« このドラマー、多忙につき・・。 | トップページ | 脆いガラス1枚を隔てた白い恐怖と絶望「ミスト」 »

2008年5月15日 (木)

「お龍がゆく」

けっこう、歴史好きである。
日本史で、幕末あたりは語らせると長い(苦笑)。長いから語らない。。。

今回の「お龍さんの写真は本物だった」ニュースをYahooニュースで知る。

「お龍」さんといえば坂本龍馬の奥様である。
司馬遼太郎氏の名著、長編歴史小説「竜馬がゆく」は大好きであった。だのでそこに描かれていたお龍さんが印象的だった。
特に龍馬が京都の定宿としていた寺田屋で、入浴中だったお龍さんが捕吏に囲まれたことに気づき、素っ裸で2階に駆け上がって龍馬に危機を知らせたシーンがとっても印象的だ。(とってもエロチックでね・・ヲヲ自爆)

そのお龍さんの若い時の写真が、以前より服装などからみて、本人ではないかも、と疑惑があったそうだ(知らんかった>ホントに日本史好きか?オレ)。
で、今回の専門家(警察庁科学警察研究所)の鑑定結果、「別人と示す根拠はない」(微妙な言い方・・)とのお墨付きを戴いたそうだ。

今改めて写真を見ても、芯の通った強い女性だったのが伺える。
色々な本を見ると、お龍さんは龍馬と出会うまで、そして死別してからも多難な人生を送ったらしい。もって生まれた(または育った環境によっての)強さが魅力であり、しかしそれで苦労も多かったのかな。でも・・。きれいな人ですね!

2008051600000000maiallsociview000

|

« このドラマー、多忙につき・・。 | トップページ | 脆いガラス1枚を隔てた白い恐怖と絶望「ミスト」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「お龍がゆく」:

« このドラマー、多忙につき・・。 | トップページ | 脆いガラス1枚を隔てた白い恐怖と絶望「ミスト」 »