« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の32件の記事

2009年8月31日 (月)

お盆休みの激安パックツアー!上海・蘇州・杭州4日間も。3日目(1)豫園と豫園商城

Dscf0858_2 今日は上海市内観光の日。1日目は杭州観光、2日目は蘇州観光。そして今日は多少朝がのんびり出来る上海市内観光。ホテルを8時半に出発、市の中心部へとバスは進むとあちらこちらに工事中の風景が見えている。騒然とした街並みをバスは豫園(よえん)へと向かう。

Dscf0848

Dscf09722 豫園は上海の黄浦区にある明代の庭園。「豫」は愉のことだそうで「楽しい園」という意味。これも明時代の役人が造った庭園らしい。ホントにかつての中国の役人はお金を沢山蓄えていたんだろうね。そのリバウンドが今の共産主義になったのも少し頷ける。

Dscf0967 Dscf0964

Dscf0950 約2万平方mもの面積の中に数多くの見どころがあるそうで、異彩を放つ眼光鋭い龍壁、曲がりくねった回廊、美しく細工された花窓が小宇宙を演出している。そしてひとつひとつの光景が見事に調和し、中国の古典的な美の世界が広がる。

Dscf0941

Dscf09292 しかし休日でもあり大変な人出で、ツアー参加の小学生が迷子になるトラブルも。20分位、ガイドと両親が観光客で溢れる豫園内を探してどうにか発見。しかしこの混雑ぶりは子供を責められない。これだけ人が密着してるとちょっと手を離すとそれっきりって感じだ。

Dscf0924

 

Dscf0874_2 豫園商城は城隍廟の門前市が発展した、旧市街が合体した一大観光買い物センター。建物は江南地方の特徴的なとんがり屋根。そして下町風情漂う街の中には、狭い道をはさんで数え切れない店舗がひしめきあう。骨董品やお土産物を扱うお店の多くは観光客を呼び込む声で活気づいてる。Dscf0877

Dscf0905 もともと豫園商場といって一企業で管理をしておらず、その中の百貨業を統合して国有企業としたが、20年前に上海市の商業界の初の株式会社として許可された。そして7年前に民営の復星グループが筆頭株主となり、豫園商城は、民営企業となった。

Dscf0901

Dscf1010 今日のランチは点心料理。この円卓料理も食傷気味。円卓に座った時点でなんか食欲も少し落ちちゃうような・・。でも今日は点心料理だから・・ちょっと趣の違うのを期待しつつ。たしかにちょっと趣は違いました。まぁ美味しいモノもあればそうじゃないものも・・。

Dscf1004Dscf1007 Dscf1006 Dscf1011 

| | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

お盆休みの激安パックツアー!上海・蘇州・杭州4日間も。2日目(4)平江歴史街区・上海ナイトクルーズ

Dscf0758 遊覧船を降りてバスに乗り込むと、「平江歴史街区」へと向かう。ここは水路に沿って総延長約1.6km、幅3.7mの石畳の小路で平江路と呼ばれるところ。かつては文人士太夫や豪商の屋敷が多かった地区でもあり、ここに一歩足を踏み入れるとタイムスリップしたかのよう。

Dscf0769

Dscf07752 それは蘇州の2,500年の歴史を垣間見るような古くて美しい石畳の小路、そして小さな古橋の下を水は流れ、白壁と青黒色の瓦屋根の家屋が立ち並び、東洋のベニスと蘇州が呼ばれるのも頷ける。

Dscf0777

Dscf0779 この地区は、観光客でにぎわう観前街とは幹線道路を挟んだ地域だが、昔ながらの街並みの中で今の大衆庶民が実際に生活をしている光景を目にすることが出来る。その意味では、まったく観光化されていない地域と言える。

Dscf0768

Dscf0766 水路沿いには喫茶店など新しいお洒落なお店も。散策していると、バイクやら自転車やら、歩いている人を脅かすかのように時にはクラクションを鳴らしながら通り過ぎていく。この静かな通りの風情とは別に中国人らしいマナーに苦笑しながらの散策。

Dscf0755

Dscf0791  さてバスは蘇州を後にして、上海へと戻る。まだ日の高い時間だが、その移動距離2時間。高速道路以外は淡々とした平原を上海に向かっていく中で、徐々に陽は傾いていく。平原の中で、公共事業、建設現場が所々に点在している。そしてバスは上海へと。
 

Dscf0798 今夜の夕食は、広東料理。「飛ぶものは飛行機以外、四つ足は机以外、泳ぐものは潜水艦以外」と言われているほどさまざまな物を食材の持ち味を生かす薄味の炒め物が基本だそう。ただもう、いつもの円卓料理ではその差も分からなくなっている。そんな中この卵料理と茄子料理が美味しかった。
 

Dscf0799 Dscf0804

Dscf0814 夕食の後、ライトアップされる外灘の橋へと散策。この黄浦江西岸一帯は、外灘(バンド)と呼ばれ、租界時代の上海の中心地であった。ここには当時の建築物が多く残っている。上海のシンボルであり、世界的金融センターの高層ビルが近くには建ち並ぶ。

 

Dscf0816

Dscf0841 橋から眺める高層タワー、未来型の建築物がライトアップされて幻想的な風景が、その川の向こうの浦東地区に見えてくる。橋には多くの人がその美しいライトアップを観ようと現地の観光客も多くの人が集まってきていている。やがてこの橋自体もライトアップされ始めた。

Dscf0828

Dscf0835上海の100万ドルの夜景」このあとナイトクルーズへ。デートスポットでもあるようで、多くの中国人、若いカップルや家族連れも多く、暑い夏の夕涼みのような風に吹かれながら、幻想的に浮かび上がる美しい光の世界を船上からの酔いしれている。

