« 本場台湾に負けない味かい!お店は住宅かい!「CHINESE FAN」かい! | トップページ | 初めての[相棒]体験,苦戦のGW邦画ではお薦め! »

2008年5月 4日 (日)

DEPARTURES

出不精な家人を埼玉から引き摺り出し、ぐんま緑化フェア(高崎会場)&赤城山(大沼)へ出発。
GW中の溢れる人の波間を溺れそうに泳いできました。

まずは緑化フェア。
Blog6079高崎会場の、メイン会場のひとつである高崎城址公園にいく。(城址公園っていっても高崎城の跡はほとんど無いけど。)
行くまでの道は「高崎 花路・花通り」と名付けられ、歩道に設置された花壇には花が咲き並ぶ。花に導かれるように足は城址公園の入り口へ。

Blog6080 会場一面の花壇。中心に隆起し目立つのがシンフォニーアート。
それを取り巻くように様々な花壇がならんで結構圧巻。
GW中ということで家族連れが多い。

Blog6082 そして会場には各県の刺繍花壇が並ぶ。わが県の県庁所在地さいたま市の刺繍花壇は受賞されていた。でも他の県のほうがインパクトあったけど・・・。プロの目はまた違うのかorz・・・。

一通り公園エリアを散策し、その後、シティーギャラリーへと向かう。シティギャラリーには植物とアートの世界ということで「假屋崎省吾の世界展」、「絹と染めのアート」が展示されていた。高崎市は草木染めに力を入れているので、その展示は予想以上に見応えがありました。

さてそこから足を伸ばして赤城山へ。
群馬の県都前橋を経由して赤城へ向かう。車で1時間くらい。サスガにGW、普段はあまり通らないと思われる道も混雑していた。
浪曲なんかで知られている赤城忠治で有名な赤城山、冬の赤城おろしは痛いくらいに超さぶ~MODEである。しかし今の季節は良い感じ。車は標高1400mを越えて上ったあと、ちょっと下がって、大沼という湖畔に出る。

Blog6076 陽射しは暑いが、空気がひんやりと涼しい。湖には家族連れのスワンボートなんかが優雅にあちらこちらに浮かんでいる。まさにかき入れ時のGWを感じる賑わいだ。

Blog6074 石に刻まれた赤城忠治もさぞや喜んでいるであろう(ほんとか?)
石像には御利益がいっぱい書かれていたけどギャンブル運って・・・。そりゃ忠治さんはやくざもんだからさぁ。

Blog6072 湖に突き出すように赤城神社がある。ふるくからあるそうだけど、建物の赤い塗装はきれいだから最近塗り直したのか。立派な神社だ。湖畔にいる人の数の割に参拝者はまばら。

Blog6077 串刺しにされ塩をまぶして炭火で焼いたいわなの塩焼き発見。買って、家人と分けて食べる。意外に美味しい。600円也。おまんじゅうをお膳にのせて差し出す女中様の表情は、GWの突然の賑わいへの戸惑いを隠せないようだ。

|

« 本場台湾に負けない味かい!お店は住宅かい!「CHINESE FAN」かい! | トップページ | 初めての[相棒]体験,苦戦のGW邦画ではお薦め! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DEPARTURES:

« 本場台湾に負けない味かい!お店は住宅かい!「CHINESE FAN」かい! | トップページ | 初めての[相棒]体験,苦戦のGW邦画ではお薦め! »