« 北京パラリンピック開催中!障害者の魂と勇気。「リアル」(井上雄彦) | トップページ | 淡々と過ぎていく、でも確実に変わっていく日常「卵の緒」 »

2008年9月11日 (木)

憎めないダメ親父の不器用な純情物語「純喫茶磯辺」

Isobe001 不器用でご都合主義のダメ親父 磯辺(宮迫博之)は、妻と別れて高校生の娘 咲子(仲里依紗)と暮らす。

ある日、親の遺産が入り込んだら、コレ幸いと水道工員の仕事を辞めてしまい、グーたら生活。咲子に仕事をしろって尻を叩かれ仕事探し。と、ある喫茶店で、店のマスターが女性といちゃいちゃしているのを見かけて、不謹慎に喫茶店を始めることに・・・。
その名も「純喫茶 磯辺」
咲子にダサイと酷評された始めたその店も閑古鳥。ところが店に素子(麻生久美子)が訪れてから一変する・・・。

登場人物みんなが、不器用でクセのある人ばかりで、そんな切ないリアリティの中で繰り広げられるコメディ。そしてすれ違いの純情。
本当にいい加減な磯辺を宮迫くんが好演、ちょっとふくれっ面な言葉に出せない微妙な表情。それに娘の咲子役の仲里依紗さんは、ガチボーイでは主人公の妹役。いい加減な人たちにピシャリと!スパイスのきいた役でよかったです。

で、やはり麻生久美子さんでしょ。
この作品では、不器用でそしていい加減ダメ女を演じています。時効警察でも見せた3枚目の演技もここで発揮。さすがに名女優になってきた。
でも彼女の持っているオーラとが合わなくてなんか違和感を感じてしまった。それだけ存在感のある役者になったんだなぁ、と実感。

会社の同僚 Kくんと 事務所の近くの映画館で観てきました!

一言も発しないミッキー・カーチス、出身地オタク?の斉藤洋介などなど。
笑いを誘う個性派俳優で脇を固めた、ハデさはないけど楽しませてくれる映画ですね。

「純喫茶 磯辺」 7点 ★★★☆

Mo5878_f1

|

« 北京パラリンピック開催中!障害者の魂と勇気。「リアル」(井上雄彦) | トップページ | 淡々と過ぎていく、でも確実に変わっていく日常「卵の緒」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憎めないダメ親父の不器用な純情物語「純喫茶磯辺」:

« 北京パラリンピック開催中!障害者の魂と勇気。「リアル」(井上雄彦) | トップページ | 淡々と過ぎていく、でも確実に変わっていく日常「卵の緒」 »