Dscf0829

Dscf0831 黄浦江は上海の北で長江の河口へと注いでいる川。その片岸は租界時代に建てられた、1世紀近く前のヨーロッパ風の歴史的建築物が残る外灘地区、そしてその対岸は築10年未満の高層建築の近未来風ビルが立ち並ぶ浦東地区、対照的な両岸は、まさに上海の現代を象徴する光景。

Dscf0839

| | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

お盆休みの激安パックツアー!上海・蘇州・杭州4日間も。2日目(3)寒山寺・運河めぐり編

Dscf0641 江蘇州シルク研究所へショッピングで寄ってそこのレストランで昼食を。円卓による蘇州料理。昨夜と同じように8名席の円卓に群馬 太田からの4人家族と同席で戴く。蘇州料理が他の中華とどこが違うかと聞かれると・・よく分からないが、味は淡泊で素材を活かす・・らしい。Dscf0661

Dscf0666 食事も一段落した頃、中国楽器を抱えた2人組がテーブルにやってきた。演奏してくれるらしい。・・がリクエストで有料だとか。「ああ・・」という感じでがっかりだけど。ここは想い出に25元払って「夜来香 」を演奏してもらった。(演奏リストの中で知ってるの、この曲しかなかったから。)

Dscf0674 つぎはバスで少し移動して寒山寺へ。寒山寺は、4世紀の南北朝時代に建立。その後、唐の時代にこの地に草庵をむすんだ風狂の男 寒山の名前が付けられて寒山寺になったそうだ。風狂とは、日本で言えば「一休さん」みたいな人らしい。
その奇行は中国人に愛されたそうだ。

Dscf0715 Dscf0677Dscf0688  Dscf0684

Dscf0707 全盛期の寒山寺の面積は広大で、「馬に乗って山門を見る」と言われるほどだったそう。当時の旅行者は、まず寒山寺を参詣してから蘇州の市街に入ったという。寒山寺の鐘は漢詩でも詠まれ、その音色の美しさは有名だそう。それにこの鐘をつくと10年長生きできるとか。撞くのは有料だそうで。

Dscf0713

Dscf0717 続いて寒山寺を後に、市内を通る運河を遊覧船に乗船。この蘇州、「東洋のヴェニス」と呼ばれてるそうだが、実際ヴェネツィアよりも歴史は古いらしい。この遊覧船は45分間の運河めぐり、寒山寺の近くから出航する。徐々に陽射しが出てきて水の上からの散策も涼しげな感じだ。

Dscf0725

Dscf0729 最初は道路に沿ってゆったりと進んでいく。流れる運河の水量はとてもゆたかで、波打つ水面に船は揺られながら徐々に蘇州の人たちの生活の場に踏み込んでいくようだ。運河は少し狭くなり両側には住宅が並ぶ。洗濯物が干されたり、住んでる人が話してたり。

Dscf0734

Dscf07482 やがて遊覧船は大きな運河へと出て行く。ほんのさっきまでは2隻の遊覧船が行き違うのも苦労するくらいの川幅だったのに。のんびり両岸を眺めていると、船員がにこやかに、絵葉書とトランプを船内で販売し始めた。最後はタイガーバームまで・・。絵葉書くらいは分かるけどねぇ。。

Dscf0739 Dscf0747 Dscf0750

| | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

お盆休みの激安パックツアー!上海・蘇州・杭州4日間も。2日目(2)世界遺産の蘇州 留園編

Dscf0587 蘇州に着く頃には空模様も暗くドンヨリと怪しい感じ。ここ留園は蘇州城の西にあり、中国四大庭園のひとつとして世界遺産として名高い。明の時代に時の権力者の個人庭園として建設されたあと、清の時代に改修、劉園主の姓にちなんで劉園、やがで留園と呼ばれるようになった。

Dscf0594

Dscf0596 庭園としては蘇州で2番目に大きい留園は、蘇州にある各名園の長所を取り入れ、4つの景区に分かれている。東は住居で重厚な建築が中心。中は山水、西は山林、北は田園の趣を現しているそうだ。それぞれの空間がたくみに組み合わされている。Dscf0634

Dscf0598 また回廊を飾る「花窓」と言われる透かし窓が目をひく。透かし彫りによる手作りの窓細工は一つとして同じデザインはなく、その窓から見える眺めもまた外の景色とひとつになって、それが一枚の絵画ように美しい。

Dscf0636

Dscf0619 中国には庭園の条件が5つあるのだとか。池、石橋、東屋、廊下、築山。それを示すかのように、可亭の前の池には大きな蓮の葉が、そしてその池をぐるりと回るように回廊がある。

Dscf0625

Dscf0612 住居の内装も素晴らしくとても情緒がある風情。部屋からの風景もまたひとつの宇宙のように神秘的ですらある。

Dscf0605 Dscf0630

高さ6.5mの冠雲峰と名付けられた太湖石の奇石は、この留園のランドマークのよう、その異様なただずまいは観光客の目を釘付けにする。ここの他にも太湖石による築山が。

Dscf0607 Dscf0613

Dscf0621 琴や胡弓の調べが園内に流れて、優雅な気持ちにされてくれる、ただ・・写真じゃ分かり難いんだけど。観光客でもの凄い混雑。回廊が狭いんで、すれ違うのも山手線の朝のラッシュアワーと同じかそれ以上。暑さでみんな汗だらけ、それがギュウギュウ詰めになる所もあった。

