« 真夏の果実 | トップページ | ミャンマー軍事政権に立ち向かうランボー、最終作?「ランボー最後の戦場」 »

2008年5月24日 (土)

大人の放課後に、実は観客が騙されていた?「アフター・スクール」

と・に・か・く。
頭を使う映画。それは間違えない。
幸せそうな家庭の風景から一転して・・。
出てくる登場人物が新しい事実に戸惑い、翻弄されていく。
しかし、本当に騙され翻弄されていたのは、観客だったことに気がつく。
確かに1度観ただけでは、このストーリーをすべて理解しきれない。
色々な伏線と仕掛け、騙しが混在し、頭が混乱してくる。
一生懸命観ながら、前の情報をリセットし、頭を整理し映像に追いつこうとする。

でもそんな疲労も忘れるくらいの大泉洋、佐々木蔵之介はじめ役者の名演技と脚色のおもしろさ!!

そう、そんな映画。
だから今の段階ではまだ、正当な評価が出来ないかも・・。
もう一度くらい観て〝ああ、そういうことか〟

観た人がネタバレをしたがらない映画だと思う。
先入観無く観て欲しいと思う映画だから。

でも自分はそれだけじゃなく、
〝実は自分の知ったネタ以外にまだまだネタがちりばめられている?〟
という疑心暗鬼もあるよ。

スティングほどの爽快感はないのは、「どちらが良い」という視点より、作り手の国民性の問題かも。
でも何度でも観て〝色々と〟楽しめる名作だと思う、この大人の放課後ストーリーは。

余談だけど、エンドロール中もネタがあるらしい。エンドロールが終わった後でも、大きなネタバレが用意されているので、最後まで画面から目を離さずに席を立たないことが重要かな。

「アフター・スクール」 9点 ★★★★☆

Mo5431_f1

|

« 真夏の果実 | トップページ | ミャンマー軍事政権に立ち向かうランボー、最終作?「ランボー最後の戦場」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人の放課後に、実は観客が騙されていた?「アフター・スクール」:

« 真夏の果実 | トップページ | ミャンマー軍事政権に立ち向かうランボー、最終作?「ランボー最後の戦場」 »