« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の29件の記事

2008年12月31日 (水)

皆さま、良い年を迎えられますように♪

色々なことがありました、2008年も終わりますね。
あと1時間切りました。カウントダウン。

このブログでも色々な方が見ていただいて、コメントも戴きました。
なんと!1万アクセスも記録したし。。信じられん・・・。
ホントにありがたいこってす。m(_ _)m

旅行もたくさんしたし、映画も一杯観たし、激辛もたくさん食べたし。。
(仕事はそこそこした(つもりだ)し。。。そこがあやふや・・)

自由自在に自彩にいけたかな。そんな感じの一年でした。
みなさまはいかがでしたか?この一年。

皆さまに感謝しつつ、皆さまが良い年を迎えられることお祈りします。

Dscf7312

| | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

予告編以上でも以下でもない。地球が静止した日

01_large 宇宙からメッセージを持ってクラトゥ(キアヌ・リーヴス)がやってきた・・。
戸惑う地球側は怯え、そして彼を・・・。
国防長官が問う。
なぜ我々の惑星へ
クラトゥが逆に問う「君たちの惑星
予告編の壮大な映像の数々、そこから映画への期待感がふくらんだ。

02_large ストーリーの導入部分は〝なにが起きたんだ?〟
その緊張感溢れる展開、次々と起きる出来事に引き込まれた。
序盤は生物学者ヘレン博士(ジェニファー・コネリー)の視点から〝一連の出来事〟が劇的に絶望的に展開していく。

04_large しかし徐々にその緊張感も薄まって・・。
クラトゥにとっての唯一?の理解者ヘレンとその義子との逃亡?の旅の間に、地球は攻撃を受ける。テレビや劇場予告編で流れた、スタジアムやトラックの消滅するシーンは確かに凄いけど。

005メッセージ性の高い作品で、地球環境と平和への警鐘。しかしそれがあまりにも直接的で少々押しつけられている感じ。それを一番感じるべきアメリカ人はどう捉えたのかなぁ。
クラトゥがヘレンの紹介で出逢ったノーベル賞教授と、地上では未だ解けない難問を黒板で解き合うコミュニケーションの取り方は、印象的だった。
最後に。ジェニファー・コネリーはキレイで魅力的した(*^_^*)

「地球が静止した日」 5点 ★★☆

Earth_still_2_1b

| | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

プチグルメ~沖縄のお茶、ブクブク茶で口は泡だらけ!?~

もう今年もあと二日。早いモノだなぁ・・。
沖縄旅行記で、今年のブログも終わってしまった。

Dscf2584 で、旅行記番外編その2ということで。
ブクブク茶って初めて聞くお茶屋をおきなわワールドで発見!
琉球の雰囲気のある茶屋の前で睨みをきかすシーサーのところにブクブク茶の看板が・・。興味津々で座敷に上がってブクブク茶を戴くことにした。

Dscf2585

ブクブク茶って琉球のお抹茶のようなもの?古くは王宮のおもてなし茶として、和礼のおもてなしを込めていたよう。ビールの泡よりもきめ細かい泡が茶器から溢れんばかりに山盛り状態。玄米茶と米と炒って、それにさんぴん茶(ジャスミンティー)を混ぜて一気に泡立てるらしい。ジャスミンのほのかな香りと玄米の風味が確かに。
泡がさっぱりとしておもしろい感触。

Dscf2578 ちなみに。
おきなわワールドでは、シークヮーサーの生ジュース&スターフルーツのカットも戴きました!シークヮーサーって沖縄・台湾辺りで自生するミカン科の果物、ちょっと甘みが少なくって酸っぱいのでレモンみたいな役割らしいッス。
どちらも南国の味でした☆

Dscf2577

| | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

プチグルメ~琉球王族気分を味わいながら~首里城 鎖之間

Dscf2495 首里城の中にある鎖之間で琉球王族の雰囲気を味わいながらお茶と茶菓子を楽しめます。王朝時代の説明、鎖之間の説明を聞きながら、和琉折衷の庭の趣も楽しみながらの呈茶。時間の限られた、慌ただしいツアー見学の中でチョットした息抜きにもなって良い感じ。

Dscf2488

ちなみにさんぴん茶ってジャスミンティーのこと。沖縄でポピュラーなお茶です。
お茶もお菓子も美味しかったです。

Dscf2491

【さんぴん茶と琉球菓子のセット】300円

さんぴん茶
ちんすこう
チールンコウ
くんぺん
花ぼーる

| | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

歴史に触れなくちゃね!南国 沖縄の2泊3日の旅です。(三日目後編)

11月25日(火)

Dscf2524 今日の昼食は、国際通りにあるサムズ・セーラーインでステーキランチ。沖縄のグルメと言えばステーキ。サムズはそんな沖縄の有名店でいくつか姉妹店がある。米国本場の味を楽しめるということで外人さんも多いらしい。
お店の前でセーラー姿の金髪女性は、少しやる気なさそうにランチのチラシを配る。

Blog9002

Dscf2521 目の前でシェフがパフォーマンスしながら焼いてくれる。肉厚の牛肉が目の前でジューッと焼ける音、その香りが鼻先に届く。〝うまい〟熱々の柔らかくジューシーなステーキはさすがです。沖縄は肉の美味しい食べ方を知ってるって感じ。

Dscf2532 お腹も一杯になると集合時間まで国際通りを散策。さすがに休日とあって人の出も多い。オリジナルTシャツをはじめ衣料品、チンスコウなんかのお土産はもちろんレストラン、ファンシーグッス、たくさんのお店が軒を並べる。ウインドショッピングも飽きることなく、家人と別行動でそれぞれ自分の好みでまわる。

 

■■グラスボート (みーばるマリンセンター)■■

Dscf2536 次はグラスボート乗船。那覇から車で40分。南城市にある みーばるマリンセンターへ。グラスボートって言うのは、モーターボートの船底がガラス張りになって海底が見えるようになっている船。砂浜にたてた掘っ建て船着き場まで案内される。
Dscf2537 あいにくの曇り空、沖縄のサンゴ礁、熱帯魚がキレイに見えればいいな!そんな期待を胸にボートを待つことしばし。ボートに乗り込むと剥き出しのエンジン音を唸らせ、飛沫を上げながら沖合へと。
Dscf2543 ビューポイントまで行くと〝は~い、ここで観てくださ~い〟と、ボートのエンジン音に消されないように大きな声でボートを操縦するオニイサンが案内。船底をのぞき込むとマリングリーンの海の底に魚たちが泳ぐ姿が。ポイントを渡り歩くように、案内をしてくれる。
Dscf2557 サンゴ礁の中で遊ぶように泳ぐ熱帯魚の姿は、まさに自然の世界。一緒に乗船した人たちから感嘆の声が漏れる。
約20分の天然の水族館を楽しんだ。

 

  

   

   

■■おきなわワールド文化王国■■

Dscf2561 いよいよ、沖縄最後の見どころ。沖縄最大のテーマパークと言われる、おきなわワールドは同じ南城市にある。ハイビスカスの赤が印象的だ。王宮時代の街並みを再現した風景が点在、あと沖縄の迫力ある演舞、エイサーが見られる。
Dscf2564 まずは日本で2番目に長いと言われる鍾乳洞「玉泉洞」。
9月に山口の秋芳洞を見て以来の鍾乳洞。けっこうワクワクする。ここの鍾乳洞は暖かい。入るとモワッという感触、普通鍾乳洞ってゾクッて冷気を感じるんだけど・・。それが印象的だ。
Dscf2568

