« 夏の伝説を弾く男、高中正義/「Blue Lagoon」 | トップページ | イオン上里賑わってます、夏休みだしね! »

2008年8月14日 (木)

緑の剛体を持つ超人の瞳に愛の寂しさが「インクレディブル・ハルク」

330415view001暑い日には熱い漢(おとこ)の映画でも観ようかと。行ってきました、「ハルク」 。

研究実験の失敗で心拍数が200まで上がると緑色の怪物“ハルク”に変身してしまう、科学者のブルース博士。その秘密と体質を軍事兵器に悪用されないよう、米国軍の捕獲から逃亡生活を送る。
いきなりブラジル・リオからの逃避からスタートするこの映画は、今までの流れが分からなかったけど、状況説明がなくても比較的すんなりとストーリーに入っていけた。

Hulk_1g_large 超人が主人公の場合は、普通は正義の味方なんだけど、これは見境なく壊すわ殺戮するわ、もう はた迷惑な存在。それはブルース博士が変身すると自分の力と精神をコントロール出来ないから。でも恋人のベティを守るとき、愛する者を守る感情が生まれ出てきた。

01_large アクションシーンがとにかく大迫力。まさに手に汗握るシーンの連続。溢れるスピード感と両手に鉄を盾として闘う姿は鮮烈だ。いわゆるアメコミの実写版、俳優達の熱演が光る作品だった。緑の剛体を持った超人なった時の〝ハルク〟の寂しい瞳がとても印象的だった。

「インクレディブル・ハルク」 7点 ★★★☆

Mo6134_f1_2

|

« 夏の伝説を弾く男、高中正義/「Blue Lagoon」 | トップページ | イオン上里賑わってます、夏休みだしね! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緑の剛体を持つ超人の瞳に愛の寂しさが「インクレディブル・ハルク」:

« 夏の伝説を弾く男、高中正義/「Blue Lagoon」 | トップページ | イオン上里賑わってます、夏休みだしね! »