« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の30件の記事

2008年9月30日 (火)

颯爽として爽快!キメのポーズに様式美!「アイアンマン」

Ironman024_2 親の会社を相続し、その天才的な技術力で巨大な軍需産業会社に成長させて経営するトニー・スターク。
その自由奔放な生き様に突然の岐路。
アフガンでゲリラに拉致され、無理矢理に軍事兵器を作らされる羽目に。
自らが作り上げた〝芸術的〟と自画自賛?誇りにしていた兵器が、テロリストの巨大な武器になっていた事実に衝撃を受け、兵器産業を捨て新たな闘いを挑む決心をした。

 

Ironman003 アメコミ原作の映画化ということで、分かりやすいストーリーにアメリカンドリームをハリウッドテイストで仕上げた、アメリカ人が本当に好きそうな映画です。
主人公のトニー・スタークの天才ぶりもカッコイイし、秘書役のペッパー・ポッツもとってもキュートで素敵です!

Ironman005 そして。
肝心のアイアンマンの〝パワードスーツ〟のメカぶりもイカス!
SF少年心をくすぐる映画ですね。そして思いっきり自己都合的米国の発想=米国の正義は分かりやすいです。ま、映画ではアフガンのゲリラ達、実は・・・って設定だから多少救われる?部分もあるけど。あまり国レベル(米国vs中近東)での勧善懲悪の図式設定では、アメリカ人には両手を挙げて受け入れられたけど、我々みたいのは退いてしまうような気も・・。

Ironman029 アイアンマンの活躍するVFX映像はそのスピード感、爽快感は見事でした。

特に印象的だったのが。
敵の戦車に向けてミサイルを右手から発射しそれが命中するや、興味を失ったかのように背を向け歩き出す。そして背中の向こうで戦車の大爆発が・・・。
その様(さま)は、座頭市かケンシロウのように颯爽としたその形式美!

かっこいいぞ、アイアンマン!

「アイアンマン」 6.5点 ★★★

Ironman_1_1b

| | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

ガソリン価格諸事情

Blog7293 先日、家の裏のイオン上里の敷地内にあるセルフのガソリンスタンドで給油してきました。
そこでは157円/リッターというガソリン価格。

なんでも原油価格の不安定から 来月から月ごとの料金見直しを毎週の見直しに変更するとか。ただ昭和シェルとジャパンエナジーが現行の月決め方式を来月以降も継続するから、ガソリンスタンドの系列によって価格が結構差が出てきそう。

道路を走っていて〝どこが安いか〟チェックしておけ!ってことなのかな。。。

Blog7292 ガソリンは中近東の生活を豊かに向上させ、そして余計な紛争も勃発させた。
もし未来に、原油に変わるエネルギーが安く手に入って、中東の原油の産出量が減ったら、どんな世界バランスになるのかな。

とにかくすぐには変わらないとは思うけど。

それから、燃油サーチャージも何とかして欲しいな。
この前 新聞のチラシで〝上海・蘇州4日間 4万円!〟という企画があったけど。
その下に小さく 〝燃油サーチャージ プラス3万円〟って書いてあった。

| | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

不条理の死の宣告に〝生きる〟尊さを知る「イキガミ」

Ikigami001 かつての軍国主義、ファシズムを連想させるような国家繁栄維持法。
その国家繁栄維持法によって、千人に一人選ばれる若者の命を国が奪うというのが、この映画の世界。
なんという理不尽で恐怖の世界。

この世界の子ども達は、小学校入学の時に予防接種と一緒に体内にカプセルを埋め込まれる。体内に時限爆弾を仕込まれるようなものだ。
政府発行の死亡予告証、通称“逝紙(イキガミ)”を受け取った者は、24時間後にカプセルが体内で破裂し・・。

Ikigami003 =死の宣告=
国家繁栄維持法が第二次大戦戦中の治安維持法なら、逝紙は戦場へ駆り出される赤紙(召集令状)なのかもしれない。突然の死の宣告を受けた若者が、打ち拉がれ でも残された24時間を赤裸々に生きようとする姿が堪らなく切なく心に痛い。

不条理の世界に憎しみすら感じながら映画に見入っていった。
Ikigami002映画は逝紙を受け取った3人の最後の24時間をオムニバス形式で綴る。その逝紙を配達する公務員の主人公 藤本は、自己の感情を殺すかのように淡々と、その死の見届け人としての仕事をこなそうとするが・・。

受け取った3人の若者。
ようやく日の目を見られそうなミュージシャン、政治家を親に持つ引きこもり、そして盲目の少女の面倒を見るチンピラ。

Ikigami010 それぞれのリアリティある生き様=演技が、命の尊さを訴えてきた。
不条理故に怒りも感じる設定だけど、現実にこれに近い国が無いわけではない。彼らもまた生まれてきた国を怨み憎みながらも従わざるをえない、人間の罪深さ、やりきれなさを心から感じる。

でも。単に悲惨なだけの映画ではない。
それぞれの突然の死と別れ、残された人たちの生き様もまた心に残る。
盲目の少女(成海璃子)が窓を開いて見たその光景は、とても暖かい愛情を感じた。

テーマ曲「みちしるべ」とっても印象に残る良い曲です。

「イキガミ」 7.5点 ★★★☆

Ikigami_1_1b

| | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

問題のある部屋

仕事柄、ホテルに宿泊する機会も多い。
以前は電話で予約を入れていたけど、ここ数年はネットで予約が出来るので、いつでもどこでも予約が出来て、結構便利で楽ちんである。

Web画面のカレンダーから日付をクリックして申し込んだり、日付をプルダウンで選んだりと、それはそれで便利なんだけど・・、うっかりとズレてしまう心配もあるんです。

ということで、その心配が現実化したことがありました。
ホテルにチェックインしようとしたら、予約が入っていないと、フロント女性のお言葉。いや、間違えなく予約を入れていますから、と調べてもらうと、予約は次の日に入っていました。
「なんとか、なりませんか?」
「困りましたね、本日満室でして・・・」
「そうですか・・・」
「あの~、ちょっと問題のある部屋なんですが、そこでよければ・・」

「どういう問題ですか?」
怪訝に問う私に、フロントの女性は申し訳なさそうに説明する。

「有料テレビの機械が壊れて、有料テレビが見られないのです。」

「!! 全然問題ないですよ!そこでお願いします!」

しかし、ここでもし、「あ、有料テレビが見られないんじゃ結構です」って答える人いるんでしょうかね?
(いたら、よほどの強者??バカ?)