Dscf06152 Dscf06332

| | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

お盆休みの激安パックツアー!上海・蘇州・杭州4日間も。2日目(1)上海虹口下町編

Dscf0544 中国二日目。
朝6時。上海市は中国の直轄市の一つであり、人口は重慶(2900万人)に次ぐ第二位の規模(1900万人)を誇り、中国最大の商業・金融・工業都市として、アジア有数の世界都市である。

Dscf0543_2

Dscf0557 昨夜遅くチェックインした上海の四つ星ホテル、虹口世紀大酒店があるのは、虹口区、ここは第二次世界大戦前の、日本の租界であったそうだ。かつて「小東京」と呼ばれた街は、立ち並ぶ高層ビル郡の裏には、戦後間もない頃の日本の姿が。このアンバランスもまた上海。

Dscf0550

Dscf0571 本日は蘇州観光の日。ホテルを8時に出発。それまでホテルの周りを散策することにした。大通りではない路地から行く宛もないままにぶらつくと、路上市場がポツポツと見え、やがて活気ある地元の商店街が、この路地の両脇に立ち並んできた。

Dscf0573 Dscf0565 

Dscf05752 お店を構えて客を呼び止めているおばさんもいれば、野菜や果物をリアカーいっぱいに乗せて道の真ん中にとめて、売っている人もいる。その横をクラクションならしながら、通しすぎる車やバイク。気にもせぬままに買い物のやりとりの声が行き交う、地元の朝の息吹が感じてくる。

Dscf0576

Dscf0788 ホテルに戻ってバイキング朝食を食べてから、蘇州に向かう。いよいよ中国観光2日目が始まった。天気は曇り、ちょっと怪しい空模様。バスに乗り込む。蘇州までその所要時間は約2時間の距離。ハイウェイで一度PAで休憩をしながら一路蘇州に向かった。

Dscf0797 Dscf0584

| | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

お盆休みの激安パックツアー!上海・蘇州・杭州4日間も。1日目(4)河坊街・中国新幹線編

Dscf0439 夕食で腹ごしらえした後は、新幹線で上海へ移動するまで、河坊街を散策する。河坊街は杭州の有名な山、呉山の麓にある街並みで、道幅が12m、全長が460mにぎっしりとお店が建ち並ぶ。杭州の歴史と文化の体感できるストリートで、「天には極楽、地には蘇州と杭州」と言わしめた世界がある。

Dscf0444 Dscf0446_2

Dscf0455 夕暮れの河坊街は、木造の家屋に古様式の建物が立ち並ぶ。800年以上昔の南宋の代の街並みを再生したように作られてるそうだ。かつて南宋時代、都はは杭州で栄華を誇った。河坊街も経済貿易の中心地だったそうだ。ただ街並みを観るだけでなく奥深い中国の文化があった。

Dscf0464 Dscf0466   

Dscf0506 活気に満ちた河坊街散策を終え、バスに乗り込み、新幹線の杭州駅へと向かう。
駅にはいると、杭州駅は乗客でごった返し。日本のイメージからすると帰省ラッシュ以上の混み方にびっくり。本数が少ないためもあるようだ。この夏の時期だと立ち席の自由席も当日だととれないらしい。

Dscf0507 時間が来るまで待合所で多くの人が座る場所もないくらいの待っている。出発時間も20分前になってくると、その改札入口がギュウギュウ詰めの開演待ちのアイドルコンサート会場のよう。大変な混雑だ。エネルギッシュな中国語の怒声が飛び交う。

Dscf0510 出発15分前、改札入口のドアが開くと雪崩を打ったように争ってプラットホームへと人が流れる。ところが、ところがである。もう一関門あった。高架通路からプラットホームへ降りる階段の前で、再度足止め。ここでまた5~7分位待って、やっと新幹線のプラットホームへ。

Dscf0512_2

Dscf0516 これは席取りでもみ合いとなることへの緩和策なのだろうか。とにかく面倒。スーツケースを持って移動の我々にとっては一苦労・・。指定された2等席に乗り込み、一息。ちなみにこの新幹線と呼ばれてる列車、実は「動車組」CRHで在来線の線路を使用して、新幹線ではないそうだ。

Dscf0509_2

Dscf0524 車窓から流れる景色は街のネオンからやがて闇に包まる。疲れもあっていつのまにか熟睡。1時間40分後上海到着。広々とした上海駅は、時間も遅いせいか静然とした構内。バスまで移動して深夜のハイウェイを宿泊先の虹口世紀大酒店まで移動。

Dscf0532

| | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

お盆休みの激安パックツアー!上海・蘇州・杭州4日間も。1日目(3)花港観魚編

Dscf0366西湖十景のひとつ「花港観魚」は西湖の遊覧船から下りてしばらくのところにある。花港観魚はかつては魯という南宋時代の内侍の別荘だったらしいが、その名前の通り、花は1000本の牡丹と、魚は7000匹を越える緋鯉。別荘を元に徐々に拡大し大きな庭園になったそうだ。

Dscf0369

Dscf0372_2

Dscf03892 紅魚池では多くの観光客が足を止め、舞うように集まる緋鯉に目をとめている。かつての中国の高官たちの優雅な趣を感じてしまう風景。こんな贅沢な楽しみをしてたんだね。真っ赤な魚の群れが、あたかも紅葉した落葉が池に漂うかのようにたゆらいでいた。

Dscf0375
Dscf0376

蒋荘と名付けられた記念館へむかう渡り廊下は、歴史的な風情ある宋の世界を垣間見せてくれる。

Dscf0381
Dscf0387

Dscf0394 小高くそびえる牡丹亭を見上げる「牡丹園」では残念ながら季節柄、牡丹の花は見られなかった。しかし静寂な緑の世界は、心を和ませてくれる。ただ、暑い。ホントに湿度の高い蒸し暑さに加えてのテクテクと散策で水分が欲しい感じ。しかし中国はそこらじゃ水飲みないし。

