« 〝マツオカ〟さんデスカ~?上野御徒町デスヨ。 | トップページ | あの日に帰りたい »

2008年6月28日 (土)

アンタ本当にインディー映画?〝時々ね〟         「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国、家人と観てきました!

これ、評価分かれますね~。
329623view001最初に良かったこと書きます!
アマゾンのジャングルをカーチェイスと滝のラフティングはさすがインディー博士!バイクチェイス、学校内のオチはさすがって感じ。単にアクションものとは違うのがこういうトコですね!マリオンとの熟年コンビのハチキレ漫才もインディーならでは!
329623view002そしてなにより、ソ連の士官スパルコ女史の悪役ぶり怪演は魅力溢れるものだった。
ケイト・ブランシェットさんって「エリザベス:ゴールデン・エイジ」のエリザベス女王?の人って・・。後で知って凄い驚き!!完璧な別人ですよ。あのアクションも見事でした。

  

329623view004 ・・そして残念だったこと。
歳をとったなぁ。
それが観終わっての感想。
なにがって。。ハリソン・フォードも、スピルバーグも、ルーカスも・・。そして観る側の自分も。
そう、20年以上前に観た、インディー名作のアクション、スペクタル感が自分の中で膨らみすぎていたのか、映像技術の急激な進歩で観慣れきってしまったのか。

たしかにインディー・ジョーンズは、自分たちに映画の娯楽性を十分教えてくれた。
だから深い感謝を込めて、家人とともに映画館へ足を運んだ。

329623view008 そして率直な感想が〝歳をとったなぁ。〟
それは決して肉体的老化という意味だけじゃない。
作品自体にイキの良さを感じなかったのは、出演者が比較的高齢ということじゃない。自分たち観る者を〝驚かせてやろう〟っていうイタズラ心があまり感じられなくなった。

相棒役のマット君も、今までのシリーズの相棒役と比べるとちょっとインパクト不足。インディとマット君との関係設定は驚いたけど、別にそうしなくても・・って感じかな。

そうそう、マヤ文明ペルーという今回の冒険舞台の魅力が自分的にプラス評価。できたら、考古学者としてとことん古代マヤ文明の深みで楽しみたかった。
SFは他の作品に任せて・・・。

329623view006 インディー作品と思わなければ、面白いと思う! こういう厳しい評価をされてしまうのが名作の運命なんだろうね。
1の「失われたアーク」から、2の「魔宮の伝説」へと、まさに映画のエンターテイメント、スーパーアトラクションを体感させてくれたインディージョーンズ博士にお疲れ様でした!と感謝したい。

評価はソ連のスパルコ士官の存在感とマヤを舞台にしたこと、そして今までのジョーンズ博士への感謝と敬意を込めて。

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 6点 ★★★

Mo5833_f1

|

« 〝マツオカ〟さんデスカ~?上野御徒町デスヨ。 | トップページ | あの日に帰りたい »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンタ本当にインディー映画?〝時々ね〟         「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」:

« 〝マツオカ〟さんデスカ~?上野御徒町デスヨ。 | トップページ | あの日に帰りたい »