« 名盤の旅~「空の飛び方」心地よい言葉が心地よい声に乗せて「空も飛べるはず」スピッツ | トップページ | 桜 偲ばず、桜の宴 »

2009年3月31日 (火)

動物の柄のお話

このブログに時々出てくる新潟のタマという天然の男の話は、ネタが尽きない。

最近、JR新潟駅構内にビックカメラがオープンした。

自分「新しいビックカメラでなんか買ったの?」
タマ「ビックカメラで携帯充電器買ったんですよ」
自分「ヨドバシカメラよりも安いの?」
タマ「いやぁそれわかんないッスよ。ただ種類が多いんです」
自分「へぇ、充電器でも色々なのあるんだ」
タマ「動物柄の充電器。・・象柄のとか」
自分「へ?象柄?象ってグレー一色じゃない?」
タマ「あ、ヒョウ柄です」

この話はしばらくしてまた続く。
自分「他にも動物の柄ってどんなのあるの?」
タマ「え~。そう言われると思い出せないですねぇ・・」
自分「だって動物の柄がたくさんあるんだろ?」
タマ「そうなんですけど・・あ!」
自分「お、思い出したか?」
タマ「キリンさん!」

いい歳した男がキリンさんはないだろ、
キリン「さん」は・・。

Dscf0001_2 

|

« 名盤の旅~「空の飛び方」心地よい言葉が心地よい声に乗せて「空も飛べるはず」スピッツ | トップページ | 桜 偲ばず、桜の宴 »