« 歴史に触れなくちゃね!南国 沖縄の2泊3日の旅です。(一日目後編) | トップページ | 歴史に触れなくちゃね!南国 沖縄の2泊3日の旅です。(二日目後編) »

2008年12月24日 (水)

歴史に触れなくちゃね!南国 沖縄の2泊3日の旅です。(二日目前編)

11月24日(月)

Dscf2328

オーシャンビューのホテルのテラスから海を眺める。まだ日の出前の蒼い海が静かに波の音を遠く響かせている。白い砂浜がうっすらと浮かび、海もエメラルドの輝きを放ち始めた。
沖縄の朝、二日目。

Dscf2335

今日の予定は、ナゴパイナップルパーク、琉球城(蝶蝶園)、海洋博記念公園(美ら海水族館)、座喜味城跡(世界遺産)、琉球村。天気は曇り空だけど、雨が心配な空模様。

■■ナゴパイナップルパーク■■

Dscf2339 まず最初は「ナゴパイナップルパーク」。ホテルみゆきビーチから国道58号線を北上。

Dscf2341 名前の通り名護市にあるこの観光農園、園内に自動運転カートでぐるりとトロピカルガーデンを周遊するらしいが、我々ツアー客は乗せて貰えなかった(時間の関係?)。その代わり、園の関係者が案内として歩いて行ける範囲で説明してくれた。椰子の木に囲まれたパイン畑は南国ムードたっぷり。

Dscf2349 展示ギャラリーを通って、試飲&試食コーナー(パインのワインとか)、パイナップル食べ放題(ちょっと時期的に酸っぱかったかな)、そしてお土産コーナーへ。ここだけのお土産も多くて売店は賑わっていた。

  

  

■■蝶蝶園■■

Dscf2354ナゴパイナップルパークを後にして、海洋博記念公園へと足を向ける。記念公園間近に次の立ち寄りスポット「蝶蝶園」がある。蝶蝶園から海洋博記念公園の熱帯ドリームセンターの建物が見えるくらいすぐそば。
Dscf2356

ハウスの中に入ると熱帯植物が。そしてその花々に蝶蝶が本当にたくさん。蝶蝶が苦手な人は全然ダメでしょうね、ここ。本当にうじゃうじゃいる。それも人を避けずに寄ってくる。自然と肩や手のひらに乗ったりする。不思議な世界。

Dscf2361

  

■■美ら海水族館■■

Dscf2373次がいよいよ目玉の海洋博記念公園美ら海水族館(ちゅらうみって読みます)を中心として各専門館群。色々と見所が多いので、ツアーの限られた時間だと見切れない。ということで美ら海水族館へ早速入場。 タッチプールでは、なまこやヒトデに触れる。なまこは恐る恐る・・・触りませんでした。で、水槽ごとの魚や珊瑚を鑑賞しながら、下へと降りていく。

Dscf2375

Dscf2386

そして「黒潮の海」と言われる世界最大級の巨大水槽に群泳する魚群。ジンベエザメ、マンタ。その大迫力。パノラマ水槽が目の前に広がり、悠々と泳ぐ様は圧巻。しばしその雄姿に見とれる。

Dscf2387

Dscf2391

Dscf2399 そのあと公園の北側にあるエメラルド・ビーチへ足を向けた。コーラルサンドのビーチとしても有名で、天気がよいとエメラルドの色が鮮やかだそうだが、あいにくの重い雲で、海の輝きも残念ながら楽しめなかった。いよいよ空模様は怪しくなってきた。

Dscf2408 次は昼食。場所はゴーヤーハウス、ゴーヤー料理の専門店だとか。ゴーヤーって独特の苦みがあって食べ慣れていないと馴染みにくそうだけど。さて海洋記念公園からバスで移動して約30分。バスから降りると頭に雨がぽつり。いよいよかな。
Dscf2409 メニューは「アグーの生姜焼き定食」。
「アグー」とは琉球在来種の豚。沖縄の豚肉料理の基本だ。その鉄板焼きとアグーのゴーヤチャンプルー、もずくの酢の物、アグーの豚汁とアグーづくし。アグーはあっさりした食感で美味しいです。
食べていると外はいきなりのスコール!屋根から窓へと滝のように凄い雨量に〝あ~あ〟と気持ちもへこむわぁ~。

|

« 歴史に触れなくちゃね!南国 沖縄の2泊3日の旅です。(一日目後編) | トップページ | 歴史に触れなくちゃね!南国 沖縄の2泊3日の旅です。(二日目後編) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史に触れなくちゃね!南国 沖縄の2泊3日の旅です。(二日目前編):

» 沖縄馬鹿 [沖縄]
今日は最近の個人的に話題の沖縄について語ります。私の周りでは沖縄について話す機会... [続きを読む]

受信: 2008年12月25日 (木) 02時34分

« 歴史に触れなくちゃね!南国 沖縄の2泊3日の旅です。(一日目後編) | トップページ | 歴史に触れなくちゃね!南国 沖縄の2泊3日の旅です。(二日目後編) »