Blog7283_4

| | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

雲の風景

雲の絨毯。
見渡す限りの雲海、そのすばらしさが、自分は好きだ。

ふわりと優しく表情をもった雲は、綿のように身体を包んでくれそう。

見上げた雲は、大空と自分の間に、見守るかのように漂い、
見下ろす雲は、大地と自分の間に、下界に浮かぶ飛び石のよう。

雲は自由自在。
そんな世界が今、目の前に広がっています。

Dscf7017

| | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

さよなら!広島市民球場

Blog7286 別に、広島カープファンぢゃありません・・。

だけど、もう30年くらい昔は「赤ヘル軍団」、「赤ヘル打線」に惹かれていました。
ミスターカープ山本浩二、鉄人 衣笠祥雄、俊足 高橋慶彦の打線は凄かったです。

そして。
なんと言ってもリリーフ王、江夏豊。
あのふてぶてしさは、たまらなかったです!マウンドに上がると〝どけ!〟と言わんがばかりにグラブで、前のピッチャーを退けたその姿。

特に1979年の日本シリーズで、9回裏、無死満塁の絶体絶命の危機から、カープを優勝に結びつけた奇跡の21球、いや伝説です。

Blog7285 ・・・・・

ということで。
9月23日の巨人戦は、座席全て売り切れというのは、さすが広島市民。お別れを惜しんでいるのですね。
朝から多くの人が席の確保で順番取りしていました。名前と人数が書かれた新聞やビニールが、路肩石にガムテープでしっかりと貼り付けられていました。
こういった順番取りも、きっとカープファン同士なので、強い仲間意識=信頼関係で、もめないんでしょう・・。

これも地元に根付き、地域とともに育っていったスポーツチームならではですね!

| | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

旅行から帰ってきました♪

昨夜、旅行から帰ってきました♪

今回は21日~23日までの2泊3日。いつもはバスだけなんだけど、今回は飛行機も乗っちゃいました!
近ツーのメイト企画商品の名前が
〝今だけ!スペシャル 萩・津和野と厳島神社〟

ということで。
時間を作って旅行記を徐々にアップします!

Blog7283 昨日の帰りは羽田から北関東まで高速リムジンバスに乗って帰りましたが、バスの運転手が若い見習いさんで、教育担当の人が横につきっきりでご指導していました。
夕方6時台、首都高の渋滞に指導員の熱?も入ります。
「この道はここの車線のままで良いから」
「あと何分で小菅に着くから、そこから流れるから」
「ギアが6速に入っていないぞ」
(バスは前進6速まであるんですね)
若いお兄さんも、指導官のお言葉に「はい!」「はい!」と素直に一つ一つ返事をしてました。

Blog7284 東京の下町、夕暮れに染まる街並みを横目に、リムジンバスは走ります。後ろから来る車にどんどん抜かれながら。でも、こうやって下町をみると、東京もとってもきれいだな~としみじみと思いました。

しかし。
いくら慣れぬ運転とはいえ、後続のリムジンバスに抜かれた時は、さすがの安全運転第一の指導官先生も苦笑しながら。
「あれに付いてけ!」
「はい!」

でも、しっかりと離されていきました・・・。

のんびり帰りましょ♪

最前列に座り、街の風景を楽しみながら、教官と見習い君のやりとりも楽しかったです♪

| | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

春を捨てた潔さ?勝手なだけじゃないのかな~?「東福寺」

もうすぐ10月
徐々に北から紅葉になってくるんでしょうね~。
好きなCMで「そうだ、京都に行こう」がありますが、東福寺のCMは印象的でした。

もちろん紅葉の東福寺の映像が素敵だったこともそうなんですが・・。
知らない人は下のyoutubeの映像を見て、ナレーションを聴いてみてください。

どう思いますか?
春を捨てた潔さと解釈するか、それとも・・。
ただ自分は嫌いじゃないですね、そういう割り切り方。
そういうエピソードを知ってから、この寺の秋を味わうと、この風景も感慨深いですね。
(ということで今夜、旅行から帰ってくる予定です・・)

京都、行きたいなぁ(しみじみ)

JR東海 そうだ、京都行こう。 1997年 秋 東福寺編

| | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

もはや〝街の遊撃手〟じゃなくなってたCMでした!

(現在旅行中ッス・・ということでCMネタを)

懐かしのCMで、ISUZU のジェミニのCMってのがありました。

あの「街の遊撃手」シリーズは、クラシック音楽に合わせて、街中をワルツを踊るかのような、クールな運転技術に痺れたものです。

しかし。
これは、もはや〝街の遊撃手〟レヴェルじゃなかったてすよ。
BGMが「OHシャンゼリゼ」だから、こんなにのんびりした風に見られるけど・・・。

BGMをROCKに変えたらいきなりカーチェイスの映像ですよ、コレ!
でも相変わらずのクールな運転技術、撮影許可も大変だったんでしょうね・・・。

Isuzu Gemini dances in Paris

| | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

『イキって生きろ! アナム&マキ』がむしゃらなパワーでイキります!「戦え!野良犬」

ちょっとまた今日から3日ほど旅行に行ってきます(ぇ?
この月末間近の忙しい時期に?って言われそうですが、すみません・・。

覚悟を決めた月末の仕事に備え(?)、気力を充電してこようかと。
(また旅行記アップしますので、読んでやってください)
パワーアップしてきますよ(むしろ旅行疲れが心配(ぉ?

