« むき出しの闘争心、痛々しいまでの純愛の中で。「GO」 | トップページ | 名盤『Corinne Bailey Rae』コリーヌ・ベイリー・レイをご存知ですか? »

2008年9月 4日 (木)

プクプクちゃんを助け出せ!意外にアニメもイケます。「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」

330553view005 スターウォーズシリーズ、エピソードⅡとエピソードⅢの間くらいか。
クローン・ウォーズの映画版。

いきなり場面は、ドロイド達との戦闘シーン。そもそも実写版もCG構成なので、違和感ない戦闘シーンで迫力もある。あの人形のような顔以外は、アニメ版も違和感ない。(無機質な人形顔も慣れれば・・・かな?)

330553view003 惑星クリストフシスでの戦闘で、オビワンとアナキンの元に訪れたのが、新キャラ アソーカ・タノという見習いジェダイの少女。アナキンも手を焼く無鉄砲さが観ていて心地ちいい。
彼女とともにマスター・ヨーダから与えられた今回の任務は、なんとあのジャバ・ザ・ハットの赤ちゃんを助け出すこと。しかしそこには罠が・・・。

330553view004 とにかく戦闘シーンの迫力は、実写版のエピソードシリーズに負けず劣らず。これは意外だった。
そしてジャバの赤ちゃん、これも意外に可愛い!爬虫類好きのマニアは絶対抱きしめたくなること必須だよ。(私は苦手だけど)
90分ちょっとの内容だけど、そこはスターウォーズシリーズ、たっぷりと楽しませてくれる。アニメという点はちょっと気にはなったけど、まずまずかな。でも人物の表情がもう少し楽しめたら、感情移入も出来たかと思う。エピソードシリーズを知っているから楽しめたっていうのが正直なところかな。
まぁあまりいないと思うけど、スターウォーズを知らない人は、アナキンって誰、オビワンって誰、ジェダイ、フォースって何? あのヨーダって何者??って説明が一切無いから観ていて分からないと思う。まぁそう言う人はこの映画観ないかな?

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ 7点 ★★★☆

Mo6179_f1

|

« むき出しの闘争心、痛々しいまでの純愛の中で。「GO」 | トップページ | 名盤『Corinne Bailey Rae』コリーヌ・ベイリー・レイをご存知ですか? »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プクプクちゃんを助け出せ!意外にアニメもイケます。「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」:

« むき出しの闘争心、痛々しいまでの純愛の中で。「GO」 | トップページ | 名盤『Corinne Bailey Rae』コリーヌ・ベイリー・レイをご存知ですか? »