« 美しい圧巻、新たな宇宙伝説に『長寿と繁栄を』。「スタートレック」 | トップページ | 壮烈なそして暗澹たる人間VS機械の未来戦争「ターミネーター4」 »

2009年6月 7日 (日)

またまた来ちゃいました、仙台「韓国家庭料理 ジャン・ト」

Dscf5226 性懲りもなく、仙台勤務のK教授とともに「北目1」こと韓国料理ジャン・トに何度となく足を運んでおります。この頃はお店の人からも、いちおー警戒もされつつ顔しっかり覚えられて温かく迎えられ、K教授もご満悦の様子。カウンターに人がいようが構わずカウンターへ。

Dscf5229 最初はテーブルも空いてますよ、と声もかけて貰いましたが、K教授の揺るぎないカウンター席への執着を見抜き、「カウンターですよね」と。あれほどタバコの煙の嫌いなK教授も、隣の客が喫煙にも沈黙。「そこまで!」と彼の熱い思い入れが伝わってきます。

Dscf5221 これまでいくつか注文したモノを紹介します。写真の「冷麺」は、メニューにも書いてありますが、盛岡麺とソウル麺のどちらかを選択。これはソウル麺です。ソウル麺の方が細いそうです。細いけど弾力のある麺です。でもここのソウル麺は、安いゴム麺と違って美味しい!

Dscf5219

Dscf5247 これは前にK教授が注文した「ダッカルビ丼」の激辛ヴァージョン。K教授がお店の人と話題作りでこっちの話ネタを振ってきます。「この人、辛いの強いんですよ!」ということで、「激辛」をなんとなく注文することに。写真じゃ違いは分かりませんが、かなりキてます。

Dscf5233

Dscf5238 そんな人を餌にしているK教授は、お店の人に「身体に良くって美味しいですよ♪」と薦められて、ニコニコして注文したサムゲタン(参鶏湯)。韓国風の漢方おかゆです。でてきたサンゲタンは写真では分かりませんが、グツグツ煮えたぎってました。K教授、一言「美味い!!」

Dscf5244

これはマジ美味そうでした。じっくりと煮込んだ鶏丸ごと、それに高麗人参とか薬膳食材が一緒に塩こしょうで味付けるらしいです。韓国の夏バテ対策料理として人気だそう。

最近では昼前になると、店の名前も言わずに、「今日は癒しにする?」の一言で決まります。「独身に戻りたい」とぼやくK教授に引き連れられて、しばらくは癒しの韓国料理のステキな笑顔に逢いに通うことでしょう。

|

« 美しい圧巻、新たな宇宙伝説に『長寿と繁栄を』。「スタートレック」 | トップページ | 壮烈なそして暗澹たる人間VS機械の未来戦争「ターミネーター4」 »