Dscf0399

Dscf0401 見どころ満載の花港観魚をはじめ西湖十景とは、西湖周辺の数多い名所から特に選ばれた十ヶ所ということだ。ツアーの関係でまわるのはここだけ。ちなみに庭園の外にはレンタルサイクルがずらりと並んでいた。中国のレンタルサイクルは目立つようなこんな派手な色をしているそうだ。

Dscf0434 夕食は中華での円卓料理、杭州郷土料理と言うことだが、基本は中華料理。今回のツアー参加者32名をグループ分けして、自分たち家族とツアー中一緒の円卓になったのは、群馬 太田から来られた同じく4人家族のかた。高校の教師ご夫婦と二人のお嬢様。とっても品のあるご家族でした。

Dscf0429

| | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

お盆休みの激安パックツアー!上海・蘇州・杭州4日間も。1日目(2)西湖遊覧船編

Dscf0319 ANA929機は予定通り、杭州国際空港に12:40に到着。時差は1時間。入国審査もあまり時間がかからず空港ロビーへ。杭州の天気は曇りだけど、湿度の高い暑さだ。ロビーでは、今回の現地添乗員、40代後半のガイドの徐さんと、まだあどけないアシスタントのチャン、二人が待っていた。

Dscf0323 この杭州は淅江省の省都。中国八大古都の一つとして有名。かつては海だったそうで航州と書いたらしい。市の人口は660万人と大きな都市。ツアー一行はバスに乗り込むと最初の目的地 西湖へと向かう。どんよりした雲空だけの所為ではないだろうが、視界もうっすらとかすんで見える。

Dscf0325 しばらくきれいに整備された高速道を走り、街中心部に近づくとハイウェイも立体に交差したりと、交通事情の高さを感じる。やがて大きな川が。この川は銭塘江(せんとうこう)といって逆流する川として有名だそう。その川にかかった大きな橋を渡ると都市の中心部へとはいる。

Dscf0326 高層ビルが建ち並び、それでも足りないとばかりにあちらこちらに新しいビルが建設ラッシュ。灰色にかすむ空へ空へと、より高くビルが競うかのようにクレーンで積み上げられていくさまこそ、今の中国の高度成長を物語っている。空が灰色にかすむのは天気の所為だけではなさそうだ。

Dscf0335_2

Dscf0336 バスは西湖に到着。杭州市の西側に位置する西湖は中国十大美景の一つだそう。バスを降りて、並木を通り過ぎるとそこに湖が広がる。中国では決して大きくはない湖だが、数多くの景勝地があるので、観光客もとっても多い。西湖の湖畔を歩いて、我々は遊覧船に乗り込んだ。

Dscf0338

Dscf0339 Dscf0344

Dscf0348 Dscf0355_2

湖に三つの灯ろうを立ってるのが「三潭印月」(写真だと2つだけど)。三潭印月は中秋の名月に灯ろうに火と月の光と灯ろうの光で、湖面が金色に光り輝く光景から来てるそうだ。日中の光景は、単に湖に灯ろうが建ち浮かんでるだけの景色でしかないのであまりぱっとしないが。。

Dscf0357

夕照山の上の立つ雷峰塔が見えてきた。雷峰塔はかつての呉越王が子供が生まれたことを祝って建てたものらしい。ただそれは80年ほど前に崩壊してしまった(突然崩れてしまったらしい・・)ために、今見えてる雷峰塔は2002年に復元されたものだそう。

Dscf0358

| | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

お盆休みの激安パックツアー!上海・蘇州・杭州4日間も。1日目(1)旅立ち編

プロローグ・・・長い旅のはじめに。

7月初旬のある日、家人いわく。
「今度、友だちと熊野古道へ行ってくるから」
ああ、いってらっしゃい」(鬼の居ぬ間に・・のんびりできる、もひょひょ)
でもね、友だちの都合がつかないかもしれない」(・・?)
もし、いけなくなったら、あんたと旅行へ行くから」(・・!)
でも・・。熊野古道、平日だから。。無理だよ、行けない。」
ん~、じゃあ、こっち
・・・結局、家人の友だちは行けなくなり、セカンド・キープに白羽の矢が立ちました。

 長い旅のはじまり・・・(いや、旅は3泊4日なんですけどね。旅行記が長い)

Dscf0267 8月14日、早朝、まだ明けやらぬ時間に荷造り済ませ車に乗り込む。まだスーツケースは軽い。目指すは成田空港。関越自動車道を走ると徐々に周りも白々と明けてきた。今日は曇りだ。自分たちの向かう中国ははたして天気はどうなんだろう、期待と不安とはこのことか。

Dscf0269 関越から首都高を抜けて、東関東自動車道へ。お盆休みでの渋滞の心配もなく順調に進んでいく。折角のETC1000円も、首都圏内を走行のため、首都高前で一旦精算され、首都高は別料金、そして東関東自動車道からまた別・・と若干メリットも薄?ヲイヲイ・・。

Dscf0280 駐車場は空港近くのニューUSAパーキングで予約してあった。そこに預けてマイクロバスで第一ターミナルまで送ってもらう。このパーキング、かき入れ時の所為か分からないけどサービスと対応がちょっと・・。まぁあまり気にせずにいこう。折角の旅行だしね、ふふん♪

Dscf0264 今回の旅は「JTB旅物語」。さすが大手!専用のJTBのカウンターで受付し、搭乗券を預かって、スーツケースを預けて出国審査。ここまで順調に来たので、時間を持て余して、空港内のショップをぶらりと見て歩く。特に外人向けの日本商品って面白いね。フジヤマニッポン!