・・・・ということで。
こんなパワー溢れる曲も素敵ですね、アナム&マキ。

41d8txkp2sl__ss500_ 女子二人組のデュオバンドは高音のアナム、低音のマキのコーラスが絶妙にカッコイイ!
確かデビューアルバムに入っている初期の〝思いっきり尖った頃の〟曲です。
ストリートライヴ、対バンライブで、他の男子バンドに群がる女子を観て「そういう奴らはこっちを見るな!」的な雰囲気を持っていたようですね。
今は丸くなってきたようですが。

このパワー、お父さん譲りかも。(アナム(河島亜奈睦)の父は河島英五)

このyoutube映像は、2003年のロンドンツアーの時の映像のようです。

「戦え!野良犬」 アナム&マキ (1st single 2000.7)

41ggk8njgwl__ss500__3 

イキって生きろ! アナム&マキ

1. バーカ!!
2. 愛のテレパシー
3. Good Night
4. さぼてん
5. 眠れない
6. おもちゃ
7. 春
8. 戦え!野良犬
9. 存在
10. オモテウラ
11. 2人だけの
12. あいまいな関係
(2000/11/22)

| | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

ウェスリー君はサイヤ人かい?中枢神経痺れぱなし?「ウォンテッド」

330473view010 研ぎ澄まされた五感がアドレナリンを沸騰させる、そんな感じの映画です。
最前列近くの席で迫力ある大画面で見たせいだったのかな。
とにかく息つく間もないくらいのアクションの連続にドキドキものでした。

この映画は映画館で観るべきです!
DVDで自宅で横になって落ち着いた環境で観ちゃいけない(?)映画と思う。

330473view001 主人公のウェスリー(ジェームス・マカヴォイ)は、女上司に怒鳴られるウンザリした毎日。今日も夜のドラッグストアで買い物・・。そこに現れた美女フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)。
いきなり始まる店の客を巻き込んだ銃撃戦、そして超過激なカーチェイス・・。そこから彼の人生は一変する。ジェットコースターのように目まぐるしく彼は振り回され続ける・・・。

330473view004 ・・・・・(以下、一部ネタバレ)・・・・
暗殺者としての訓練と称して、暗殺組織「フラタニティ」の仲間からボコボコにされるウェスリー。骨折しても数時間で元の戻る回復風呂は、ドラゴンボールの回復カプセルみたい。
そうか、ウェスリーはサイヤ人だったんだ!だってボコボコになって回復風呂に入る度に、どんどん戦闘能力アップしていくんだから。
(ってなくだらないこと考えてしまう位に、ドンドン見違えていきましたね~ウェスリーくん)

でも、あの仲間が彼をボコボコにしているのって、ラスト近くのどんでん返しで〝ああ~実はそういう意味だったの~?〟なんて妙に納得。

後半は一般人を巻き込んでの大量殺人のオンパレードで、あれじゃ〝暗殺〟じゃなくて単に〝テロ〟か〝大量殺人〟じゃん、とつっこみも入れたくなりますが、ストーリーの整合性、完成度とか、そんなのは他の映画に任せましょう。自由に操る弾丸の矛盾とか、覚醒した〝能力〟ということで納得しましょう。
この映画は、そう・・、
次々に繰り広げられるアクションと息もつかせぬ銃撃戦に、中枢神経を奮わす映画です。
・・・・・(以上、一部ネタバレ)・・・・

330473view005 ジェームス・マカヴォイくん、「つぐない」「ベネロビ」の時の風采のあがらぬイメージが続いていたけど、途中から暗殺者の凄みが出てきました。

そしてなんと言ってもアンジェリーナ・ジョリー。研ぎ澄まされた緊迫感は、彼女から発したものかもしれない位の存在感です。
女は背中で生き様を語る、そんな背中がセクシーでした。

「ウォンテッド」 8点 ★★★★

Wanted_2_1b_2 

| | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

ちょっと心の和む瞬間です。

朝の通勤途上、前を走っている車を見てちょっと・・・「あれ?」

Blog8001 こんな風景も心和みますねぇ。
ワンコちゃん、走行中も気になるのか、車窓から顔を出しては見ておりました。
写真だと分からないけど、このワンコ、キョロキョロと挙動ってるんだけど、けっこうとぼけた表情で笑ってしまいました。

・・・・・

今日は勤務先の本社のある静岡で、管理業務の新システムでの運営会議に行ってきたのですが、ここまでの道のりは長かったですね~。

途中からシステム開発の中心に座らされて、いつのまにか責任者みたいになっていました。こういう前に出るのって得意じゃないので、けっこうプレッシャーでした。

あともう少しで全社導入、までの辛抱ぢゃないですよ・・。そのあともまだまだ続くし。
これもヤン・ウェンリー風に言えば〝給料分〟だからね。
そんな時は、このワンコの顔を思い出して脱力系でがんばろうっと!

でも、今日集まってくれた皆さんには本当に感謝、感謝です!
そしてこの会議に参加していなくても、ほんと多くの人が手伝ってくれた・・。
ありがたいなぁ、ホントにそう思う〝ワン〟

| | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

〝泣く勇気〟教えてくれますよ♪傑作!「パコと魔法の絵本」

329294view001  変わり者ばかりが入院している病院は、医者や看護士もとっても風変わり・・。
病院はそんな人たちで、毎日大騒ぎ。

そんな病院でも一番の嫌われ者は、大会社オーナーの大貫老人。

「お前が私を知ってるってだけで腹が立つ!」

そんなこと言って毒づき、周りから浮き上がっていた大貫。「猫を蹴っ飛ばしてやったわ!わははっ」うそぶく大貫老人の背中は寂しい。

329294view003 だけどパコがそんな大貫を変えていく。
交通事故で両親を亡くしたパコは、みずからの記憶する力もなくした。
パコは一日しか記憶ができない・・・。
しかしパコは、大貫の手のひらの感触を覚えていた。

「おじさん、昨日もパコのホッペさわったよね?」

そんなパコに対してなにかをしてあげたい。
大貫は病院のみんなに〝ある素敵な提案〟をする・・・。
「私はこの子の心にいたいんだ」

329294view012 原色のカラフルなCGに、奇妙奇天烈なコスチューム。
それに〝世界の北野〟も顔負けのコスプレも出てきて、目がチカチカしそうですが・・。

それも気にならないくらいに話に引き込まれます。脚本が良いのでしょうか。笑いと涙が交互に出てきて・・・。もうワヤな状態です。
観ていて本当に涙がにじんできたのです、この歳になって恥ずかしいけど。