Dscf2571

Dscf2574 複雑な形状の地下世界が広がり神秘的。淡い照明も手伝って、幻想的な世界を創り出している。さすが日本2番目の長さを誇る900メートル近い地下探検を堪能できる、ワクワクしながらこの地下世界に浸る。ひょっとして鍾乳洞マニアかもしれない。

Dscf2581 琉球王国の城下町が再現された旧民家群。琉球村と似た感じです。エイサーショーの始まる時間が近づいたので、エイサー広場に近づく。このおきなわワールド、とっても良いんだけど・・。ひとつ困るのは屋内通路にハブ酒で、もうたくさんのハブの瓶詰めが・・。

Dscf2535 エイサーショーは撮影禁止ということで写真は撮れないんだけど、もの凄い迫力で楽しめた。太鼓を抱えて飛び回る様は、若さのパワーはち切れていた。年齢制限もあるんだって。分かる気がする、あの動き。写真で紹介できないのが残念・・。

Dscf2597_2 さて、これで沖縄の旅も終わり・・。すでに街は日が暮れてしまった。那覇空港に着く頃には夜になっていた。19:55那覇発のJAL924で沖縄を離れる。駆け足の3日間。深夜、自宅に着いた頃には日付も次の日になっていた。
でもとっても素敵な旅でした。初めての沖縄は、思った以上に深い旅でした。

ちなみにこの企画は阪急トラピックスの「沖縄大感謝祭3日間」です。
料金税別32,800円(ひとり)+3日目の午後がオプション南部ツアーで5,000円でした。

ぐぶりーさびら(さようなら)、Okinawa!

| | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

歴史に触れなくちゃね!南国 沖縄の2泊3日の旅です。(三日目前編)

11月25日(火)

Dscf2458 沖縄 三日目。
昨日からの雨も上がったもののどんよりとした雲に覆われた那覇の朝。
宿泊先 沖縄サンプラザホテルの朝食バイキングも早々にすませ、早朝の那覇の街を散策する。

Dscf2470 ホテルは那覇市内を走るモノレール〝ゆいレール〟の牧志駅近く。電車がない沖縄では、高架を走るモノレールが活躍する。(あ、モノレールも電車か・・)
2003年に開業したばかりのゆいレールは街の景観にフィットして静かに走る。

Dscf2468_2 足を国際通りまで向ける。まだ人の出もぽつりぽつり、店先もほとんどがシャッターを下ろしている早朝だが、自動車が朝の通勤か徐々に活気を帯びて往来を行き来する。道の両脇に並ぶ椰子の木。まさに沖縄。

Dscf2473 今日の予定は、DFSギャラリア沖縄、守礼の門、首里城、国際通り、グラスボート、おきなわワールド文化王国、玉泉洞と盛り沢山。
最初のDFSギャラリアは、ブランド品に興味ないので、入口ロビーの巨大ツリーに感心して、後は出発時間まで外で休憩。

■■首里城■■

そして次は今回一番楽しみだった世界遺産、首里城跡。バスは首里城の地下大型バス駐車場へ。さすがに世界遺産の首里城。観光客も多く、この地下駐車場もバスでぎっしり。

Dscf2476_2

守礼門は赤瓦と朱色の柱。「守礼之邦」という扁額が目に入る。守礼とは〝礼節を守る〟「琉球は礼節を重んずる国である」という意味だそう、もうすっかり忘れ去られた2000円札の絵柄でもある。

Dscf2479 首里城 第一の門である歓会門は、高い城壁を配し堅固な城の姿を見せつける。アーチ状の石門が美しく力強い。守礼門もそうだけど中国様式っぽく、琉球国の国際性を感じる。

Dscf2481 瑞泉門は、城郭内への第二の門。上り石段の上にそびえる。双璧の門の上に直接 やぐらがのっている。朱色のやぐらが琉球独特でもあり印象的。

Dscf2486

正殿は首里城のシンボル、最初の建設は14世紀。何度か焼失再建が繰り返され、現在の建物は沖縄戦で焼失したのを1992年に復元されたもの。中国宮廷建築と日本の建築様式をミクスチャーした琉球独特の建築。

Dscf2504 一通り見学も終え、久慶門より外に出る。今では久慶門は出口となっているが、当時は通用門として主に女性が使ったり、日常的に人が出入りしていたらしい。今までの朱色とは異なり、白の石門が印象的。

Dscf2506

園比屋武御嶽石門は「そのひゃんうたきいしもん」と読むらしい。普通読めん・・。
琉球石灰石で造られた建造物で、こんなのでも(失礼!)国指定の重要文化財であり、この門だけでナント世界遺産でもある!まさに〝人は見かけによらない〟ものである。(人じゃないけどね・・)ただ・・。ぽつんと道の端にあって言われないと気づかない寂しい存在感。

歴史大好きに自分にとっては見学時間が足りないくらいの大満足の首里城だ。

| | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

歴史に触れなくちゃね!南国 沖縄の2泊3日の旅です。(二日目後編)

11月24日(月)

■■琉球村■■

Dscf2411 雨に濡れながらバスに駆け込んで、次の目的地へ出発。
次は「琉球村」。ここは沖縄の文化を体験できるテーマパーク。入口からはいると沖縄の駅ちゃんぷるーって屋内エリアがあって、ここはお土産などを売ってたり、沖縄貸衣装で撮影したりする小屋が連なる。そこを通り抜けて、琉球村へ。

Dscf2419 自然に囲まれ昔ながらの建物があちらこちらに建ち、情緒いっぱいの世界を傘を差して散策。色々な家で地元のお年寄りたちの話を聞けたり沖縄民芸の体験ができるらしい。時間があればゆっくり・・って感じだろうけど、ツアー客は時間がない。ぱっと見て通り過ぎていく。
Dscf2423 ちなみに「動物愛護及び管理に関する法律」により、ハブとマングースの決闘ショーは出来なくなって、今は3Dの立体映像で決闘ショーを楽しむらしい。いやそんなの見たくないし・・。

 

 

 

■■座喜味城跡■■

Dscf2430雨は相変わらず降り続いている。続いての目的地「座喜味城跡」は世界遺産に認定されたところ。でも少し歩くらしい。添乗員から「この雨で足下も悪いので行きたい人のみの参加ということで・・」と説明があったが、どうやら全員参加。

Dscf2436

座喜味城は、15世紀にやわらかい赤土の台地上につくられたので、城壁を屏風(びょうぶ)状に作った珍しい築城。アーチ状になった門が特徴らしい。戦争で一部が破壊されたが、城壁の一部が遺り復元作業が行われたようだ。

Dscf2437 しかし高台にあるせいか、雨だけではなく強風も加わり、傘も用をなさないくらいの状態で、見学もそこそこに皆足早に戻っていく。城壁内にはあちらこちらに水たまりが出来て赤土のぬかるみを作っていた。