Dscf0283 曇り空の中、ANA929機は予定時刻通り10:15テイクオフ。空一面に重く漂う雲を突き抜けていくと眩いばかり青い空が広がる。そして下には雲の柔らかそうなマットレス。この上にぽんと飛び降りると、ふっくらしそうだなぁ・・なんて。ホント死んじゃうけど・・。

Dscf0294 しかし初めて?のANA、充実したANAの機内サービスですねぇ。エコノミー席でも席毎に専用のモニターがついてて、プライベートシアターみたいに自分の好きな映画やドラマ、音楽映像も楽しめるだけではなく、なんとTVゲームもできちゃうんだね。

Dscf0310

機内食はスタミナビビンバ。美味しかったです。(2)に続く。

Dscf0303 Dscf0307

| | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

つっこませてください。こんなイカス看板(その11)ゆるいわ~

Dscf9579 ホント痛そう・・。
でもナンカ違和感。
ああ、手の平の位置が逆じゃん。
手をひねっていたそうなの??

Dscf9928 あぶないって・・
なんか危機感のない絵だなぁ。
微妙に楽しそう・・。

Dscf9982 ゆるいわ~。
この絵、カラオケ教室ってのもゆるいわ~
これってサブちゃんかな。

|

2009年8月21日 (金)

来年公開の映画実写版「BECK」撮影

Dscf9317 勤務先の事務所の横にあるライブハウス「クラブ・フリーズ」でこの前映画「BECK」の撮影をしていました。朝、会社の横にはコンテナトラックが何台も並んで横付け。人だかりも多くって「なんだろう?」って感じでしたが、フリーズの前に机を置いて「ベック エキストラ受付」張り紙が。

Dscf9318 原作「BECK」は原作がコユキが主人公ですが、映画版は竜介が主役だとか?原作もこのまえ9年にわたる連載も終わり、最終刊34巻が出たトコでした。ロック少年のバイブルのようなこのコミック、このフリーズで小さなライブハウスでの熱いギグを撮影したんでしょうね。のべ4日撮ってたようです。

来年秋の公開が楽しみですね。

Dscf0256

| | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

つっこませてください。こんなイカス看板(その10)

Dscf0253

冷やし中華ばかりじゃないんだ・・夏になってはじめたのは・・・

Dscf5577

あの~少しは勉強もしてね。
夏休みの友は終わったの~!
(ママより)

Dscf0255

「お、お、き、な・・
も・・じ・・は・・・」
すみません、その下読めません

| | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

御徒町CAFE BARボンドールのパスタ

Dscf0002 ミスター超大盛男のスザンヌ君と一緒にお昼に行くとボリュームのあるお店がどうしても多くなってしまいます。この御徒町CAFE BARボンドールもこの看板(に飾り付けられたPOP)で、かなりのサービスが期待できそうな雰囲気です。しかしホント良く見つけてきます、スザンヌ。

このボンドール、パスタ料理は多いんです。最初は普通のランチで、と思っていましたが、パスタ好きの自分としては、ここはやはりパスタでしょってことで一般的な明太子スパを注文。

Dscf9989

Dscf9987 さてさてスザンヌ君。壁に貼ってあった「黒豚ソース焼きパスタ」に興味津々って程では最初はなかったんです。むしろ自分の方が興味津々でした。どうしようかなぁって悩んで自分は明太子へなびき、その影響かスザンヌは「自分は黒豚ソース焼きそばの大盛で!」と注文です。出てきたのがコレ。

Dscf9995

Dscf0001 で、スザンヌ君に訊きました。
「どう、どんな味?」
スザンヌ君いわく。。
「う~ん・・こりゃ、間違いなく焼きそばですね(笑)」(爆笑)そりゃそうだよね。見りゃわかる・・。
「ねぇ美味しいの?」
「まぁ・・これと焼きそばが並んであれば迷わず焼きそばの方を食べますね」

ちなみに明太子スパはとっても美味しかったです♪また変わったパスタ注文してみようかな~。

| | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

時代を超えた英雄達のずれた活躍を楽しめ!「ナイト ミュージアム2」

333196view004 警備員を辞めて発明グッズの販売事業で成功を収めたラリーは、久々に元職場の自然史博物館に足を運ぶと、かつて仲間だった展示物がお払い箱で、別の倉庫に移動になると聞きショックを受ける。彼の阻止工作も力及ばす、展示物はスミソニアン博物館へと移動されてしまった。

333196view008 そんなある日、スミソニアン博物館からカーボーイの助けを求める電話が。博物館に忍び込んでみると、そこは古代エジプト王カームンラーが世界征服の野望を叶えるため、かつての仲間から石版を奪おうとしていた。そんなカームンラーは野望のために強力な仲間を得た・・。

333196view001 1は観ていないけどとっても楽しく観れました!まさに娯楽映画。設定も楽しく映像も楽しい。そしてちりばめたギャグも楽しい。歴史を知っていると笑えるギャグが多くて、悪役も憎めないキャラになっています。ご存知スターウォーズのあの方もボケ役で登場・・。

333196view005 ストーリーはカームンラーの悪巧みを防ぐといった簡単なものだけど、ミュージアムでのおかしな展開、絵の世界で1945年の世界にタイムトリップしたり、天使達の愛の演奏だとか笑いのネタ満載。アメリカを代表する女性パイロット・アメリアの活躍も見逃せません。娯楽映画としてお薦めの1本でしょう!

