« 大好きな吉田秋生ワールドの映像美「櫻の園」 | トップページ | バッドアスコーヒー@イオン上里 »

2008年11月 9日 (日)

親切な映画、色々と。後編への壮大な予告編「レッド・クリフ」

329757view005 壮大な歴史ドラマ『三国志』
その中でもクライマックスの一つ、赤壁の戦いは、208年に強大な権力を持った曹操が追い詰めた劉備とその同盟 孫権との連合軍との戦い。この戦いの後、中国は〝魏・蜀・呉〟の三国が拮抗する三国時代に入るのだけど。その赤壁=(Red Cliff)の熾烈で多彩な攻防劇。

329757view004 冒頭、三国志の主要人物の人間関係を〝日本語〟で説明があり、思わず〝あれ?字幕版のつもりが吹替版の方に間違えちゃったのかな?〟などと勘違いモード。
でも、この最初の説明で大まかな三国志ストーリーも予備知識となり、ある程度映画の内容も入りやすくなります。主な登場人物は何度も「丞相 曹操」とか「将軍 関羽」とか(親切だけど少し鬱陶しいくらいに)テロップ出ますし。

329757view002 そもそも〝赤壁の戦い〟自体が、策謀巡らしドラマチックな大逆転の連続で面白いのは間違いないわけだけど。映画の内容は劉備・孫権連合軍からの視線で、金城武(諸葛孔明)、トミーーレオン(周瑜)がカッコイイ役・存在感ですね。二人のやりとりが印象的です。あと気になったのが戦闘シーン。とてもスリリングで迫力あるけど、チョット長過ぎ・・。

329757view003 今回のパート1は、赤壁の戦い いよいよこれから水上戦!というところで終わり、来年上映のパート2と続く形です。(最後に、そのパート2の予告編が見られます)
・・・ということで未完の前半までの評価点しか出せないので・・。

 

「レッド・クリフ」 7点 ★★★☆

Redcliff_2_1b

|

« 大好きな吉田秋生ワールドの映像美「櫻の園」 | トップページ | バッドアスコーヒー@イオン上里 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親切な映画、色々と。後編への壮大な予告編「レッド・クリフ」:

« 大好きな吉田秋生ワールドの映像美「櫻の園」 | トップページ | バッドアスコーヒー@イオン上里 »