Dscf2472 バスは今夜の宿泊先、沖縄サンプラザホテルへ。那覇市内にあり、那覇のメインストリート=国際通りからも比較的近い場所、便利な場所にある。市街地をぐるりとまわりながら、ホテルへ到着。

  

  

■■第一牧志公設市場■■

Dscf2443ホテルに到着して荷物を置くと自由時間なので早速出動。那覇の観光メッカ=国際通へと足を運ぶ。国際通りから平和通りへ抜け、第一牧志公設市場へ。沖縄の人たちの生活が見えてくる市場、活気溢れる。色々な食材が所狭しと並ぶ。

Dscf2446

豚の顔、見たことのない魚介類、色鮮やかな南国の魚、沖縄の珍味 海ぶどう・・。あらゆるものが並んでいる。

Dscf2444 この海ぶどう、最初は微妙だったけど、食べていくうちにこのプチプチ感がクセになっていく。ただ移動に弱いんで、他の土地だと食べられないんだね。

Dscf2449 さて今夜の夕食は、この公設市場近くの「花笠食堂」ちょっと通りから引き込んだところに。

地元の人に人気らしい。昔ながらの食堂って感じ。自分は沖縄そば、家人は沖縄定食を注文。

Dscf2450で、これが沖縄そばのセット、なぜかおいなりともずくが付いてる。

Dscf2452 で、これが沖縄定食。内容はご飯(白米・赤飯・玄米から選ぶ)、ソーキそば、煮付け(大根・麩・えび・こんぶ)、さしみ、ラフティ(豚角煮?)、ミミガー(豚耳)。

Dscf2456沖縄独特の味わいでした。美味しい?って訊かれると微妙なものもあって。
ま、それも含めての沖縄の現地の味だと思う。

本場の沖縄料理を味わって、ふたたび雨の国際通りへと闊歩するのであった。

| | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

歴史に触れなくちゃね!南国 沖縄の2泊3日の旅です。(二日目前編)

11月24日(月)

Dscf2328

オーシャンビューのホテルのテラスから海を眺める。まだ日の出前の蒼い海が静かに波の音を遠く響かせている。白い砂浜がうっすらと浮かび、海もエメラルドの輝きを放ち始めた。
沖縄の朝、二日目。

Dscf2335

今日の予定は、ナゴパイナップルパーク、琉球城(蝶蝶園)、海洋博記念公園(美ら海水族館)、座喜味城跡(世界遺産)、琉球村。天気は曇り空だけど、雨が心配な空模様。

■■ナゴパイナップルパーク■■

Dscf2339 まず最初は「ナゴパイナップルパーク」。ホテルみゆきビーチから国道58号線を北上。

Dscf2341 名前の通り名護市にあるこの観光農園、園内に自動運転カートでぐるりとトロピカルガーデンを周遊するらしいが、我々ツアー客は乗せて貰えなかった(時間の関係?)。その代わり、園の関係者が案内として歩いて行ける範囲で説明してくれた。椰子の木に囲まれたパイン畑は南国ムードたっぷり。

Dscf2349 展示ギャラリーを通って、試飲&試食コーナー(パインのワインとか)、パイナップル食べ放題(ちょっと時期的に酸っぱかったかな)、そしてお土産コーナーへ。ここだけのお土産も多くて売店は賑わっていた。

  

  

■■蝶蝶園■■

Dscf2354ナゴパイナップルパークを後にして、海洋博記念公園へと足を向ける。記念公園間近に次の立ち寄りスポット「蝶蝶園」がある。蝶蝶園から海洋博記念公園の熱帯ドリームセンターの建物が見えるくらいすぐそば。
Dscf2356

ハウスの中に入ると熱帯植物が。そしてその花々に蝶蝶が本当にたくさん。蝶蝶が苦手な人は全然ダメでしょうね、ここ。本当にうじゃうじゃいる。それも人を避けずに寄ってくる。自然と肩や手のひらに乗ったりする。不思議な世界。

Dscf2361

  

■■美ら海水族館■■

Dscf2373次がいよいよ目玉の海洋博記念公園美ら海水族館(ちゅらうみって読みます)を中心として各専門館群。色々と見所が多いので、ツアーの限られた時間だと見切れない。ということで美ら海水族館へ早速入場。 タッチプールでは、なまこやヒトデに触れる。なまこは恐る恐る・・・触りませんでした。で、水槽ごとの魚や珊瑚を鑑賞しながら、下へと降りていく。

Dscf2375

Dscf2386

そして「黒潮の海」と言われる世界最大級の巨大水槽に群泳する魚群。ジンベエザメ、マンタ。その大迫力。パノラマ水槽が目の前に広がり、悠々と泳ぐ様は圧巻。しばしその雄姿に見とれる。

Dscf2387

Dscf2391

Dscf2399 そのあと公園の北側にあるエメラルド・ビーチへ足を向けた。コーラルサンドのビーチとしても有名で、天気がよいとエメラルドの色が鮮やかだそうだが、あいにくの重い雲で、海の輝きも残念ながら楽しめなかった。いよいよ空模様は怪しくなってきた。

Dscf2408 次は昼食。場所はゴーヤーハウス、ゴーヤー料理の専門店だとか。ゴーヤーって独特の苦みがあって食べ慣れていないと馴染みにくそうだけど。さて海洋記念公園からバスで移動して約30分。バスから降りると頭に雨がぽつり。いよいよかな。
Dscf2409 メニューは「アグーの生姜焼き定食」。
「アグー」とは琉球在来種の豚。沖縄の豚肉料理の基本だ。その鉄板焼きとアグーのゴーヤチャンプルー、もずくの酢の物、アグーの豚汁とアグーづくし。アグーはあっさりした食感で美味しいです。
食べていると外はいきなりのスコール!屋根から窓へと滝のように凄い雨量に〝あ~あ〟と気持ちもへこむわぁ~。

| | トラックバック (1)

2008年12月23日 (火)

歴史に触れなくちゃね!南国 沖縄の2泊3日の旅です。(一日目後編)

11月23日(日)

■■平和祈念公園■■

Dscf2252 ひめゆりの塔から数分の移動で、「平和祈念公園」へ。摩文仁の丘陵地と美しい海岸線を望む広い敷地内には半円を描くように整備されたブロックと、そこに整然と平和の礎=慰霊碑が並ぶ。そこには激戦地 沖縄で亡くなった23万を超える戦争被害者の名前が、国籍・出身地ごとにブロックになって刻まれている。

Dscf2255

  Dscf2261_2

その中心に「平和の火」のモニュメントが。水を湛える平和の火は、その下に日本地図が描かれて、モニュメント自体が沖縄の位置にある。ここに灯る灯は被爆地広島市の「平和の灯」と長崎市の「誓いの火」から合火し受け継いだものだそう。その存在に重みがずっしりと。

Dscf2259

■■万座毛(まんざもう)■■

Dscf2276

さて次は、沖縄南部の糸満市から沖縄北部(と言っても真ん中辺りだけど)恩納村へ。自動車高速~国道58号線をバスで移動。風光明媚で有名な「万座毛」へ続く道は、サンセットを見る車で渋滞となっていた。万座毛まであと100~200mくらいの場所で渋滞で動かぬバスを見切り、ツアー一行はバスを降りて万座毛へ歩いて向かう。