だけども。
名医?浅野先生が涙の止め方を教えてくれました♪

329294view002 「げろげ~ろ、げろげ~ろ、意地悪ガマ王子が・・」
自分の所業を振り返りながら絵本を読む大貫の、痛々しい表情が切なすぎます。。。

大貫役の役所広司はじめ豪華なキャストが素晴らしく、良い仕事をしています。
夜の病院待合室で座り込む大貫、舞台を観ているようです。演技引き込まれます。
最初の頃は〝うっぜぇ〟奴、堀米(阿部サダヲ)。彼がストーリーテラーとして、映画を引っ張っていきます。〝折角の感動シーンが・・・〟と、好みは別れそうですね・・。
で、特筆するのが土屋アンナの怪演。凄い存在感です。

世間の波にもまれた大人に切ない涙を、無邪気な子供に暖かな笑いを。
そんな素敵なプレゼントをしてくれる映画です!必見!!

「パコと魔法の絵本」 9点 ★★★★☆

Mo6032_f1

| | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

『hana』爽やかな歌声に季節の変わり目を感じて「I Cry」有里知花

あっという間にもう9月も中旬を過ぎました・・・。
会社の仕事も9月の期末月を迎え、これから忙しい時期になりそうです。
今、3つの営業拠点の仕事に関わっているんですけど、いつもは経理的月末締め処理を微妙にズラしていたので同時進行でも行けたんですけど、今月は期末なんで3つとも同時進行・・。
何とかなるかな、何とかなるよね、何とかしなくちゃデスね。

・・・・・・
ということで、有里知花さんってご存知ですか。

通り抜ける潮風のよう。

緩やかにそして爽やかに。

有里知花のデビュー曲は、ハワイ在住の人が作ったスローナンバー。

とっても心地よい、晩夏~初秋に季節を感じながら聴いてみると良いです。

「I Cry」 有里知花 (2001.8)

31vwpvergfl__ss500_

hana 有里知花

1. I cry
2. Ho’oheno ke aloha
3. Pray you’ll come back
4. Our love
5. ’Til I see you again
6. Island Dancer
7. The end of the world
8. Sunset
9. 友情
10. 花 

(2001/7/4)

| | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

清々しい旅立ちの美しさに感動!〝困ることに〟 「おくりびと」

330042view001 「納棺師」
遺体を棺桶に納めるお仕事。そのテーマからとても重いものを予想した。
しかし観終わって、重厚な気持ちにはなったが、嫌な重さではなく、清々しくも心に優しさ感じることが出来た。

チェリストの大悟(本木雅弘)は、所属するオーケストラの突然の解散で職を失う。落ち込む大悟を心配する妻 美香(広末涼子)にぼやくように呟く「田舎に帰ろうか」
庄内に戻った大悟は職を探すが、ひょんな事から納棺師の仕事に就いてしまう・・。
「やっていけるのだろうか」
仕事への偏見を持ちながらも、徐々にその仕事の尊厳さに触れ変わっていく大悟。
しかし周囲の人たちはそうは思ってはくれない・・・。

・・・・・
330042view002 映画全体を通して美しい映像に目を奪われる。
庄内の美しい自然の風景に心癒され、大悟と社長(山崎努)の納棺師としての神々しく見えるその所作に目を奪われた。

大悟が自然の中で奏でるチェロの音色、大悟が整然と死者に死装束を纏わせるその一連の流れるような動き。
いずれも、とても心に響く美しさという共通点をみた。

いかに人の心に触れ、心に残る仕事が出来るのか、それはチェリストも納棺師も変わらないんだね。

・・・・・
330042view007 本作品で2つ感じたこと。

石文〟の挿話。
言葉がまだない大昔の時代、自分の気持ちに近い思いを、自然の石に託して渡す石文。石を探し選ぶ時、そしてその石を受け取った時、人は石に託された気持ちを暖かくその心にしまうことになる。

美味しいんだよ。困ることに
食べるというシーンが印象的だった。生きるとゆうことは、他の命を戴くと言うこと、食べることで受け継いでゆく生命への感謝、その死へのリスペクト。

納棺の儀式を、本木くんも本当によく学んだと思う。観ていてよく分かる。

最後に。
石文に込められた想いは、父から子へ、そして孫へと受け継がれた。
言葉のない静かなシーンだけど、それぞれの表情が雄弁に愛情を語り合っていた。

「おくりびと」 9点 ★★★★☆

Mo6033_f1

| | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

イオン上里のイベントいろいろ。

イオン上里もオープンして1ヶ月ちょっと。
意外に客足も変わりませぬ。

Blog7005 今日はLUXIS(ラクシス) コンサートっていうのをイベントスペースでやっていました。
って言っても、行った時には終わってて、サイン会をしていたんですけどね。

ラクシスっていうのはオズの聡美さんというのに2名のヴォーカルを加えた3名のコーラスグループ(らしい)。それなりに人も集まっていたので、まぁ知っている人もいるのかな?それとも、田舎者の物珍しさかい??

Blog7003 イオン上里に入っている飲食テナントで「旬鮮食堂 きろろ庵 とんでん」っていうお店があるんだけど、北海道の和食レストランチェーン?らしい。「きろろ庵=キロロアン」というのは、アイヌ語で「楽しい」という意味らしい。

ここの豚丼は美味!生姜焼きの肉くらいの厚さ大きさの豚肉を、焼け目がつく位こんがり焼いて、独自のタレに漬けてご飯に乗せる。タレと焼き肉の焦げ目の肉汁がご飯に浸みて美味しかったです!

| | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

少年と風船の50年以上昔のファンタジー「赤い風船」

080326_ballonrouge_main 昨夜書いた「白い馬」との同時上映です。

1956年 フランス作品。
風船と少年の物語。

街灯でひっかかっていた風船をよじ登って手にした少年。
080414_redballon_sub4決して手を離すことのなく、風船の紐をしっかりと手に持ち、学校へ。そして自宅へ。

