« イオン上里賑わってます、夏休みだしね! | トップページ | この盛夏はここにしました。という旅のお話、その1 »

2008年8月16日 (土)

言葉少なく、雲海で飛翔し戦い続ける。変わるために・・。「スカイ・クロラ」

328359view006 静かな映画です。

函南ユーイチは、職業戦争パイロットとして新しい前線基地に配属される。そこの基地の女性司令官、草薙スイトと出会い、二人の心裡にある悲しみの琴線は共鳴する。
スイトの前の恋人ジンロウの死。そして敵の無敵の撃沈王〝ティーチャー〟と呼ばれる男。見えぬ影にユーイチは〝変わる〟ために挑むのだった・・。

328359view002 キルドレと呼ばれる、薬物遺伝子障害による大人になれない子供達が、職業戦争を繰り広げる。スイトとユーイチはそんなキルドレ。
蒼と白の織りなす美しい雲海を、プロペラ戦闘機が散歩するかのように飛翔する。
大空にいるのにこの閉塞感はなんだ。大人になれず子供のままでいつまでも生き続けなければならないキルドレの、救いを求めるような訣別によるものなのか。

328359view003貴方も私に殺されたい?・・それとも。貴方が私を殺してくれる
スイトがユーイチに語りかける・・。
出てくる男も女も寂しさを埋められずにいる。
淡々と話は進み、そして蒼い空に見守られながら、静かに話は終わりを迎える。

ショーとしての戦争を見ることで平和を維持する大人達、永遠に大人になれずに生き続ける宿命を背負い続けるキルドレ、どちらが病んでいるのか。

夏を感じる風景と戦闘機の精巧な描写と、登場人物の淡い描きかたのギャップを感じた。夏の陽炎のように、闘いも恋愛も儚い夢現かのよう、アンバランスなリアリティの中に繰り返し続く〝明日〟を手探りする。
エンドロールのあとの1シーンは深いメッセージとなるから、見逃さないように。

「スカイ・クロラ The Sky Crawlers 」 6.5点 ★★★☆

Skycrawlers_1_1b

|

« イオン上里賑わってます、夏休みだしね! | トップページ | この盛夏はここにしました。という旅のお話、その1 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言葉少なく、雲海で飛翔し戦い続ける。変わるために・・。「スカイ・クロラ」:

« イオン上里賑わってます、夏休みだしね! | トップページ | この盛夏はここにしました。という旅のお話、その1 »