« 雲の風景 | トップページ | 不条理の死の宣告に〝生きる〟尊さを知る「イキガミ」 »

2008年9月27日 (土)

問題のある部屋

仕事柄、ホテルに宿泊する機会も多い。
以前は電話で予約を入れていたけど、ここ数年はネットで予約が出来るので、いつでもどこでも予約が出来て、結構便利で楽ちんである。

Web画面のカレンダーから日付をクリックして申し込んだり、日付をプルダウンで選んだりと、それはそれで便利なんだけど・・、うっかりとズレてしまう心配もあるんです。

ということで、その心配が現実化したことがありました。
ホテルにチェックインしようとしたら、予約が入っていないと、フロント女性のお言葉。いや、間違えなく予約を入れていますから、と調べてもらうと、予約は次の日に入っていました。
「なんとか、なりませんか?」
「困りましたね、本日満室でして・・・」
「そうですか・・・」
「あの~、ちょっと問題のある部屋なんですが、そこでよければ・・」

「どういう問題ですか?」
怪訝に問う私に、フロントの女性は申し訳なさそうに説明する。

「有料テレビの機械が壊れて、有料テレビが見られないのです。」

「!! 全然問題ないですよ!そこでお願いします!」

しかし、ここでもし、「あ、有料テレビが見られないんじゃ結構です」って答える人いるんでしょうかね?
(いたら、よほどの強者??バカ?)

Blog7283_4

|

« 雲の風景 | トップページ | 不条理の死の宣告に〝生きる〟尊さを知る「イキガミ」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 問題のある部屋:

« 雲の風景 | トップページ | 不条理の死の宣告に〝生きる〟尊さを知る「イキガミ」 »