« 「おばあちゃん、大好き」「I KNOW・・」 | トップページ | 一人二役、じゃなくて2台。凄いよコレ! »

2008年6月22日 (日)

音楽による音楽のための音楽の映画「奇跡のシンフォニー」

生まれてすぐに孤児院に入れられたエヴァンは、〝音楽〟が両親との絆の糸で繋がっていると信じ、両親との出会いを求め、11歳で孤児院をあとにしてマンハッタンを彷徨う。
街に出たエヴァン少年は〝街の音〟すべてが音楽となって彼の耳へと届く。そして名前を〝オーガスト・ラッシュ〟と名乗り、両親を探すため音楽を奏でる・・・。

ギターの演奏は弾く真似だろうけど、弦の押さえ方とかピッキングとか、役作りのためにかなり練習した感じが伺え、上手いなぁって聴き入ってしまうくらい。
それ以上に驚いたのが、ストリート・ミュージシャンの黒人少年と、教会の黒人少女。
いや、唄が上手い!かっこいい。彼らの歌を聴くだけでも観る価値があると思う。

映画の中で使われている曲も良い曲が多く、クラシック、ロック、ゴスペルが堪能できる、音楽の好きな人のための音楽映画だと思う。
一人で演奏している姿よりも〝誰か〟と音を合わせ、高鳴り共鳴していくシーンがとても好きだ。心に響いてきた。

「奇跡のシンフォニー」 7点 ★★★☆

Mo6055_f1

|

« 「おばあちゃん、大好き」「I KNOW・・」 | トップページ | 一人二役、じゃなくて2台。凄いよコレ! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽による音楽のための音楽の映画「奇跡のシンフォニー」:

« 「おばあちゃん、大好き」「I KNOW・・」 | トップページ | 一人二役、じゃなくて2台。凄いよコレ! »