« 浜松・静岡行脚の旅その1「浜松でカレーのお店」 | トップページ | 浜松・静岡行脚の旅その3「駿府公園」 »

2009年6月25日 (木)

浜松・静岡行脚の旅その2「浜松で地元の美味しい魚のお店」

Dscf5618 さて浜松での仕事も終了(早!一体何をしたの??)。え?浜松で何をしたの?それは秘密です。ひとつ言えることは、たいした仕事じゃないって事です、はい。もはや私の興味は夕ごはんを食べるのを浜松か次の移動地静岡か。思案してる時に浜松勤務先のM女王さまから優しいお言葉。

Dscf5617 M女王さまがなんと夕ごはんにお付き合いしてくれる!ってことで、テンションも上がってきました。「女王」ってなんの女王かというと大のお笑い好きのMさん、しかもコアなお笑いファン(*^_^*)。時々彼女から新情報を得ております。夜ごはんで行ったお店は帰路にある浜松駅に隣接したメイワンにある「魚がし鮨」です。

まずは握り「菫(すみれ)」です。握りが10かん。「魚がし鮨」は静岡県沼津を中心に東京~静岡でチェーン展開しているようです。そもそもこのM女王と静岡のO会長(お笑いの会長)からコアなお笑いネタを教えて貰うことが多いっす。最近だと、みうらじゅんの「一気コール選手権」!
(以下、昨年12月に紹介した記事です↓)
http://lastsmile.cocolog-nifty.com/lastsmile/2008/12/post-6fee.html

Dscf5622

う~ん折角の美味しい料理の紹介もみうらじゅんのネタ絡むとどうか。ということも気にせずに次は「自家製あつあつ玉子焼き」です。コレまじ美味い!!玉子焼きって馬鹿に出来ない美味さ、驚きました。

Dscf5626

続いては静岡名物の黒はんぺんを使った「黒はんぺん焼き香ばしく焼き上げたばかりのはんぺんにレモンを搾っていただきます。この黒はんぺん、美味しいお店とそうじゃないトコとはっきりしてますね。ここは美味しい!
そうそう。M女王のお気に入りの「天津 木村」の「あると思います!」と言いたくなる美味しさ。

Dscf5631

そして最後は「生桜エビの刺身」。まさに静岡じゃないと味わえない一品です。生桜エビの柔らかな甘さとしゃきっとした口触り。これは体験しないと美味く表現できない味です。

Dscf5633

Dscf5580 いや、静岡、旬の海の素材を堪能しました。それに久しぶりにM女王とも色々な話ができて懐かしい話にも花咲きました。ちょうど一年前は、会社の新システムのスタッフの一人として何度も高崎まで出張して会議に参加してくれたりしました。高崎の一二三食堂のちゃあぱんも懐かしいよね。

また高崎にきてね。ということで駅でお別れして、宿泊先の静岡市に向かいます。
(浜松駅新幹線構内にある河合楽器のコーナー)

|

« 浜松・静岡行脚の旅その1「浜松でカレーのお店」 | トップページ | 浜松・静岡行脚の旅その3「駿府公園」 »