« 勝人の目指した海、春海に見せたかった海「ヘブンズ・ドア」 | トップページ | 久々の?新潟ラーメンブログか?石や磋のとんこつ正油ラーメン »

2009年2月14日 (土)

名盤の旅~「ホモジェニック」時として狂気、でも純粋なまでに透き通る ビョーク「ヨーガ」

ビョークというミュージシャンはなかなか難しい。
特にインタビュアーとの暴行事件の数々、武勇伝のように語られたりするけど・・。
やっぱ、奇行だよね。おかしい。
掴みかかったり、殴りかかったり、Tシャツ破ったり。

それに狂信的ファンの爆弾自殺事件も衝撃的。

アイスランドで生まれた彼女は幼少期フルートを習い、12歳でデビュー。
その後バンドを経て、ソロに至る。

「ホモジェニック」というアルバムは衝撃的だった。
インパクトあるアルバムジャケットもさることながら色々な音楽要素がリミックスされ。
まさにビョーク・ワールド炸裂だった。

519mdpe8lwl__ss500_

1. ハンター 
2. ヨーガ 
3. アンラヴェル 
4. バチェレット 
5. オール・ネオン・ライク 
6. 5イヤーズ 
7. イマチュア
8. アラーム・コール 
9. プルートウ 
10. オール・イズ・フル・オブ・ラヴ
(1998/2/4)

そんな中の1曲、「ヨーガ」
とってもキレイな曲です。彼女の歌も神秘的だし。
彼女の感性が瑞々しいばかりに輝いている、本当に才能のある人だと思う。
天才なんだろうね。だから奇行も多いのかなぁ。
顔立ちが日本人に似ているってことで、日本に対して興味も深いらしく、三島由紀夫を読んでたらしい。

|

« 勝人の目指した海、春海に見せたかった海「ヘブンズ・ドア」 | トップページ | 久々の?新潟ラーメンブログか?石や磋のとんこつ正油ラーメン »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名盤の旅~「ホモジェニック」時として狂気、でも純粋なまでに透き通る ビョーク「ヨーガ」:

» ゴールデンスランバー【伊坂幸太郎】 [本・月のうさぎ堂]
俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている? 首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、国家的陰謀から逃げ切れるのか? 二年ぶり千枚の書き下ろし大作。 [続きを読む]

受信: 2009年2月14日 (土) 23時02分

« 勝人の目指した海、春海に見せたかった海「ヘブンズ・ドア」 | トップページ | 久々の?新潟ラーメンブログか?石や磋のとんこつ正油ラーメン »