そのうちになんと!風船が意思を持ったかのように、少年のあとをついて行く・・。

奇妙な少年と風船の友情。

080414_redballon_sub3そして風船を手に入れようと意地悪をするクラスメートたち・・・。
彼らは少年から風船を奪い、そして石を投げ・・・。
風船を逃がそうと必死になる少年。
しかし風船は・・・・・。

とてもキレイな街並みを、少年と風船の物語が詩情豊かに綴られる。
わずかな言葉が構成された、風船との関係がとっても印象的な映像。

35分という短編映画は最後に少年を連れ去ってしまった・・。
自由を求めて彷徨う、白い馬と赤い風船。いずれも美しい世界だ。

「赤い風船」 8点 ★★★★

Mo6106_f1

| | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

映像が静かに語った時代があった。「白い馬」

フランスで1953年に上映された名作。

56年の「赤い風船」とあわせて日仏交流150年記念として上映、勤務先近くのシネマテークで観てきました。

080326_crinblanc_main まずは最初の「白い馬」

漁師の美しい少年と、野生の白い馬、いずれも自由に生きる孤高の魂を持っている。
野生の逞しい白い馬は、牧童達がなんとか捕まえようとしても捕まらない。そんな姿に惹かれた少年が、なんとかその馬を自分のものにしたくて追い続け、そして馬もそんな少年を認めた。

080414_whitehorse_sub3 モノクロで淡々と進むストーリー、しだいに強い絆で結ばれていく少年と白馬。40分の短いストーリーだけど、モノクロが少年の美しさと白馬の白さを鮮烈にしている。

白馬の表情、そして新たな群れのリーダーとなった馬との格闘シーンは、演技ではないリアリティーを感じてしまった。特殊技術もない時代、映画を作るって言う熱意でこれだけの映像を作ってしまった凄さを感じた。

色々な特殊技術、どんでん返しのストーリー、長々しい映像とエンドロール。
そんなものが無くてもこれだけ素敵な映像美が作れるってことを再認識できる映画だ。

カンヌ国際映画祭グランプリ作品。

「白い馬」 7点 ★★★☆

Mo6107_f1

| | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

淡々と過ぎていく、でも確実に変わっていく日常「卵の緒」

4117tk1cgsl__ss500_ 「絆」・・・不確かな繋がりを、生活の中で確かめる愛。

2つのお話からなる。

「卵の緒」 「7’s Blood」

「卵の緒」は母と子、「7’s Blood」は異母姉弟のお話。
いずれも〝不確かな絆〟を手探りするかのような、淡々とした愛情を感じる。
瀬尾さんらしいまったりとした世界観。瀬尾さんの作品は、必要最小限な登場人物で構成され、それだけに一人一人の存在感が高い。
彼らの言葉、息づかいが生々しく、といって力が入っているわけではない自然体のところが、優しく暖かく、そして時に痛々しく「違和感」を出してくれる。それがまた心地よい。

2話とも大きな事件があるわけでもなく、淡々と時間が過ぎていく、その自然体の世界。

いずれも作品も、食事をするシーンが印象的だ。家族爛漫の食事風景、豪華な会食なんかじゃない。一般的な、ときに寂しい食事シーンだったりする。
でも、そんな食事をする風景を描くことで、それぞれの人物像を間接的に描き出している。その人となりが、食事をするときに顕れるってことなんだなと実感。

この作品は、瀬尾さんのデビュー作で、「坊ちゃん文学賞」大賞受賞作。

「卵の緒」 瀬尾まいこ著 7点 ★★★☆

41iqmhgwhfl__ss500_

| | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

憎めないダメ親父の不器用な純情物語「純喫茶磯辺」

Isobe001 不器用でご都合主義のダメ親父 磯辺(宮迫博之)は、妻と別れて高校生の娘 咲子(仲里依紗)と暮らす。

ある日、親の遺産が入り込んだら、コレ幸いと水道工員の仕事を辞めてしまい、グーたら生活。咲子に仕事をしろって尻を叩かれ仕事探し。と、ある喫茶店で、店のマスターが女性といちゃいちゃしているのを見かけて、不謹慎に喫茶店を始めることに・・・。
その名も「純喫茶 磯辺」
咲子にダサイと酷評された始めたその店も閑古鳥。ところが店に素子(麻生久美子)が訪れてから一変する・・・。

登場人物みんなが、不器用でクセのある人ばかりで、そんな切ないリアリティの中で繰り広げられるコメディ。そしてすれ違いの純情。
本当にいい加減な磯辺を宮迫くんが好演、ちょっとふくれっ面な言葉に出せない微妙な表情。それに娘の咲子役の仲里依紗さんは、ガチボーイでは主人公の妹役。いい加減な人たちにピシャリと!スパイスのきいた役でよかったです。

で、やはり麻生久美子さんでしょ。
この作品では、不器用でそしていい加減ダメ女を演じています。時効警察でも見せた3枚目の演技もここで発揮。さすがに名女優になってきた。
でも彼女の持っているオーラとが合わなくてなんか違和感を感じてしまった。それだけ存在感のある役者になったんだなぁ、と実感。

会社の同僚 Kくんと 事務所の近くの映画館で観てきました!

一言も発しないミッキー・カーチス、出身地オタク?の斉藤洋介などなど。
笑いを誘う個性派俳優で脇を固めた、ハデさはないけど楽しませてくれる映画ですね。

「純喫茶 磯辺」 7点 ★★★☆

Mo5878_f1

| | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

北京パラリンピック開催中!障害者の魂と勇気。「リアル」(井上雄彦)

北京のオリンピックもテロの心配しながらも無事終了。

ということで、今 パラリンピックやっています。
そう、障害者のオリンピック。スポーツの祭典。
元野球選手の宮本さんも言ってましたが、「障害は個性です」。
そうなんですね。身体の障害、欠損を個性と受け止める強さがないと、障害を乗り越えられません。でもそこまでの境地に至るには相当の苦労があるはず。

障害ッていっても生まれつきのもの、後天的に病気でなったもの、そして事故。
色々な人生を経て、その身に積み重なる人生の重みです。
自分も身近に障害を持った人がいるので、そのつらさも分かる気がします。でも。
「個性と受け止め、パラリンピックに出ている選手は本当に輝いてますね!」