Dscf2278

「万人を座するに足る」と言われた万座毛。(「毛」とは沖縄のことばで「原っぱ」のこと)隆起サンゴ礁が20mの岸壁を作り、浸食が象の鼻のような特異の絶壁となっている。エメラルドブルーの海は残念ながら見ることは出来なかったけど、徐々に日が沈んでいくサンセットを見ることが出来た。

Dscf2285

オレンジ色に染まる東シナ海が目の前に広がる。とても美しい情景だ。恋人達が集まるこの岬にとっても素敵な時間が訪れた頃、色気のないバスツアー客は、宿泊先へと移動になる。

Dscf2296

Dscf2302 宿泊先のホテルみゆきビーチまでは、万座毛からすぐ、同じリゾートエリアの恩納村にある。プライベートビーチもあって部屋からのオーシャンビューも良い感じ。しばらくホテル前のプライベートビーチを散策するとすっかり日が沈んでいく。

Dscf2310 夕食は和琉バイキングと沖縄舞踊ショー。
バイキングはお肉系は美味しかった。天ぷらや焼きそば風のものもあったかな。あともずくとか海のものは美味。沖縄家庭料理風でした。ご飯もあったけど、お米は本土からのもの。バイキング料理の種類はさほどなかったです。
Dscf2315 沖縄舞踏ショーはたぶん社員によるショーらしい。それなりに沖縄を知ることができるショーです。歓迎されてメンソーレ!って感じです。沖縄地産のビール、オリオン生ビールをジョッキがとってもおいしくて良い気分です・・。
〝酔っぱらったったにゃ~〟
そんな感じで沖縄の一日目が終わりました。
(二日目に続く・・)

| | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

歴史に触れなくちゃね!南国 沖縄の2泊3日の旅です。(一日目前編)

11月23日(日)

Dscf2227 藤岡インターチェンジ「ららん藤岡」から羽田行きのリムジンバスに乗り込む。
朝5.35。さすがに寒い早朝。
仮眠をとりながら時々目を外に向けると、バスから見える風景が徐々に明るくなっていく。羽田空港へは8:00前に到着、受付を終えて空港の中で朝食を取りながらフライトを待つ。

羽田9:00発 JAL909に乗り込む。さぁいよいよ!沖縄2泊3日の旅の始まりだ!

しばらくして飛行機は富士山を横に見ながら順調に南西へ。やがて視界に雲と海が広がる。

Dscf2230_2 Dscf2234_2

〝きれいに富士山が見える♪〟ちょっと得した気分。
沖縄が近づくと席で上着を脱いで半袖となる。準備はOK。
そして那覇11:45着。
天気は雲が多いようだけど晴れ間が見える。機からでると南国の熱気が。

Dscf2241メンソーレ沖縄
空港の待合いロビーで添乗員さんが到着をお待ちかね。
今回のツアーは参加者は多くてバスも3号車まで。でも実際に3台連なって行動するんじゃなくて、あくまでも3号車単独での移動となる。添乗員さんも3号車だけの添乗員さん。

Dscf2242 沖縄の太陽を浴びながら、3日間お世話になるバスまで移動。さすがに陽射しは強い。バスはと言うと今回もバスガイドさん付きです。宮古島出身だそう。で、バスの最前席前のパネルに沖縄の地図を貼って、今日行くポイントをあらかじめマーク、細かく説明してくれる。ガイドさんの手作りで、こういう案内は初めて。良く分かるし 好評のようです。

さて第一日目の予定は・・。
ひめゆりの塔、平和記念公園、そして万座毛で、宿泊先のホテルみゆきビーチです。
バスの車窓から見える街並みは、石の町。本土とは異なります。街路樹も南国の樹木で異国ムードがたっぷり。でも日本語表示なのが妙に安心感あります。

■■ひめゆりの塔■■

Dscf2246最初の「ひめゆりの塔」まで、空港からバスで1時間もかからずに到着。バスで移動中に、沖縄の歴史を教えてくれました。
特に第二次大戦の戦場としていかに多くの犠牲が出たか。人命もモチロンだけど、地形が変わってしまったほどの休む間もなく降り注ぐ艦砲射撃、キレイな珊瑚礁もその多くが失われた。ある村では一般人のほとんどが、砲撃と地上戦で戦死をしてしまったそうだ。

ひめゆりの塔は映画にもなってその名は知られているけど、実情は意外に知らない。
女学生学徒が戦地の病院で赤十字のように奉仕したイメージではなく、戦場の最前線で砲撃の下を潜るように死傷者に接した。
そして最後は死臭と糞尿の匂いが充満する壕に、立て籠もっていたところを、国際法上禁止されていた毒ガス攻撃を米軍に受け、苦しみ悶えながら命を失ったのは知られていない事実だそう。

Dscf2247 近くにあるひめゆり平和記念館には、女学生学徒として招集され命を失った多くの子ども達の墓碑銘が、ひんやりとした館内を霊安室のようにしてある。痛々しいばかりの歴史の真実に圧倒され、言葉すら出ない。沖縄はOKINAWAとして多くを失った歴史をもっているのだ。

| | トラックバック (1)

2008年12月21日 (日)

M-1グランプリ 優勝者はNON STYLE!

今年のM-1グランプリ 優勝者はNON STYLE!

最終決勝は、5票を獲得。オードリーの2票、ナイツの0票を抑えての圧勝。
実際、最終決勝では圧勝だったと思う。オードリーも敗者復活の時の勢いあるネタじゃない分チョット損をした感じ。そういう意味では安定力あるパワーはNON STYLEは圧倒的。
正直、オードリーがあのネタと同じくらいのパワーを持ってきたら危なかった・・。そういう意味でオードリーはサンドウィッチマンにはなれなかった。

NON STYLEは、2007年度のNHK「爆笑オンエアバトル」の年間チャンピオンに輝いてその実力は確かなモノ。
ま、フリートークが上手くなることを祈ってます・・。(^^;

個人的には、ナイツが好きなんですが。あのヌルい感じ。
言い間違えだけであれだけネタにしてしまうってところ。

告知・・・。(ってほどではないんですが・・)

明日から11月下旬に行った沖縄旅行、徐々にUPします。
よかったら読んでやってください。m(_ _)m

告知その2・・・(ってすみません)

もうすぐこのブログもアクセス件数1万件を超えます。
いやぁ自分でアクセス件数増やしてるって噂も・・・。

ということで、1万のキリ番の方(前後の方も)教えてください!
お礼というわけではありませんが、なにか考えておきます。。。

ご連絡おまちしております!

| | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

一気コールもこんなのどうよ?みうらじゅんの全日本コール選手権

ここんとこ、ちょっと体調壊して休憩気味の自分です・・。
(と言って、20日のシネマの日 映画1,000円は風邪薬服用しながらしっかり何本か観てきましたが・・)

ということで、ここんとこブログお休み気味の自分ですが・・。
今日はこのネタで。

会社の同僚(本社のO会長と浜松のM女王)からの紹介「全日本コール選手権」が面白いと!
今、日本は全国忘年会真っ盛り、まさに旬のネタですねぇ。

大学生の「一気コール」をいかにバリエーション豊富に色々とネタを盛り込めるか。それを講評するのは、ご存知みうらじゅん氏。くだらねぇネタに、絶妙なコメントを入れるみうら氏が、いやもう面白いですよ!
みうらじゅん氏、こういうつっこみ、この手の輩をいじらせると、天下一品ですなぁ。

必殺技ならぬ必殺コールを、〝キラーコール〟って言うんですって。
あと、女性のかわいいコールを〝エンジェルコール〟略して〝エンコー〟
いやも~、どうっすかねぇ。酒の席ですから無礼講ってことで・・?

