« ナバホラーメンで暑さ克服の「つけ麺&ミニカツ丼」&コアなお薦めCD♪ | トップページ | ハバネロより強力なサドンデス使った辛つけ麺はマジ辛~「仙台つけ麺 おんのじ」 »

2009年5月29日 (金)

悩む時あるんです、映画は字幕か吹替か・・

配給会社&シネコン一押しの洋画は、字幕と吹替とで上映されますが、どっちを見るかで悩むときがあります。

「え?そんなの字幕でしょ、映画ファンなら字幕だよ!」

と言われそうですが。
字幕って、文字を目で追ってる時、肝心の映像をついおろそかにしてしまって・・。話の核になる部分を見逃してそうで。
その点吹替版だと、耳からはいる情報と目からはいる情報を巧く分けられるんで。
つまり器用じゃないのかなぁ、自分は。

先日観た「天使と悪魔」
これも吹替版にすれば良かったのかなぁって思ってしまいました。最初、色々と難しい話(反物質とか)が続いて、それを文字で読んでるウチに映像と巧くリンクしていないことに気づいたんです。映画を楽しんでいないような・・。

でも。吹替版って声のイメージで雰囲気変わっちゃいますよね。それは致し方ないかもですが、口パクに合わせた文字数にうまく表現を変えなければならない制限もあるので、伝えきれない内容もあるんでしょう・・。

まぁ。一番良いのは英語ヒアリング能力を高めて、字幕を観ないで字幕版を観ればベストなんでしょうけど。それは叶わぬ夢。

Dscf4423

|

« ナバホラーメンで暑さ克服の「つけ麺&ミニカツ丼」&コアなお薦めCD♪ | トップページ | ハバネロより強力なサドンデス使った辛つけ麺はマジ辛~「仙台つけ麺 おんのじ」 »