ナイト ミュージアム2」 8点★★★★

Nightmuseum2_1_1b2

| | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

ナバホ・ホワイトの8月のラーメンはトマト・ラーメン

久々のナバホラーメン、「8月のラーメンはなに?」って訊くと「トマトラーメンだよ」「うん。じゃ、ソレ」
そして、東京の危機管理の大御所Sさんから預かったパリスマッチのベストCDをマスター・ロバに渡すと、とってもご機嫌になって、これ楽しみだなぁって。
出てきたのはこれ。

Dscf0220

基本的に、トマト好きなアルカポーネな私は、この味好きです。丸ごとなトマトが上にどかんと載って、トマトのペーストがスープ全体を甘酸っぱくまろやかにしています。ぽつんと3本さされたフライドポテトもコンボな感じ。パリスマッチの音を聴きながら、夏を楽しむように食べるのがいいね。

Dscf0234

相変わらずの音楽話で、清志郎の話やらブルースの神様の話とかで堪能しました。ラーメンの奥に見えるフライパンがミッキーマークになっているのも、シャレたマスター・ロバの演出かな。このトマトラーメンはオシャレに食べたいモノですね。ガーリックオイルも付いてくるので、ソレをちょっと添えると味も深くなる一品です。

Dscf0229

|

2009年8月16日 (日)

つっこませてください。こんなイカス看板(その9)バイオレンス編

Dscf0174 ヤンキーすわり禁止のマークって初めて見ました・・。
雰囲気出てますねぇ。
その下の喫煙禁止もなんかセットって感じ。

Dscf0247 うわ!!
あぶな!!
おとしちゃ暴行事件ですよ。

Dscf9500 あなたはワンワンですかって・・。
そこまでいいますか。
怒ってますねぇ

|

2009年8月15日 (土)

名盤の旅~「輝くグランド・ファンク」グランド・ファンク・レイルロード

前作の「アメリカン・バンド」に続いてトッド・ラングレンのプロデュース作品。グランド・ファンクはトッドがプロデュースしてから音楽性が直球で泥臭いハードロックだったのが、POPになってでもロックのドライブ感を失っていなくて、見事な変身をしたバンドでした。

当時はディープ・パープルとかレッド・ツェッペリンとか、ブリティッシュ系のハードロックが全盛の時代、そんな中でアメリカン・ロックと言えば彼らでした。

収録曲でやはり特筆するのは、リトル・エヴァの原曲をカヴァーした「ロコ・モーション」ですね。これはビルボードでも1位になってミリオンセールスになりました。シンプルな手拍子で導入してマーク・ファーナーの野性的なヴォーカルが唸るこの曲はホントカッコイイです。
今、ソフトバンクのCM(SMAPの)でも流れているので、聴いたことある人も多いのかなと思います。

当時のジャケットには、小学6年生とかに付録で付いてるような、赤と青のセロファンの貼った紙メガネが付いていて、それでジャケットを見ると飛び出して見えるっていうチープなモノでした。

51qwjxh6ggl__ss500_

輝くグランド・ファンク
1. シャイニン・オン
2. ゲット・バック・イン
3. ロコ・モーション
4. キャリー・ミー・スルー
5. プリーズ・ミー
6. プリティー・ボーイ
7. ゲッティン・オーヴァー・ユー
8. リトル・ジョニー・フッカー
9. デスティテュート・アンド・ルージン 
(1974年)

|

2009年8月14日 (金)

加速装置の闘いは頭を使わず感性で観ろ「G.Iジョー」

333700view001 そう遠くない未来の世界。世界征服を企む組織が、秘密裏に開発された超兵器「ナノマイト」を奪おうとする。アメリカ軍で守りきれなかったその兵器をこれまた謎の軍団が味方する。それがG.Iジョーチーム。口をきかない忍者、天才スナイパー、超IQの天才美女とまさに個性集団。

Sub2_large 襲われたアメリカ軍で生き残った軍人デュークは彼の友人リップと共にG.Iジョーに入隊を希望する。そこでは過酷な訓練が待っていた。そしてナノマイトを狙う悪の組織が再び奪還すべく襲撃をしてくる。組織の指揮官は謎の美女、そして白い忍者、恐怖の兵器兵士達・・・。過酷な闘いが続く。

333700view007 かつての人気フィギュアからでたG.Iジョーが活躍する本作は、とにかくジェットコースターみたいな映画。重装備ながらも加速装置(懐かしい009みたい)を備えてる。とにかく速い速い。そして壊す壊す。触るモノ向かってくるモノ敵味方なく壊し続ける爽快?感・・。

007 車同士のカーチェイスは何度も見たけど、人と車のカーチェイスなんてもの凄いモノ見てしまった。とにかく勧善懲悪のシンプルな話で、ストーリー展開に悩まずに目の前のアクションとVFXにのみ脳みそ使わずに感覚で楽しめます。続編を匂わすような終わり方・・だって大統領が・・。

G.Iジョー 7.5点

Gi_j_2_1ab

|

2009年8月13日 (木)

震災害お見舞い申し上げます。

今更ではありますが、静岡県下並びに近隣の皆様、地震災害のお見舞い申し上げます。
ニュースではたいしたことが無くてホッとしてはいますが、個々に聞くと棚からモノが落ちて壊れたり割れたり。家の周りがちょっと崩れたりと、その傷跡はあるみたいですね。

とにかくニュースで見た瞬間「!!」って驚きました。
静岡で地震っていうとどうしても「東海大地震」って想像しちゃうんで。それも30年以上伊豆に住んでいたからだとは思うんですけどね。でもとにかくホッとしました。