しかし。
くだらねぇこと考えますね・・。
下のyoutube「ジグザグ(立教大学)」は比較的、格調ある?なネタですが、下ネタバンバンのチームもあって・・
(個人的には大好物ですが・・・・ ( -_-)ノ☆(*_ _) バシ!! )

もし興味のある方、youtubeで検索してみて・・。

51f4sz5gbjl__ss500__2

|

2008年12月18日 (木)

闘魂注入中のラーメンです。麺屋 空

Blog9085 新潟市港南区の工業団地近くにあるラーメンや、麺屋 空(SORA)。
新潟もけっこうラーメン激戦区です。ラーメン読本も人気のようです。
店の前に看板、闘魂注入中・・、最初は仕入中と読み間違えて準備中かと思って帰りそうになりました・・。

さて昼時のせいか、2名で行きましたが、空席待ち。
でもすぐに席に案内されました。注文は醤油ラーメン 630円
スープは、海の街 新潟の魚だしの和風醤油味。見た目よりもスープがさっぱり系、でもその分 具はしっかりと味が付いています。
チャーシューは肉厚で味も濃厚で美味。煮卵は十分にしみた感じです。
麺はやや細麺の手打ち麺。ただ自分としては、スープと具に比べると少々・・、といった印象。
でも全体のバランスで行けば十分合格点の美味です。

Blog9084

| | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

年賀状・・きらい!

いや、今年も来てしまいました。年賀状の季節。

〝あ~~~気が重い・・・〟

書くというか、作るの正直面倒くさいです。葉書代もバカにならないしね。
政府も緊急経済対策として、
不景気の中、家庭の出費負担を減らすために、今年は年賀状を控えましょう!
とか言って欲しいものです・・。とほほ。

とかなんとか考えているうちに、年賀状作れってか。
会社関係とか、出して数日で顔を会わせるんだし・・。必要ないと思うんだけど、でも出さないと挨拶もしてこないみたいな雰囲気だし。なんかこれで人間関係を計られているみたい。

イヤ、マジで どうなの?
(でも・・結局は面倒くさいの言い訳・・だと反省)

さてさて、ガソリンも年の瀬迎えて、うちの近所は99円と、ついに100円を切りました!半年前の暫定税率で大騒ぎしたガソリン価格よりずっと落ちてしまいました。
この価格暴落、だれが当時予測できましたかね~。このままだとガソリン単価200円間近みたいな雰囲気でしたモノ。
なんかあの時の心配、ナンだったんだろう。

結局 〝人間万事塞翁が馬〟ってことで。

Dscf9067

| | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

スパークリングワインに酔いしれて・・。

基本的にはお酒呑みません、自分。

でも。
先日、会社の同僚のSさん夫妻が、恥ずかしながらの結婚記念日のお祝いにと、スパークリングワインをいただいちゃいました。

で、いつ呑もうかと、虎視眈々と機会をうかがっていましたが、昨日ついに栓を開けてしまいました!ワインは小気味よい発砲音を響かせながらグラスに注がれていきます。
呑みやすい甘口でスパークリングなので調子こいてたくさん呑んでしまったが良いが、いきなりふらふら状態の酔っぱらい化現象。

しかし、とっても美味しいワインでした!

Sさん夫妻お気遣いありがとう

これからもよろしくでっせ。

Dscf9071

| | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

男のプライド渋く?魅せてくれます。特命係長 只野仁 最後の劇場版

330179view002 人気深夜テレビの劇場版。最後の劇場版って今まであったの?
テレビは何度か観たことあります。原作は柳沢きみおさんのコミック。こちらも何度か読みました。
昼間はさえない窓際係長 只野仁は、実は会長の特命を受け、会社の危機を救い、悪を倒すスーパーヒーローってお話。昼はさえなく同僚からはキモがられ、でも夜はどんな闇の敵も女たちにも無敵状態。そのギャップが面白い設定です。

330179view004 で。今回の映画化。相も変わらず、バカバカしいギャグに、たっぷりのお色気、激しいベッドシーンはお約束のようです。今回はアクションにも磨きがかかっていて、サスガって感じだし、赤井英和の役どころも渋く泣かせます(赤井さんのシーン、印象的なのがいくつかありますよ!)、それにテーマは結構高い位置?にあるようですが・・・。例のお約束が、全てをB級映画にしてくれます。

330179view006 と言ってつまらない訳じゃないです。自分は楽しめました。
あまり深く考えずに楽しむ映画だと思います。
時には笑って、寒いギャグにはひいて。シリアスなテーマに考え、渋い演技に泣き、お色気シーンにドキドキして、アクションにハラハラ。そして最後は面白かったよ!とすっきり。こんな感じに割り切って楽しむ映画です。あまり親密じゃない関係で一緒に行くと微妙な空気になってしまう危険性?もはらんでおります、はい。

特命係長 只野仁 最後の劇場版 6.5点 ★★★

Tadano_2_1b

| | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

今年観た映画、自己ベスト発表・・・(邦画編)

続いて、今年映画館で観た邦画のお気に入り度ランキングです。
あくまでも個人的好みが強いので・・ご容赦を。

邦画は今年は43作品観ました、こっちも一杯×3観たなぁ・・。

(やはり洋画と同様に、映画タイトルをクリックするとブログレビューに飛ぶので、年末年始の正月のレンタルDVDの参考にして貰えると幸いでごわす・・・)

ではさっそく・・ ベスト10!

1 パコと魔法の絵本
 〝泣く勇気〟教えてくれますよ♪傑作!
2
 清々しい旅立ちの美しさに感動!〝困ることに〟
3 ぼくたちと駐在さんの700日戦争
 「しょうがねぇなぁ」そんな悪戯。でも良い役者さん揃ってますよ。
4 接吻
 小池栄子の鬼気迫る熱演が光る衝撃の結末
5 フター・クー
 大人の放課後に、実は観客が騙されていた?
6 ザ・マジック・アワー
 何も言う事なしです、大笑いしましょ!
7 休暇
 死刑囚と連れ子の2枚の絵が心を救う
8 相棒-劇場版-
 初めての[相棒]体験,苦戦のGW邦画ではお薦めでした!
9 ハッピーフライト
 あくまでも「ハッピー」がキーワード♪
10 252 生存者あり
 「生存者ありぃ!!」その瞬間,心が震えた。

今年は邦画が豊作でしたね 特に「パコ」と「おくりびと」は良かったです、お薦め。
で、意外にぼくたち~700日戦争」が面白かった、1位になってもいいくらい。
シネコンでやらなそうな作品だけど、「接吻」と「休暇」は機会があったら要チェック

