« プチグルメ~沖縄のお茶、ブクブク茶で口は泡だらけ!?~ | トップページ | 皆さま、良い年を迎えられますように♪ »

2008年12月30日 (火)

予告編以上でも以下でもない。地球が静止した日

01_large 宇宙からメッセージを持ってクラトゥ(キアヌ・リーヴス)がやってきた・・。
戸惑う地球側は怯え、そして彼を・・・。
国防長官が問う。
なぜ我々の惑星へ
クラトゥが逆に問う「君たちの惑星
予告編の壮大な映像の数々、そこから映画への期待感がふくらんだ。

02_large ストーリーの導入部分は〝なにが起きたんだ?〟
その緊張感溢れる展開、次々と起きる出来事に引き込まれた。
序盤は生物学者ヘレン博士(ジェニファー・コネリー)の視点から〝一連の出来事〟が劇的に絶望的に展開していく。

04_large しかし徐々にその緊張感も薄まって・・。
クラトゥにとっての唯一?の理解者ヘレンとその義子との逃亡?の旅の間に、地球は攻撃を受ける。テレビや劇場予告編で流れた、スタジアムやトラックの消滅するシーンは確かに凄いけど。

005メッセージ性の高い作品で、地球環境と平和への警鐘。しかしそれがあまりにも直接的で少々押しつけられている感じ。それを一番感じるべきアメリカ人はどう捉えたのかなぁ。
クラトゥがヘレンの紹介で出逢ったノーベル賞教授と、地上では未だ解けない難問を黒板で解き合うコミュニケーションの取り方は、印象的だった。
最後に。ジェニファー・コネリーはキレイで魅力的した(*^_^*)

「地球が静止した日」 5点 ★★☆

Earth_still_2_1b

|

« プチグルメ~沖縄のお茶、ブクブク茶で口は泡だらけ!?~ | トップページ | 皆さま、良い年を迎えられますように♪ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予告編以上でも以下でもない。地球が静止した日:

« プチグルメ~沖縄のお茶、ブクブク茶で口は泡だらけ!?~ | トップページ | 皆さま、良い年を迎えられますように♪ »