Dscf9884 でもこれから夏の観光シーズンに影響は出ちゃうんでしょうね。アクセスだと東名高速の一部が陥没崩壊したそうで。それに伊豆市にある「恋人岬」にある愛の鐘が損壊したらしいですね。そういうことがニュースに流れると風評被害で、旅館ホテルのキャンセルが続いて、観光客離れが・・。新潟の地震の時のように。

Dscf9886 伊豆なんかに住んでいると、地震慣れしちゃって、多少揺れても別に気にもしなくなっちゃうときがあったんですが、他の時に行くと殆ど揺れませんからねぇ。
そんな揺れも含めて、伊豆の醍醐味って訳なんだけど。(ああこういう表現も風評被害の一つか・・)

 
業務連絡です・・
14日~17日までお出かけします。記事は毎日自動アップしますので、その間に戴いたコメントは、帰ってきましたら必ず返しますので。

Dscf9888

|

2009年8月12日 (水)

停電騒ぎ・・うちだけ。をを!?

Dscf0217 シネコンで映画を観て出てくると、ペプシマンがジャンケン大会してました。いやぁ、この暑いのに全身かぶり物はきついなぁ・・と家についてみると。うちの2階がいきなり停電しました。
「おお?」ってなもんで、こりゃどうしたことか。一度ブレーカーを切って再度オンしても変わらず。

Dscf0244 ということで東京電力に電話しました。係員を向かわせるということで待つこと小一時間。来て調べてもらうとどうやら家の方は問題ないみたいです。電気が家に来るまでの電柱側に問題があると言うことで、入れ替わり作業員が来るとのこと。またまた小一時間待つと、作業者と共に登場。

Dscf0246 電柱から家に送電するときに、間にヒューズを噛ませているそうなんですが、そのヒューズが切れたらしいです。間にヒューズを噛ませてるなんて初めて聞きましたが、作業して15分間。オール電化の家だけに電気が供給されなくなると、暑い日は命取りだなぁって感じた訳です。ペプシマンを気の毒がってる場合じゃないなぁ。

Dscf9517

|

2009年8月11日 (火)

東北三大祭り「仙台七夕まつり」(その3)

仙台七夕では、7種類の七夕飾りが飾れていました。それぞれの飾りに意味があるそうです。
短冊…学問や書の上達を願う。
紙衣…病や災いの身代わり、または、裁縫の上達を願う。
折鶴…長寿を願う。
巾着…富貴と貯蓄、商売繁盛を願う。
投網…豊漁を願う。

Dscf01812Dscf0187 

仙台藩祖伊達政宗、「天地人」の主人公直江兼続、真田幸村、武田信玄の4武将に、東北楽天ゴールデンイーグルスの野村克也監督も。これは「知将」として有名な5人と言うことらしいです。
記念撮影というプラカード持ってる人も多く見かけました。みんなデジカメとか携帯とかで撮影してるから、そんなの商売になるのかなぁってみていると、意外に記念撮影を頼んでいるシーンを見かけました。

Dscf0190

「お父さん」も吹き流しで人気者。「お、お父さんだ!」若い人たちが記念撮影してました。

Dscf0185

さていよいよ、お片付けの時間では、こんな感じに片付けています。
ヒモで縛って上につるしたり、大きなビニル袋に包んだり。どうやら深夜に悪戯されたりしないためにたいですね。夜中に火をつけられたこともあるみたい。

Dscf0161_5 Dscf0146_5 Dscf0136_4 Dscf0150_2

 

Dscf0177 Dscf01912

メインストレートの脇には夜店も連なっています。やはりお祭りと言ったらコレが欠かせませんね。夜店独特の匂いが満ちて、とっても懐かしい心躍る気分になってきます。

Dscf0165

|

2009年8月10日 (月)

東北三大祭り「仙台七夕まつり」(その2)

東北三大祭りの最後を飾る仙台市の「仙台七夕まつり」。
色鮮やかな約3000本の竹飾りが市中心部や商店街を彩り、8日までの3日間に約200万人の人出だそうです。

Dscf0057

Dscf0096 仙台の七夕は「七つ飾り」で、豪華さや美しさを競う伝統、今年のテーマは「紙と竹がおりなす伝統の美」。飾りも色々と、吹き流し、巾着、投網、屑籠(くずかご)、折り鶴、紙衣(かみころも)、短冊の七つには無病息災や商売繁盛、学力向上などの願いが込められているそうです。

メインストリートには、七夕飾りだけじゃなくていくつかのイベントも用意されていました。今年のテーマの紙つながりかからか「紙芝居」には子ども達がその前に座り込んで話を聴き入り、そして一番町3丁目に飾られた名物「仕掛け物」には、白石市の観光キャラクター「こじゅろうくん」が登場です。

Dscf00362_3Dscf00662_3

なんか訳の分からない芸能タレントも取材に・・。熊本県のタレント、自称スベリタレントだそうです。その派手な風貌に知名度以上に周囲に人が集まっていました。犬を連れた人も。犬もしっかりと七夕モードにされていました。

Dscf0055_4Dscf01072_3

子供たちは(若干大人も少し・・)短冊に願い事を書いていました。

Dscf0121Dscf00812 

なわとびがじょうずになりますように

Dscf00842

青森のゴッホ、棟方志功の独特の画風が吹き流しに描かれています。

Dscf0075

これは今年の七夕飾り個人賞で金賞を受賞した作品です。ひとつひとつのパーツがとっても丁寧につくられているのが、素人目にも分かります。

Dscf0086 Dscf00912

こちらは同じく個人賞の銀賞作品。吹き流しのぼんぼりの部分が立派で目を引きつけます。

Dscf01002

ということで、もう1回続きます。

|

2009年8月 9日 (日)

