« 贋物を作る本物の男達の物語「ヒトラーの贋札」 | トップページ | 時代考証も考えずにシンプルに楽しもう!「紀元前1万年 」 »

2008年4月28日 (月)

大人も楽しめる妖精が可愛くないファンタジー秀作「スパイダーウィックの謎」

この手のファンタジーものは告知が凄かったりして。「○○○の冒険」とかね。その「ライラの○○」でちょっと懲りた自分だけど、意外と地味な宣伝ながら予告編が面白そうだったので観てみました。日曜昼さがりのユナイテッドシネマ。
でも。
貯まったポイント(6つ貯まると1回無料!)をつかって観たあたりが「もし失敗してもタダだから後悔しないゾ・・」という、自分への予防線張ったりして・・・orz

「スパイダーウィックの謎」

子供向けのファンタジー映画と思ってなめてたら、コレが結構大人も楽しめる映画でした。
離婚した母とともに、新たな生活のために森の奥の屋敷連れられてきた、姉と双子の兄弟。双子の兄?ジャレットは母に逆らいながら屋根裏に封印されていた謎の図鑑を見つける。そこには「決しては読んではならない」と書かれた手紙も挟まれていた。
・・しかしそれを開いてしまった時・・。

ゴブリンの襲撃、トロールの追撃、それらを支配する邪悪なオーガのマルガラス・・。それらを迎え撃つための味方の妖精は、怒りっぽいシンプルタック、鳥好きで愛嬌あるホグスクイール、伝説の鳥グリフィンたち・・。次から次へと妖精と言うには可愛げのないのが出てきてスピーディーな展開、手に汗握りながら、息つく間もなく話が進む感じが心地良い。

神秘的な映像世界に、きれいに作り込まれたCG。1時間36分の中で、分かりやすくシンプルなストーリーも好感もてた。特にエンディング、敵を仕留めたのがあいつとは予想外!良い仕事しましたね!!
決して大掛かりな映画じゃないけど最近観たファンタジーアドベンチャーの中では一番かな。

「スパイダーウィックの謎」 7.5点 ★★★☆

Mo5947_f1

|

« 贋物を作る本物の男達の物語「ヒトラーの贋札」 | トップページ | 時代考証も考えずにシンプルに楽しもう!「紀元前1万年 」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人も楽しめる妖精が可愛くないファンタジー秀作「スパイダーウィックの謎」:

« 贋物を作る本物の男達の物語「ヒトラーの贋札」 | トップページ | 時代考証も考えずにシンプルに楽しもう!「紀元前1万年 」 »