次は 11位~20位です。

11 ガミ 不条理の死の宣告に〝生きる〟尊さを知る
12 西の魔女が死んだ 「おばあちゃん、大好き」「I KNOW・・」
13 クライマーズ・ハイ その事実はあまりにも痛々しく身近なものであった。
14 容疑者Xの献身 「代数の問題に見せかけて微分積分の問題」
15 ガチ☆ボーイ 体に記憶を刻め!
16 神様のパズル 宇宙ってどうやって生まれたの?
17 うた魂(たま)♪ 真剣10代いきます!裸になった時に生まれる感動
18 山のあなた 徳市の恋 情緒溢れる昔の温泉街で湯らっくす・・
19 ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 豪華な妖怪達の妙な魅力お薦めかも!
20 まぼろしの邪馬台国 「まだあんたの仕事があっとです・・。」

満足度の高い映画が、この辺りもまだ集中しているなぁ。 クライマーズハイ、容疑者X、山のあなた、堤真一君はそれぞれ三者三様の役を演じきったのは見事。

そして 21位~30位

21 ハンサム★スーツ
22 L change the WorLd
23 チーム・バチスタの栄光
24 ぐるりのこと。
25 転々
26 私は貝になりたい
27 ICHI
28 フレフレ少女
29 デトロイト・メタル・シティ
30 20世紀少年

ハンサム★スーツは、トップ10に入れたいくらい。チームバチスタ、転々は観てから時間経ったけど、もし最近観たとしたらもう少し上位だったかも。

つい最近映画館で観た「河童のクゥと夏休み」は、実際の封切りが去年だったので、いちおー今回のランクから外したけど、もし入れたらTOP10入りは間違いないとこ。

さて次から観た映画から2009年度のランキング対象としようっと。
(それまでブログ続いているかなぁ)

いかがでしたでしょうか?このランク。勝手でスマソです。

Dscf2306

| | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

今年観た映画、自己ベスト発表?(洋画編)

いよいよ年の瀬、皆さんお忙しいですか?
自分は忙しいです・・・。

でも・・、今年 いっぱい×3 映画観ました

ということで。
今年観た映画の良かったランキングです!まずは洋画編。
洋画は、今年43作品を映画館で見ました。いや~観ましたねぇ。

(映画タイトルをクリックするとブログレビューに飛びますよ、年末年始の正月のレンタルDVDの参考になれば・・・)

まずはベスト10!

1 ダークナイト
 背筋が凍るほどのジョーカーの存在感
2 最高の人生の見つけ方
 残された時間に最高の友と出会い過ごした二人の寓話。
3 カンフー・パンダ
 この夏一のお薦めかも!微妙な表情でニンマリ!
4 魔法にかけられて
 大人のビターなハッピーエンドかも。
5 つぐない
 海辺のコテージの絵葉書に叶わぬ思い刻み・・・・。
6 ウォーリー
 大人の寓話、人間以上の純情が暖かく切ない。
7 バンテージ・ポイント
 まさに息をのむ、ジェットコースター映画
8 ヒトラーの贋札
 贋物を作る本物の男達の物語
9 ペネロピ
 美しく暖かな映像と寓話の秀逸な映画!
10 ナルニア国物語第2章/カスピアン王子の角笛
 2作目からでも楽しめる映像美の名作

〝ダークナイト〟は凄い映画だったなぁ。圧倒的に1位確定。〝最高の人の見つけ方〟は心に残る名作でした。カンフーパンダは期待を全くしていなかった分、良かった度UP!
あとはディズニー系、映像の美しさは流石。ピクサーは見事でした。〝つぐない〟の海辺で兵士達の壮観な映像、凄すぎてまだ鮮明に覚えています。これも凄かった。

次は11位~20位です。

11 スパイダーウィックの謎 大人も楽しめる妖精が可愛くないファンタジー秀作
12 ウォンテッド ウェスリー君はサイヤ人かい?中枢神経痺れぱなし?
13 ゲット・スマート 熱いキスこそスパイ最高の武器と知れ!
14 インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 期待が大き過ぎたのかな。
15  脆いガラス1枚を隔てた白い恐怖と絶望・・。
16 1万 時代考証も考えずにシンプルに楽しもう!
17  〝グッドジョブ!〟最高にイカしたクズ野郎さ!
18 奇跡のシンフォニー 音楽による音楽のための音楽の映画
19 落下の王国 叙情詩は語る相手によって美しく浄化された
20 レッド・クリフpart1 親切な映画、色々と。後編への壮大な予告編

この辺りになると順番もけっこういい加減?〝ミスト〟や〝紀元前1万年〟とかレビューした時点では思いっきり点数低いんだけど、時間が経つと(意外と良かったかも・・)と思えた映画でした。

そして21位~30位

21 セックス・アンド・ザ・シティ
22 スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ
23 デス・レース
24 イーグル・アイ
25 モンゴル
26 ハーフェズ ペルシャの詩
27 ランボー最後の戦場
28 ボーン・アルティメイタム
29 スピード・レーサー
30 インクレディブル・ハルク

デスレースは悩みました。しばらくすれば、もしかして自分の中でベスト10に入るかも?っていう予感あり×2です。あとは、31位以下にはどうしても、苦手なホラー、スプラッター系が集まってしまいました。もちろん!良い映画も多かったですよ!ただどうしても、ほら。ねぇ。自分は血肉が痛々しいのとか・・。ね?ダメ・・・。すみません

次は邦画編です!

Dscf9042

|

2008年12月11日 (木)

日本の美しい情景と伝説に酔う。「河童のクゥと夏休み」

017 夏休み前、偶然小学生の康一が見つけた石になにやら亀の化石のようなモノが。家に帰って洗ってみると・・。水を含んで再生したものは、江戸時代から封じ込まれて時代を超えてやってきた子供の河童であった。

008 現代に蘇った河童と少年家族との暖かな交流、子供のくせに妙に昔気質で律儀な河童 クウは、現代の日本人よりもよっぽど日本人らしいのが可笑しい。家族の表情もコミカルで人間的だ。一番大人の考えを持っているのが、飼犬の〝おっさん〟だというのもシャレている。

004 河童のクウを自然に帰してあげようと、河童伝説のある遠野まで夏休みの旅に出る康一とクウ。その美しい情景、自然の中での戯れ。懐かしくて微笑ましい、そんなシーンに大人は憧憬の想いで画面を見ることになる。色々な苦労と犠牲を重ねながら、最後はクウが自分の居場所を見つける旅に感動、誰もがきっとクウを好きになる。

018 原恵一監督の力は大きい。
映画クレヨンしんちゃんの2大名作といったら「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」と「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」 そのどちらも原監督の代表作である。TV版のしんちゃんとは異なり、大人が感動できる深い内容の映画となっている。その原監督が5年もかけて制作した本作品。

「河童のクゥと夏休み」 8点 ★★★★

Kappa_1_1b

| | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

ハイウェイオアシス ららん藤岡の大勝園で地獄ラーメン!

