« 焼肉と鬼太郎のコラボだよ!「安楽亭」 ナイスな企画? | トップページ | 「生存者ありぃ!!」その瞬間,心が震えた。「252 生存者あり」 »

2008年12月 6日 (土)

日本の美しい四季が彩るあまりに不条理な悲劇に涙・・「私は貝になりたい」

006_2 感動の名作をリメイクした人間ドラマ。
赤紙招集された清水豊松(中居正広)が、上官の命令で犯した罪をB・C級戦犯として裁かれる不条理な悲劇を切々と描きます。今までの2作と異なり、家族愛に焦点を当てているそうだけど、基本は戦争という過ち、不条理な裁判に翻弄される、平凡だった一市民の悲劇。

013 生きるということ。
絶望の囚となった豊松が暮らす監獄で、かすかな希望を心の支えにして不安に怯える日々。そんな監獄に四季は繰り返し・・。監獄の中で創り出された人間関係が〝生〟への執着心を増していく。「生きてここを出たい。」

014 キャスティングで中居君の演技は良かったですね。ただ足が不自由で挫折の人生を繰り返した〝ついていない〟男 豊松を演じるにはかっこよすぎたように思う。フランキー堺さん、所ジョージさんとの最大の違いはここ。これは本人の責任ではないし、本人は精一杯演じていただけに残念だった。
やはり豊松はさえない男でそれでいてついていなくて哀愁がある、そんな男だと思う。

147429_kai_ga03 家族愛を追求しすぎたため、結婚するまでと、署名を求めてと、〝がんばっています!〟過剰なシーンが大げさに感じてしまった。この家族は時代背景もあり、自己の悲哀すらをも抑えこむ、もっと耐える家族なのではないか。

全体に流れる戦後日本の情景、日本の四季が美しい映像として目と心に刻み込まれた。

「私は貝になりたい」 7点 ★★★☆

Kaininaritai_1_1b

|

« 焼肉と鬼太郎のコラボだよ!「安楽亭」 ナイスな企画? | トップページ | 「生存者ありぃ!!」その瞬間,心が震えた。「252 生存者あり」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の美しい四季が彩るあまりに不条理な悲劇に涙・・「私は貝になりたい」:

« 焼肉と鬼太郎のコラボだよ!「安楽亭」 ナイスな企画? | トップページ | 「生存者ありぃ!!」その瞬間,心が震えた。「252 生存者あり」 »