« 花と緑のぐんまづくり2009~ふるさとキラキラフェスティバル | トップページ | ナバホラーメンで暑さ克服の「つけ麺&ミニカツ丼」&コアなお薦めCD♪ »

2009年5月27日 (水)

癒しと微笑みの韓国家庭料理にK教授もメロメロ「仙台・韓国家庭料理ジャント」

Dscf5121 ここんとこ仙台のネタ・話が続きます。
なんと言っても東北最大の都市、でかいし奥が深い。道が広いし緑も多い。それに文化の違いもあってなにげに面白い。といっても食べるネタが続きますが。どうしても興味がそっちに行くのか・・。

Dscf5134 ということで会社の同僚、K教授とともに前に一度行った「韓国家庭料理 ジャント」に行きました。この韓国料理店、とびっきり味が良いというわけではありません。本物の味しか認めぬ男、K教授の惹かれるポイントは、このお店の素晴らしい接客サービスです。

 

ランチメニューから自分が選んだのはこちらのプルコギ丼
国産牛肉を使用して700円とお得な価格。わかめスープとフリードリンク(セルフ)がつきます。牛肉と春雨、野菜がしっかりとタレの染み込んだ感じで、その上に目玉焼きが載っています。

Dscf5123

Dscf5131 店員さんの「かき混ぜて召し上がってください」という笑顔の説明に従ってスプーンでグチュグチュと。このお店の店員は、皆さんとっても笑顔がステキです。どんなに忙しくてもお客様への笑顔を忘れません、挨拶も口だけじゃなく、客に向かって
ありがとうございます!

 これは一緒に行ったK教授、注文のダッカルビ丼
辛みがしっかりとこれは美味しそうです。(実際に一口戴きました)
K教授は厨房の女性がいたくお気に入りになったようで、しきりに褒めまくりです。
「性格を(とっても)良くしたマルシア」だと言ってました。

Dscf5127_2

Dscf5133 これはダッカルビ丼をグチュグチュにかき混ぜたところです。
このお店、青葉区中央にあるのですが、K教授いわく北目町通り界隈No.1の店だ!とのこと。『次からはこの店を「北目1」と呼ぶことにする!』と心に誓ったようです。

 
最後にお店の人と話す機会もできたので、我々下心丸出しのの親父二人は、ブラックリストに載ったとも知らずに、のこのことご機嫌でまたこの店に行ってしまうのでしょう。あの笑顔を求めて・・。
はい、たぶん。

■韓国家庭料理 ジャント

|

« 花と緑のぐんまづくり2009~ふるさとキラキラフェスティバル | トップページ | ナバホラーメンで暑さ克服の「つけ麺&ミニカツ丼」&コアなお薦めCD♪ »