« 直球の表現で心の琴線に響く「生きるススメ」戸田誠二著 | トップページ | 浜松・静岡行脚の旅その1「浜松でカレーのお店」 »

2009年6月23日 (火)

東京日本橋事始め

Dscf5475 新潟の業務委託イベントの道路申請(平たく言うと観光チラシを日本橋の道路で配る許可)で、日本橋警察署に行ってきました。リスク管理のプロ Sさんも付きあってくれるとのこと、で東京日本橋散策のはじまり。まずは都選定歴史的建造物の三菱倉庫は船体を思われる昭和5年の建設。

Dscf54762 最初に断っておきますが。。これは仕事ですので、はい。勤務先の東京事務所から2駅区間の日本橋なので、食後の運動と日頃の運動不足解消のために歩いて行きました。久々の東京散策で仕事の目的もそっちのけでキョロキョロと。さて郵便発祥の地には郵便制度の父、1円切手の前島密の胸像。

Dscf5482_2 さて中央警察署に書類の手続もなんとか終わりました。この警察署も分かり難いところにあって、ちょっと探しました。たぶん一人だと辿り着けませんでした、はい。Sさん感謝ッス。ということで今回の目玉は、国道1号線の起点を見ること(仕事じゃないんかい!)。

Dscf5490 やってきました、日本橋。日本橋川にかかる中央通りのこの橋が日本の道路網の始点となっているそうな。 花崗岩製の第十九代の日本橋は明治44年に架橋されたもので、かなり歴史のある橋で重要文化財となっている。ただその上を首都高速道路が走っていて頭上が狭々しい。

Dscf5486

Dscf5484

Dscf5492 日本の道100選にも選ばれている中央通りには記念碑が建てられています。日本橋は1603年(慶長8年)だから関ヶ原の戦いの頃ですね。いやぁ古い歴史。色々と説明が書かれています。そして道路元票のところには日本主要地点までの距離が書かれています。

Dscf5493_2 Dscf5494_2

Dscf5499 次に行ったのが、日本銀行(申請が終わったんならとっとと事務所に帰れ?おっしゃるとおり・・)。この旧館は明治29年に完成、明治中期の西洋式建築物としては、東京・赤坂の迎賓館とならぶ代表作として、重要文化財にも指定されています。

Dscf5504 当たり前ですが警備も厳重に、警備員も入り口に立っています。なんでも事前申し込みで見学ツアーも出来るとか。う~ん、工場見学なら最後は試飲とかお土産があるから、ここでも見学ツアーの最後は、参加者に出来たての1万円札をプレゼントとかあればいいのになぁ。

Dscf55032_2 

Dscf5506 最後に、日銀旧館前の交差点から始まる「江戸桜通り」です。このネーミングは2005年からの名称だそうで、石碑に書かれた文字は12代目・市川団十郎丈の文字ですって。曇り空だからこそ陽射しも気にせずに散策できました、いや足も良い感じの疲労感。(だから仕事しろって・・)

|

« 直球の表現で心の琴線に響く「生きるススメ」戸田誠二著 | トップページ | 浜松・静岡行脚の旅その1「浜松でカレーのお店」 »