Dscf9054 ららん藤岡(関越自動車道 藤岡PA)の中にある、大勝園に行ってきました。
ららん藤岡は高速道路からも一般道からも行ける、ハイウェイオアシス。観覧車のあるミニ遊園地から、花の交流館、地場作物の売り場からコンビニまで、そしてラーメン店も3店あります。

Dscf9043 行ったラーメン店は「大勝園」
本店は高崎市新町、国道17号線にある大勝園。ここはそこの支店です。基本はセルフですね。カウンターで注文して、できあがったら番号を呼ばれて取りに行く。水は自分で。高速自動車休憩のお客も来るからでしょうね。

Dscf9050

これが地獄ラーメン。
基本は味噌ベース。麺は手打ち?縮れ麺でちょっと柔らかめ。とにかく野菜が盛り沢山。コーン、キャベツ、タマネギの他色々と入っています。辛さは地獄という名前だけど、ちょっと辛い味噌程度で、普通の人もたぶん全然大丈夫だと思います。

激辛度5点/10点満点

| | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

大人の寓話、人間以上の純情が暖かく切ない。ウォーリー

329124view001 西暦2700年。
荒れ果てた地球に、独り地球に残されたゴミ処理ロボットWALL・E(ウォーリー)。
700年間こつこつとゴミ処理作業を続けていたウォーリー。彼の前に唐突に現れたのが、卵形流線が美しいE.V.E(イヴ)。純朴なロボットの恋と冒険を描く、ディズニーお得意のハートフルなファンタジーアニメです。

329124view005 前半は、ウォーリーがひとり寂しく暮らす日々、そしてイヴと出逢い、そして追いかけ宇宙へと飛び出す。というほとんど会話のないけどロボットの表情と動きだけで情感を表し感情移入できる展開は見事。ウォーリーの切ない表情に胸締めつけられ、イヴの電子瞳の感情表現に女性らしさを見る。

329124view002 さすがディズニー、ピクサーッて感じです。
環境ゴミ問題、デジタル依存症で退化した人間、荒廃した人間社会を痛烈に風刺し、人間がゴミと一緒に地球に置き忘れてしまった愛と情熱をロボット ウォーリーが魅せることで現代の寓話とした。

329124view004 〝手をつなぎたい〟
純情すぎるほどの想いが暖かく切ない。
『ウォーリィィ』『イィーヴゥ』
電子音の片言で発する言葉が耳から離れない。
大人こそ観て忘れていた想いを感じて欲しい、そんな心に響く名作であることは間違いない。

「ウォーリー」 8点 ★★★★

Wall_e_1_1b

| | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

こんな友情もあるって話です。28年も前になるんだね。

今日はビートルズの曲を聴く日。

ジョン・レノンはビートルズ解散前後、そしてしばらくはポール・マッカートニーを中傷するコメントをしばしば出していた。名曲の多いポールの曲も、「イエスタディ」位しか良い曲がないとばっさり切り捨てた。
ジョンとポールの確執は有名で、ビートルズ解散後公の場に二人揃って出ることはなかった、ついに。

でもジョンは、自分以外の人間がポールの悪口を言うことは一切許さなかった。いかなる親しい人でも。
「ポールの悪口を言っていいのは俺だけだ。他の奴が言うのは許さない」
「ポールは弟なんだ。兄弟げんかみたいなものさ。」

そしてジョン・レノンは語った。
「俺が音楽業界で達成した偉業はひとつ。『ポール・マッカートニー』を発掘したことだ」

12月8日はジョン・レノンが凶弾に倒れた日。28年前の今日。

(ちなみに、自分はジョンの作った曲では「Yes it is」、ポールでは「Here there and everywhere」が好きであります、ケロロ軍曹・・)

31b3eqjew4l__ss500__2 

| | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

「生存者ありぃ!!」その瞬間,心が震えた。「252 生存者あり」

07_large 不器用な中古車販売員の篠原祐司(伊藤英明)。誕生日を迎える愛娘と銀座で待ち合わせの時。ソレは突然に起こった。

関東沖を襲った直下型地震の影響で海水温度は急激に上がり、海上で巨大台風が発生した。史上最大の台風が・・。東京を襲いかかる突然の巨大な雹、そして高潮が一気に都会を飲み込む。崩壊する東京・・・。パニックとなり、地下に逃げ込んだ市民を追いかけるかのような鉄砲水。

14_large そして5人の生存者。
ひねくれた研修医(山田孝之)、子沢山のベンチャー社長(木村祐一)、韓国出稼ぎの銀座ホステス(MINJI)、そして聾唖の愛娘(大森絢音)の好演が光る。
閉ざされた地下構内の世界で、それぞれの人生ドラマを絡ませながら、生への希望を募らせる。
「ここから生きて還りたい!」

17_large 助けたい、助かりたい。未曾有の台風の猛威の中、脱出と救出の緊迫した熱演が続き画面に釘付けになった。
そして・・クライマックス。
疲弊しきったレスキュー隊が声を振り絞って叫ぶ。
「生存者ありぃぃ!!」
その瞬間、ゾクッと心が震えた。

Sub5_large 多少感動の押しつけを感じてしまうくどさを感じてしまったが、命を賭けて救出に取り組むハイパーレスキュー隊に感動を覚えた。

新潟中越地震の時の奇跡の救出劇(2歳の男の子の救出劇)の感動から生まれたというこの映画。その気持ちが痛いほど伝わってきた。思っていた以上に感動しました。

「252 生存者あり」 8点 ★★★★

252_2_1b

| | トラックバック (1)

2008年12月 6日 (土)

日本の美しい四季が彩るあまりに不条理な悲劇に涙・・「私は貝になりたい」

006_2 感動の名作をリメイクした人間ドラマ。
赤紙招集された清水豊松(中居正広)が、上官の命令で犯した罪をB・C級戦犯として裁かれる不条理な悲劇を切々と描きます。今までの2作と異なり、家族愛に焦点を当てているそうだけど、基本は戦争という過ち、不条理な裁判に翻弄される、平凡だった一市民の悲劇。

013 生きるということ。
絶望の囚となった豊松が暮らす監獄で、かすかな希望を心の支えにして不安に怯える日々。そんな監獄に四季は繰り返し・・。監獄の中で創り出された人間関係が〝生〟への執着心を増していく。「生きてここを出たい。」

014 キャスティングで中居君の演技は良かったですね。ただ足が不自由で挫折の人生を繰り返した〝ついていない〟男 豊松を演じるにはかっこよすぎたように思う。フランキー堺さん、所ジョージさんとの最大の違いはここ。これは本人の責任ではないし、本人は精一杯演じていただけに残念だった。
やはり豊松はさえない男でそれでいてついていなくて哀愁がある、そんな男だと思う。

147429_kai_ga03 家族愛を追求しすぎたため、結婚するまでと、署名を求めてと、〝がんばっています!〟過剰なシーンが大げさに感じてしまった。この家族は時代背景もあり、自己の悲哀すらをも抑えこむ、もっと耐える家族なのではないか。

全体に流れる戦後日本の情景、日本の四季が美しい映像として目と心に刻み込まれた。

「私は貝になりたい」 7点 ★★★☆

Kaininaritai_1_1b

| | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

焼肉と鬼太郎のコラボだよ!「安楽亭」 ナイスな企画?