Real1 コミックで井上雄彦氏の「リアル」っていうのがあります。
病気で足を失った戸川、事故で足を失った高橋、バイクで同乗者の足を奪った野宮。
その3人の共通点はバスケ。それぞれが障害に直面したリアル(現実)。
車椅子バスケットボールに捧げる男、それを応援する男、バスケから距離を置く男。

珍しい障害者スポーツ漫画です。障害者スポーツの話題の度に思い出します。

で。(またまた話は逸れますが・・・)
井上雄彦さんといえば、ご存知「スラム・ダンク」と「バガボンド」
バスケと言えばスラムダンクを彷彿させます。

そんな資生堂のCMを。

手書き風のタッチに、スピーディーに展開するこのCM。実は〝アフターストーリー〟? 
宮城リョータくんのゼッケンが4番なんで、たぶんアフターストーリーだよね?
ミッチーこと三井君が出なくて残念だぁ~!(実は三井ファン)

それで三井君と言えば。
「おれって体力ないなぁ。煙草は吸わなかったのに・・。」ってぼやきは印象的。
でも、ミッチーが不良グループ率いて、体育館に殴り込んだ時。バスケットボールに火の点いた煙草を押しつけて消したのは誰だっけ??
(大麻のお相撲さんも顔負けの記憶違いか??)でも好きさ!

(で、最初の話はなんだった?)

スラムダンク 資生堂のCM

| | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

「ケ~ンヂくん♪ あっそびましょ~」20世紀少年

20seiki001 T.Rexの「20th Century Boy」が流れ、物語が始まる。
ケンジたちが野原で基地遊びをし、そこで作られた「予言の書」。
20世紀末に世界征服を企む悪の組織を、ケンヂ達 正義の9人が地球を救うという子供の戯言だ。いや、戯言だったはずだ。
しかし。
327991view005 時代が21世紀にならんとする今、その作り話が現実に、その「予言の書」通りに事件が起きていく。
いったい誰が、なんのために。そしてそれを率いるカルト集団のリーダー〝ともだち〟とは、ケンヂ達の幼なじみの誰なのか。
不気味な声が頭に残る・・・。
「ケ~ンヂくん♪ あっそびましょ~」

20seiki009 ・・・・・
70年代からの時代背景アイテムが、当時を知っている人には懐かしい物ばかり。アポロの月着陸、雑誌「平分パンチ」や大阪万博、ボブ・ディラン、ウッド・ストック・・・。そして、子供の頃の遊び、約束、出来事が重要なファクターとなっていく。

コンビニ店長として、背中に姉の赤ちゃんを背負いながら所帯じみて頑張るケンヂくんが、徐々に曖昧な記憶を取り戻していく。そして取り戻す度にそれが大きな事故となって、犠牲者を出していく・・・。
・・・・・・

20seiki008 三部作で作られたこの「20世紀少年」の第一章。人気漫画家・浦沢直樹氏の漫画の映画化ということで、興味を持っていたんだけど、2時間半と言う長さで、今日まで躊躇していた。
豪華で個性的な役者たちが、個性的なあだ名の登場人物を演じていく。
オッチョ役のトヨエツ君、ユキジの常盤貴子は、カッコ良かったです!

327991view001 三部作なので、第一章では謎が謎を生み、謎を残したまま終わったのはしょうがないとは思う。が、やはりもう少しすっきりと終わると心地よかったかな。
最後は、予告編とその後の小話を挟んで第二章への期待を残したので、たぶん第二章も観ると思うけど。

20世紀少年 7点 ★★★☆

Mo5985_f1

| | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

ただ雑音を閉ざして心静かに瞑想したい時もあるね。Sony Walkman CM 1987

「あなたと違うんです」発言の福田首相は、ぶら下がり取材を拒否しているとか。
大麻問題で辞任した北の湖親方も、語らず表に出ずが続いていましたね。

マスコミ的には批判をしてるけど、出て何を語ればいいの?って分かる気もする。
なにか言えばその100倍くらい返ってくるマスコミに辟易してるんだろうな。

責任問題は別にして、考える時間を与えて上げるのも大切だと思う。

ただ雑音を閉ざして心静かに瞑想したい時もあるね。

そんな気にさせる、懐かしCMです。
猿のチョロ松がウォークマンを聴いて目を閉じて瞑想するCMは印象的でした。

チョロ松の表情が深いですねぇ。何も考えていないはずの猿がとても哲学的で、
〝あの人はなにか思い耽ってるなぁ〟
という表情の人ほど、実は何も考えていないんじゃないの?そんな気も時々したりして。
(ひねくれてるオイラ・・)

Sony Walkman CM 1987

| | トラックバック (1)

2008年9月 7日 (日)

3人の冒険の終焉に幸せの絆がまた一つ。「幸せの1ページ」

330487view002_2  南の孤島で暮らす父娘、海洋生物学者の父ジャックと暮らす少女ニムは、手作りのツリーハウスで珍獣(動物や爬虫類)と仲良く過ごす日々。
うまくいっていた日々を襲った突然の嵐。父ジャックは海に出て難破してしまう。たった一人で島に取り残されたニムに、新たな危機?が訪れた。そこでニムはひょんな事で知り合った、冒険家で英雄の“アレックス・ローバー”にSOSのメールを送る。
330487view001しかし。
メールを受け取った“アレキサンドラ・ローバー”は、冒険小説“アレックス・ローバー”の女流作家。しかも女性で対人恐怖症、引きこもりの彼女は、都会のアパートから一歩も出られない・・・。

少女ニムとその父ジャック、そして引きこもり作家アレキサンドラの3人がそれぞれの思いで彼らの島を目指し、そして島を守る。

・・・・・
330487view006 それぞれの冒険アドベンチャーが、スリリングでもあり、コメディーでもあり飽きることなく話が進む。サバイバルなはずが、ツリーハウスの屋根の上に太陽熱発電のパネルを貼って電気を供給したり、メールの出来るパソコンライフ、無人島の生活でも比較的快適な生活ぶりが、あこがれの島生活に映ってしまう。
青く澄み渡った空と輝く海がひとつになって、島の美しい自然と一体化する絶景の景色。そんな楽園のような島。

330487view004 なにより、ニム役のアビゲイルちゃんの活躍も素晴らしかった。人嫌いだけど愛嬌があって、そして妙に賢い珍獣たちを従える自然児、そんな役をしっかりと演じていた。

やはり、アレキサンドラことジョディ・フォスターの演技はさすがで、しっかりと笑いのツボをおさえている。真面目に対人恐怖症を克服しようとすればするほど、失敗をしてしまい、そのドタバタが笑いを誘う。

そして、彼女の旅に付き添った?“アレックス・ローバー”の役をジャック役のジェラルド・バトラーが好演。なぜ一人二役なのか、それが最後にはっきりと分かる。

アレックスが海へと去り、ジャックが海から現れた時、アレキサンドラにとって現実の〝アレックス〟が現れた。そう、新たな人生と恋が始まった1ページになったのだから。

「幸せの1ページ」 7点 ★★★☆

Mo6129_f1

| | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

松ケンの悪魔メークのシャウト!「デトロイト・メタル・シティ」

人気のコミックの実写化。
松山ケンイチが「デスノート」の〝L〟に続いてのアニメキャラということで期待して観に行きました。〝L〟も相当屈折した役柄だけど、今回の根岸君というキャラも相当屈折しているし。どんな演技になるのか楽しみでした。

・・・・
329493view002 デスメタルバンド“デトロイト・メタル・シティ”ギター&ボーカルのヨハネ・クラウザーⅡ世は、デスメタル界のカリスマ的存在。彼の信者達は彼の一言一句に陶酔する。
しかしそんなクラウザー様は、実はオシャレ系POPミュージシャンを今でも夢見る、大人しい青年。そのギャップに悩みながらも、デトロイト・メタル・シティ(DMC)はどんどん大物になっていく。辞めたくても辞められない、その悲劇が笑いを誘う。
・・・・

329493view004 原作はギャグ全開の内容だけど、映画は彼の心の葛藤を巧く描いて感動作に仕上がっています。原作ファンに何処まで受け入れて貰えるかな。
もちろん原作のテイストはしっかりとあって、大分の自宅エピソードは、ある程度原作に忠実になっています。

で、松山ケンイチの悪魔メークによるシャウトは凄まじい存在感。
さすが、松ケンって感じです。
ただ・・。根岸君MODEの松ケンは、ファンの方どうなのでしょうかね?

329493view005 映画としては、この系統の音楽が嫌いではない私としては音楽映画としても楽しめました。原作も好きで持っているので話も設定も分かりやすく楽しめました。

デスレコードの社長(松雪泰子)の怪演は見事でした!!タバコを消すシーン、タバコを投げるシーン・・。まさに女王様の風格です。

ただそれ以上のサプライズストーリーがなかったので、あとにはあまり印象残らなかった感じです。

しかし。
この映画には深い教訓があります。それは、。

「好きな仕事と向いてる仕事は違うのだ」

・・・・
話は変わるけど、ジーン・シモンズ。
知る人ぞ知る、ロックバンド「KISS」のベーシスト。
彼は非常に頭のいい人で、あのKISSのメイクやステージの火吹きパフォーマンス、それが下火になるとメイクを落として素顔で登場。またアンプラグド・ライブをやったりと常にニュース作りが巧い商売人。
で。
今回のDMC上映に合わせるかのように、しっかりと日本先行発売で「KISS」新録ベストCD発売&今までのアルバムの紙ジャケも発売とか。
相変わらず商売上手です(*^_^*)

「デトロイト・メタル・シティ」 6点 ★★★

Mo6029_f1

| | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

名盤『Corinne Bailey Rae』コリーヌ・ベイリー・レイをご存知ですか?

51t7axoxwul__ss500_憂いのある声。ソウルとジャズを咀嚼し、ブルーステイストをスパイスした彼女はまだ20代半ば。ジャズの影響を受けたその作曲技法も特筆ながら、みずからギター、ベース、キーボード、そしてパーカッションまで手がけたマルチぶりは凄いとしか言いようがない。
コリーヌ・ベイリー・レイは、まさにアーティストと言うべき才能だろう。

勤務先の東京事務所のMさんからCDを貸してもらって初めて聴いたレイのアルバム。
それまでは私も全く知りませんでした。

1曲目の「ライク・ア・スター」から彼女創り出すの世界が聴くものを包み込む。
そんなアルバムの4曲目に収録されているこの曲「プット・ユア・レコーズ・オン」は、ゆったりと爽やかに気持ちよく心にしみてくる。
森を自転車で走り抜けるイメージVと、この曲がフィットする心地よさを味わって欲しいです。

Corinne Bailey Rae 

1. Like A Star 
2. Enchantment 
3. Put Your Records On 
4. Till It Happens To You 
5. Trouble Sleeping 
6. Call Me When You Get This 
7. Choux Pastry Heart 
8. Breathless 
9. I'd Like To 
10. Butterfly 
11. Seasons Change

(2006/3/7)

Corinne Bailey Rae - Put Your Records On

| | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

プクプクちゃんを助け出せ!意外にアニメもイケます。「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」

330553view005 スターウォーズシリーズ、エピソードⅡとエピソードⅢの間くらいか。
クローン・ウォーズの映画版。

いきなり場面は、ドロイド達との戦闘シーン。そもそも実写版もCG構成なので、違和感ない戦闘シーンで迫力もある。あの人形のような顔以外は、アニメ版も違和感ない。(無機質な人形顔も慣れれば・・・かな?)

330553view003 惑星クリストフシスでの戦闘で、オビワンとアナキンの元に訪れたのが、新キャラ アソーカ・タノという見習いジェダイの少女。アナキンも手を焼く無鉄砲さが観ていて心地ちいい。
彼女とともにマスター・ヨーダから与えられた今回の任務は、なんとあのジャバ・ザ・ハットの赤ちゃんを助け出すこと。しかしそこには罠が・・・。

330553view004 とにかく戦闘シーンの迫力は、実写版のエピソードシリーズに負けず劣らず。これは意外だった。
そしてジャバの赤ちゃん、これも意外に可愛い!爬虫類好きのマニアは絶対抱きしめたくなること必須だよ。(私は苦手だけど)
90分ちょっとの内容だけど、そこはスターウォーズシリーズ、たっぷりと楽しませてくれる。アニメという点はちょっと気にはなったけど、まずまずかな。でも人物の表情がもう少し楽しめたら、感情移入も出来たかと思う。エピソードシリーズを知っているから楽しめたっていうのが正直なところかな。
まぁあまりいないと思うけど、スターウォーズを知らない人は、アナキンって誰、オビワンって誰、ジェダイ、フォースって何? あのヨーダって何者??って説明が一切無いから観ていて分からないと思う。まぁそう言う人はこの映画観ないかな?

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ 7点 ★★★☆

Mo6179_f1

| | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

むき出しの闘争心、痛々しいまでの純愛の中で。「GO」

第123回直木賞受賞作。
「在日朝鮮人」から「在日韓国人」へと国籍を変え、民族学校から日本の高校へと入学した杉原。
常に向かってくる相手は倒す相手として、むき出しの闘争心を見せる。諸刃の刃のように自らの心も斬りつけながら。それが日本人に対しての自分の向かいあい方であるかのように。
そんな杉原の前に現れた不思議な少女、桜井。
あくまでも自分のペースで生きてゆく桜井にいつのまにか惹かれていく杉原。
彼の前には「在日」という壁が常にある。学校でも友人でも恋愛でも。
それを取り払うために、ボクシングで力を得、本を読んで知識を得た。
しかし力と知識で振り払えば振り払うほど「差別」は彼の前に大きく存在していく。
それに向かって冷静なはずの杉原が、盲目的な疾走感で突き進んでいく。

元ボクサーの彼の父親が言う。
「俺は朝鮮人でも、日本人でもない、ただの根無し草だ」
彼らは、そう、日本で、この日本に生まれた。
我々と同じように。

いずれ我々の棲む世界が「在日」とか「国籍」とかの隔たりのない世界へと昇華していくことを願うばかりだ。
青すぎる青春小説だけど、痛々しいばかりの敏感な心の襞に触れる思いだ。面白い。

映画化されたが映画は観ていない。逆にこの人の著者で、「フライ、ダディ、フライ」は映画しか観ていない。余談だけど。

「GO」 金城一紀著 7点 ★★★☆

41mlgz1opol__ss500_

| | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

女の華は40からなんですねぇ!4人4様の色「セックス・アンド・ザ・シティ」

男一人で見てきました、で。入場に、ちょっとひきました。
「セックス・アンド・ザ・シティ」
女性のためのファッション&恋愛のオシャレな映画、という認識でした。TV人気シリーズだけどTVは観ていないから、映画を楽しめるかちょっと心配でした。
・・・・

ニューヨークには2つのlL」を求めて若い女性がやってくる。
〝Labels(ブランド)& Love(恋愛)〟

・・・・
330134view001 結婚を控えたキャリー、NYから離れたサマンサ、セレブ主婦シャーロットの不妊、ミランダは夫の浮気、40代のそんな4人の女性、それぞれが人生の局面を迎え、思い悩み助け合う、そんな女の友情物語。
たぶん女性は共感できる場面が多いと思います。(たぶん・・)

「40代はまだ〝おばさん〟なんて呼ばせないよ!」
そんな女の本音?が気持ちよかったです。

330134view002 で、あらためて感じました。
女の魅力は40歳からますます華なんじゃないかと。
もちろんスクリーンの女性達だから現実的じゃないけど、日本の女性ももっと、40歳からの華を楽しんで欲しいな。たしかに、子育てや家のこと、介護や近隣のつきあい・・・。忙しくて・・・。それにこの話は米国だからNYだから・・
っていうんじゃなくて、自分をしっかり生きるって多少勝手なくらいの逞しさかな、それが女性の魅力になると思いました。

330134view005 しかし4人の主役の女性以上に存在感を感じたのが、キャリーのアシスタント、ルイーズ。まさに聖(セント)ルイーズ、魅力的でした。
それとサマンサの犬。あれ、演技じゃないけど、最高!爆笑物でした。オイシイ役です。

PG-12指定なんで、女のAVとか言われてるらしいけど、確かにセックスシーンや下ネタも多い。ただ違和感ないし、話に沿ってるから、このくらい良いんじゃないの?って感じです。
ただ。
女体盛りに電話、チョコプリン、ワサビの隠し、これらは凄かったな~。

でも、服とか小物、ファッションショーに部屋のリメイク。どれも女性誌を見ているような、女性には目の保養かなと。(豪遊三昧、お金使いすぎだけどね・・)
【ネタバレ】あ、そうそう、キャリーがクリスマスイブに一人、日清のカップヌードルをすすっていたのは笑た。

「セックス・アンド・ザ・シティ」 7.5点 ★★★☆

Mo5880_f2

| | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

今日から9月、秋の値上げモードかなぁ。

早いもので、今日から9月です。
小・中・高校生は今日から2学期ですね。ということよりも。。。

また値上げがありますねぇ。相変わらず原油、穀物高の影響で、9月からビール、生めん、チーズなんかが値上がりするそうです。
(〝そうです〟と書いているのも、実はこのブログの文章は8月に作ってまして、実は今日の結果は知らず・・・)

まぁどのくらい上がるかは、このブログがアップした頃には分かっているので私も戦々恐々と興味深くチェックしていることでしょう。
ただガソリンは値下げになるみたいですね。あとデニーズも値下げをするとか。
さまざまな商品が値上げをしたり、値上げをしたり。消費者動向を伺うかのように、価格を打ち出して様子見なのでしょうか。どこまでが原価高騰による値上げか、それとも便乗値上げか判断つかない分、買い控えもしちゃいそう。

Blog7001ちなみに8月末にガソリン給油しました。その時はレギュラー166円/リッターでした。
北関東(埼玉)は安いから良いですけど。他県に行くとその有難味を痛感しますね。
それでもやはりこの金額はつらいなぁ。といって、ハイブリッド買う金も全く無し。(プリウスも値上がりするし・・)

身近なところで車に乗って節約モードは暫く続きそうですね。。。

| | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »