぼちいこか。 | トップページ | ああ、上野駅 »

2008年4月22日 (火)

名盤『グレース』その声は悲しく透き通る、若すぎる死。ジェフ・バックリィ

ジェフ・バックリィ。享年30歳。
溺死とされるが、カート・コバーンの様に双極性障害を罹患していたとの説もあり、自殺説も消えない。わずか1枚だけのオリジナルアルバムを発表して、逝ってしまった若き天才。
その「グレース」というアルバムは、90年代を代表する名盤と言われている。
珠玉のような曲の数々。彼の神々しいまでの美しい声が響いてくる。その中で「ハレルヤ」はまさに崇高な生と死を謳うかのよう。

穏やかな気持ちになりたい、そんな時。この曲を聴くと良いと思う。
彼は10年以上前に死んでしまったけど、彼の唄は誰よりも〝生きることの気高さ、尊さ〟をやさしく教えてくれるからね。

51qnfxbhitl__ss500_

GRACE」 (1994/9/8)

1. モジョ・ピン
2. グレース
3. ラスト・グッドバイ
4. ライラック・ワイン
5. ソー・リアル
6. ハレルヤ
7. 恋人よ,今すぐ彼のもとへ
8. コーパス・クライスティ・キャロル
9. エターナル・ライフ
10. ドリーム・ブラザー 
(1994/9/8)

|

« 晴れの御堂筋、ぼちぼちいこか。 | トップページ | ああ、上野駅 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名盤『グレース』その声は悲しく透き通る、若すぎる死。ジェフ・バックリィ:

« 晴れの御堂筋、ぼちぼちいこか。 | トップページ | ああ、上野駅 »