« 映像が静かに語った時代があった。「白い馬」 | トップページ | イオン上里のイベントいろいろ。 »

2008年9月14日 (日)

少年と風船の50年以上昔のファンタジー「赤い風船」

080326_ballonrouge_main 昨夜書いた「白い馬」との同時上映です。

1956年 フランス作品。
風船と少年の物語。

街灯でひっかかっていた風船をよじ登って手にした少年。
080414_redballon_sub4決して手を離すことのなく、風船の紐をしっかりと手に持ち、学校へ。そして自宅へ。

そのうちになんと!風船が意思を持ったかのように、少年のあとをついて行く・・。

奇妙な少年と風船の友情。

080414_redballon_sub3そして風船を手に入れようと意地悪をするクラスメートたち・・・。
彼らは少年から風船を奪い、そして石を投げ・・・。
風船を逃がそうと必死になる少年。
しかし風船は・・・・・。

とてもキレイな街並みを、少年と風船の物語が詩情豊かに綴られる。
わずかな言葉が構成された、風船との関係がとっても印象的な映像。

35分という短編映画は最後に少年を連れ去ってしまった・・。
自由を求めて彷徨う、白い馬と赤い風船。いずれも美しい世界だ。

「赤い風船」 8点 ★★★★

Mo6106_f1

|

« 映像が静かに語った時代があった。「白い馬」 | トップページ | イオン上里のイベントいろいろ。 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少年と風船の50年以上昔のファンタジー「赤い風船」:

« 映像が静かに語った時代があった。「白い馬」 | トップページ | イオン上里のイベントいろいろ。 »