Dscf9025 今日は焼肉屋です・・。
毎日美味しい物ばかり食べてるみたいですが・・かなりの撮りためでして。
と言い訳しながら・・。
安楽亭 本庄店。安楽亭は埼玉発信の焼肉チェーン店。そこで映画「ゲゲゲの鬼太郎」とのコラボ企画の商品を年末までやってるみたい。メニューと一緒に、鬼太郎関連の特別メニューがコレ!

Dscf9022 まずは「大辛地獄のユッケジャンスープ」
辛さは5段階、一番辛い地獄の5丁目がコレ。そもそもユッケジャン自体が辛口なんで、激辛レベルっていわれても「ああそう」って感じで特に辛~い!って感じじゃないです。韓国料理のスープは色々なスパイスと具が入っているので単に辛いだけじゃなくって玉子の甘さとかもあって味も複雑で美味しいですね。好きです。

Dscf9037 で、これが名実ともに「目玉」!
「お風呂のおやじアイス」ご覧の通り、鬼太郎の「目玉のおやじ」がアイスになってます。小倉小豆のお風呂にアイス、それに白玉、そしてりんごのスライスを足に見立てています。
見事な造形美。まさにおやじだよ!
「おい!鬼太郎!」
お父さん、いただきます。。

| | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

群馬藤岡「だいとうえん」 名前は地獄ラーメン激辛だけど、美味しい辛さです。

Dscf9019帰宅途中にある藤岡市、ちょっと寄り道になりますが、めん処 だいとうえんというお店に行きました。
お店の横の小径から入っていくと入り口があります。おしゃれでちょっと料亭っぽい感じでラーメンとしては敷居が高そうかな?と躊躇しながら入店。

Dscf9008店内は広々として落ち着いた感じです。円卓になったテーブル席がひとつ。
そして窓に沿って座敷席が仕切られてます。群馬の激辛(こればっか・・)で有名な空っ風らーめんの姉妹店なんでしょうか?お品書きに空っ風ラーメンってのがありました。でもお目当ては地獄ラーメン、辛さは4段階中一番辛い激辛で!

Dscf9016_3

 

 

 

 

 

 

 

 

で。
これが地獄ラーメン激辛。真っ赤なスープに豚肉が2枚、チャーシューって言うより焼き肉みたいです。その上に唐辛子の細切りが乗ってます。
麺は中太麺、あまり太麺系は得意じゃないですがコレ美味しいです。縮れ麺なので赤いスープに絡まって良い感じです。スープは濃厚な味噌のせいか、見た目ほど辛くありません。実際、食べ終わるまで水は全然飲まなかったんで、ほとんど辛くなかったと思います。と言って美味しいラーメンでした。
この激辛は、普通の辛いモノ好きな人でも無理せずに食べられる辛さです。お奨めですね。
激辛度 6点/10点満点

| | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

上野のB級グルメ「肉の大山」 29日は肉の日サービス!

ちょっと前だけど、11月29日は土曜日だけど会社の稼働日。この日は東京の事務所での月末処理でした。この日の昼食は折角の土曜だし、同僚の魔神BOOと足を伸ばして上野アメ横まで行こうと、買い物客でとっても賑わうアメ横の中を通って、お目当ての肉で有名(BOO情報)大山へと向かいました。

Dscf2608 上野駅近くの大山、店先では良い匂いをさせて揚げ物を売っています。店前にテーブルもあったりして、買い食いする人もいます。「やみつきコロッケ」50円、「やみつきメンチ」100円。美味しそうです。(実は、帰り際に買って食べました!とってもジューシーで美味しかったです)
肝心の店内は10名ほどの待ち状態、名前を書いて待つことしばし、すぐに席に着けました。

Dscf2606 この日は29日、肉の日ということで、大山ステーキ(150g)290円、大山ハンバーグ(180g)290円、大山カレーも290円と、とってもお得な日♪
自分は大山ステーキとカレー、BOOはハンバーグとカレーを選びました。いずれも併せて580円!この値段、どんな肉かと思いましたが、お肉専門店だけあって美味しい肉でした。まさにB級グルメの名店です!

| | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

近未来のオイル臭い殺戮レースに放心。「デス・レース」

331508view003 時代は2012年。
経済破綻の米国は過去最大の失業率で犯罪多発、犯罪者を収容しきれず刑務所も民間委託へ。そんな民営刑務所のひとつ、ターミナル刑務所は、営利目的で所内で繰り広げられる過激なカーレース「デス・レース」をTV放映し、人気番組となっている。
高視聴率を維持するために、さらに過激度を増していくデス・レース。
元凄腕のカーレーサー ジャンセン(ジェイソン・ステイサム)は妻殺害の濡れ衣で刑務所へ。そしてあるレーサーの身代わりで・・。

331508view011完全武装の重厚な車輌が、メタリックな焦げ臭さを画面一杯に振りまきながら、破壊し続けるデス・レースは迫力満点。ジェイソンばりのマスクマンが獲物を追うように攻撃すれば一層緊張感が高まってくる。
ストーリーなんか気にならないほどのスピーディーで豪快な展開、制作側もエンターテイメントで割り切っていて心地良いです。
最後のハッピーなエンディングも違和感なく、これもありかなって感じです。

331508view025 スーパーファミコンのゲームで例えるなら。
スピード・レーサーがF-ZEROなら、このデス・レースはマリオカートかなぁ。随分昔のゲームだから、知っている人は納得してもらえると思うけど。
渋い男臭いの映画だけにナビ役のケース(ナタリー・マルティネス)の美しさ、女所長役のヘネシー(ジョーン・アレン)のクールさが際立ってました。

「デス・レース」 6.5点 ★★★

Death_race_1_1b

| | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

本庄いちご家の豚骨らーめん

Dscf2619 いちご家っていってもフルーツの苺じゃありません。埼玉北部の本庄市にあるとんこつ専門店、「らあめん いちご家」に家人と行ってきました。
(一期一会(いちごいちえ)の〝いちご〟だそうです・・)
日曜の12時チョット前に行きましたが、駐車場も台数少ないこともあってすでに満車状態。どうにか停めての入店です。

Dscf2614 メニューは、とんこつとつけ麺の2本柱。(画像で見えるかな?クリックして拡大すると分かるかも)とんこつが「醤油」と「塩」と「ごま辛」味です。麺は、細麺、極細麺、太麺の3種類が。家人も同じ「醤油とんこつらーめん」の細麺を選択です。麺の硬さは、自分はカタ、家人はヤワを選びました。麺の硬さは7種類から選ぶんですね。「粉おとし」って噂には聞くけど・・。

Dscf2616 で、これが醤油とんこつらーめん。見た目よりスープがさっぱりして甘さも感じるくらいに美味しいです。いやな匂いもなくすっきりした濃厚さっていうのかな。チャーシューはとろとろで味は深いです。玉子も美味しかった。麺はもうちょっと硬いのを選んでも良かったかもしれない。とんこつに力入れてるだけあり!の味です。
この店、店員の接客がとても気持ちいいです。カウンターに着くと荷物を入れるかごを持ってきてくれました。注文もすぐに反応してくれます。お客に目がいく感じがよく伝わってきます。ご馳走さまでした!

| | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »