« 旅ストーリーは突然に。そんな上高地のお話。(序章) | トップページ | 〝神の目〟から逃れられず〝起動〟が始まる。「イーグル・アイ」 »

2008年10月19日 (日)

旅ストーリーは突然に。そんな上高地のお話。(本編)

家人の思いつきで始まった上高地日帰りの旅。

関越自動車道藤岡ジャンクションから高速に乗って上信自動車道松本インターまで、そこから1時間、沢渡駐車場まで行って、シャトルバスに乗り換える。(上高地は自然保護のためマイカー規制だからね)

Blog7373 ということで上高地に着きました。バスを上高地の入り口、大正池で降りる。バス停を降りて大正池ホテルの横を池畔へと下る。遥か穂高連峰を望む風景が目に飛び込む。池の水面にその絶景が映り込む。水面には鴨たちがゆったりと泳ぐ。すばらしい景色が目の前に広がる。

Blog7375 足を田代橋、そして河童橋へとのばす。澄んだ水を滔々と讃える梓川に沿った散策路を自然の息吹を感じながら歩く。大正池から河童橋まではメインの散策路のためか、人で賑わう。大手旅行会社の旗について行くツアー客も多く見受けられる。いずれも早足でさっさかと進んでいく。

Dscf7339  田代橋、帝国ホテルへと繋がる道を通り過ぎると川の左手には山荘、ロッジが続く。川の堤防をテクテクと進んでいくと、その先に人で賑わう橋が見えてくる。
有名な河童橋だ。
橋上と袂には多くの観光客がたむろし記念撮影をしている。想像していたよりもこじんまりした河童橋は、渡る人の動きでゆさゆさと揺れる。橋の上から見える穂高の山並みが美しい。

Blog7374ちょうど、お昼時、朝も抜いての散策でお腹も空きました。食堂をいくつか物色するもどこも満席。
「待とうか?」
家人に訊くと
「外で肉まん買おう。」
ということで、肉まんとコロッケを買って、梓川の河原で河童橋を観ながら、ぱくり。
雲一つ無い青空の下、穂高の山もキレイに見えてとってもステキな風景だ。
(やっぱ来て良かったかな。)

Blog7376 腹ごしらえもして、上高地ビジターセンターへ。
ビジターセンターで上高地の自然を紹介するシアターで椅子に座って休憩がてら鑑賞。
その後明神池へ。この河童橋から歩いて70分位の場所にある。ちょっと躊躇しながらも、足はテクテクと明神池に向かう。自然豊かな散策路は所々にとってもステキな風景を見せてくれる。

Blog7372 しかし。
明神池は遠かった。なかなか着かない。明神池方面からは、登山姿の人たちが次から次へとやってくる。その人達とすれ違いながら、まだ着かない、まだ着かないと心の中で呪文のように唱えながら、どうにか明神橋まで到着。河童橋よりもずっと立派な橋でした。でもこの遠さのせいか、観光客はほとんど見かけず。

Blog7377 明神橋を渡って池に向かうと穂高神社?
「え?明神池に入るのに拝観料?300円とるの?」
なんかシャクだけど、ここまで来て見ないわけにはいかず・・・。拝観料を払って池へ。針葉樹林に囲まれた明神池は、一の池、二の池を木板で渡して歩道としている。

Blog7371 明神池を出て、川の畔で一休み、さて河童橋まで戻ろう。疲れた体を起こす。
今度は来た時と反対側の道で戻ることとする。木道が森の中を縫うように走る。こつこつと木の音をたてながら戻る。自然豊かな道はどこも素晴らしく美しいが、今はとにかく早く河童橋まで着きたい。

Blog7369 来た時と反対側は登山姿の人たちはまったく見かけず、ほとんど行き交う人もいない。本当に静かな道だ。
 と、ふと前を見ると、野生の猿がこっちに向かって歩いてくる。我々をみても別に気にすることもなく、そして何事もないようにすれ違っていく。

Blog7370 そんなこともありながら、どうにか河童橋まで着いたのが午後4時前。
ベンチで一休みして帰りのバスに乗ろうとバスターミナルへ向かう。と林道の中に人混みとその前にプラカードを持つおじさん。そのプラカードに「沢渡行きバス最終列」と。
なんとバスに乗り込むまで1時間待ちだと・・・。
いやもう、疲れた足と体に最後の試練が。サスガ秋の3連休、最終日の上高地。
どうにかバスに乗り込んだのが5時前、夕暮れの上高地を下るようにバスは降りていく。

とっても疲れたけど、本当にキレイな上高地でした。夜のしじま、北アルプスの連なる山影の上に、煌煌と光る十五夜満月のお月様がとっても印象的でした。

|

« 旅ストーリーは突然に。そんな上高地のお話。(序章) | トップページ | 〝神の目〟から逃れられず〝起動〟が始まる。「イーグル・アイ」 »

コメント

lastsmileさんちから、上高地ってとんでもない距離だと思っていましたが、そういう道が開通してたんですね。
うちの方も中央道まで頑張って30分程度ですが、それから延々走るとなるとかなり大変です。
ちなみに、上高地行ったことなし。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年10月20日 (月) 20時15分

5〜6年程前に行ったのですが、それまで上高地には硬派なイメージがあって、でかいリュックを背負った山男や山女が集っているのかと思いきや、ミニスカートにハイヒール、ヴィトンやグッチの男女が集っていて、あまりの軟派さ加減にがっかりしたものですw
聞けば、硬派なのは裏(北側?)で、そっちは何も無いそうです。
でも水の奇麗さには癒されましたよ〜。
バスの順番待ちながら、ペットボトルに水を汲んで帰った記憶が(^^

投稿: なち | 2008年10月20日 (月) 23時10分

ヒョウちゃん。
家から高速をすっ飛ばして松本市まで2時間足らず、そこから一般道を1時間足らず。
この日の朝は2時間半で行けました。

広大な自然散策道から不意に見える絶景は感動ものです。大正池の美しさは印象的でした。国内だけど、近くて遠い上高地って感じです。機会があれば是非一度。
でも。
観光客でごった返しています・・。

投稿: lastsmile | 2008年10月21日 (火) 03時40分

なち師匠。
行かれましたか、硬派な上高地(^-^;
明神池に向かっていくと、硬派なナイスガイどもがリックを背負って降りてくるのとすれ違います。

でも。
大正池~河童橋周辺は、軽装なヒール靴のギャルがわんさかいました。
川もコバルトブルーに光っていて、大正池は澄んでいて・・。ホント水の綺麗さ、癒されますね~。

投稿: lastsmile | 2008年10月21日 (火) 03時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157486/42832838

この記事へのトラックバック一覧です: 旅ストーリーは突然に。そんな上高地のお話。(本編):

« 旅ストーリーは突然に。そんな上高地のお話。(序章) | トップページ | 〝神の目〟から逃れられず〝起動〟が始まる。「イーグル・アイ」 »