東北三大祭り「仙台七夕まつり」(その1)

Dscf00212 勤務先の仙台事務所の会議と有名な仙台七夕の日程が合って、初めて仙台七夕を観る機会となりました。6日、仙台駅新幹線改札を出ると広い駅構内エントランスに大きな飾り付けが。駅構内にお店を出している各メーカーが竹飾りを出していました。仙台七夕への意気込みはサスガ。

Dscf0023 駅構内入口には七夕まつり総合案内所が設けられ、ボランティア高校生がずらりと受付カウンターで対応している。そこには七夕の案内マップをはじめ、観光パンフなんかの印刷物も並べられ、新幹線や列車で来た観光客で賑わってました。

Dscf0028 勤務先前の国道4号線大通り(東二番丁通り)の1車線は観光バスがずらりと並んで停車しています。各地から来た観光バスへの対応として、この七夕開催中の3日だけは臨時駐車スペースとしてオープンしているようです。ただ、そこに混じって一般車も何台か・・。

Dscf00292 でもこの駐車場所だと、七夕飾りが飾られているメインストリートまで少し歩くので、ここは再最集合時間までここでバスは待機して、時間になったらもっとメインストリートに近い場所までツアー客を迎えに行くということでしょうね。バスも東北から関東を中心に各地の車輌ナンバーが。

ということで事務所に着いてから、昼の休憩時間を使って、仙台事務所のK教授に連れられ、初めての仙台七夕まつりへと足を運びました。東北三大祭りの最後を飾る仙台市の「仙台七夕まつり」。秋田竿燈・青森ねぶたと並んで東北三大祭りと言われているそうだけど、他の2つが「動」の祭りなら、この仙台七夕は「静」ということでしょうか。

Dscf0060

Dscf0052

Dscf00792 Dscf0062

ということで続きます。(その2へ)

|

2009年8月 8日 (土)

名盤の旅~シンプルで直情な詞の世界に日本的前向きロックをみた「THE BLUE HEARTS」

ブルー・ハーツ衝撃のデビューアルバム。ジャケットデザインのシンプルさもこの世界を見事に表現。
せっかちな絞り出す甲本ヒロトの歌声は心の中を吐露するかのよう。
ドブネズミみたいに美しくなりたい。写真には写らない美しさがあるから」(リンダリンダ)
パンクロックと自ら名乗っているけど、パンクのアナーキー性、否定性以上に、その前向きでストレートな考え、生きていく素直さが日本人に適っているように思う。

ごめんなさい、神様よりも好きです」(君のため)
ぼく、パンクロックが好きだ、中途半端じゃなくて
友達ができた、話し合える奴、何から話そう」(パンク・ロック)

直接的で青い言葉は照れくささもあるが、彼らの音楽となって聴くととてもストレートに響いてくる。純粋なまでにロックを演じている彼らのパワーは、聴くものを元気にしてくれる。個人的には徐々にこなれてきて、成熟した曲も混在しているベスト盤よりも、このファーストアルバムに彼らの「気持ち」が詰まっているように思う。

「ROOKIES(ルーキーズ)」の作者森田まさのりさんの代表作「ろくでなしBLUES」では4人揃って登場?している。(どうでもいいことですが・・)

D02031e29fa00e884adbb110_l
THE BLUE HEARTS
   
1. 未来は僕等の手の中   
2. 終らない歌 
3. ノー・ノー・ノー
4. パンク・ロック
5. 街
6. 少年の詩
7. 爆弾が落っこちる時
8. 世界のまん中
9. 裸の王様
10. ダンス・ナンバー
11. 君のため
12. リンダリンダ

(1987年5月発表)

下のyoutube映像は、THE BLUE HEARTSが初めてテレビ出演(夜のヒットスタジオ)したときのモノだそうです。甲本ヒロトと、司会の古館氏と芳村女史さんとのやりとりもぎこちなさも初々しく微笑ましい。できたら音を出して聴ける環境ではない人も、誰もいない時を狙ってこそっと音出して観るとか(^^;)、家でタップリと観るとか(*^_^*)してください。まだ若々しい彼らのパフォーマンスも、今や時代を越えた産物。

|

2009年8月 7日 (金)

わたし、はしっこが好きなんです。

8月4日のめざましテレビで「はしっこ」食品が話題になっていた。
「はしっこ」なんと素晴らしい響き!? 好きである(*^_^*)。

番組で紹介していた『好きな食品“はし”ランキング』は以下の通り。

1位:メロンパン
2位:食パンの“耳”
3位:カステラ
4位:ピザ
5位:焼き豚

メロンパンは外のカリカリ部分だそうです。カステラも一番外のハシのちょっと焦げっぽいところ。たしかにこの焦げっぽい香ばしさ、カリカリ感がすき。

というわけでマイ・フェイヴァリットはしっこ・ランキング

1位:焼鮭の脂身のったはしっこ。
2位:唐揚げの衣だけのカリカリってなってるはしっこ。
3位:さくら棒とか麩菓子のはしっこの甘みが凝縮したとこ。
4位:お好み焼きなんかのはしの焦げたような部分
5位:ピザのはしっこのちょっと焦げたとこ。

番外;スイカの切った時のはしっこ

なんかちょっと貧乏くさいんだけど・・。(^^;

Dscf4870

|

2009年8月 6日 (木)

旅の道連れ3匹の珍道中に心温まる感動「ボルト」

332848view003 人気のテレビ番組のスター犬、ボルト。飼い主の少女・ペニーを守るために、ペニーの父親がボルトをスーパードッグに改造、ボルトはそのスーパーパワーで愛するペニーを襲う悪の手に敢然と立ち向かう。・・・といったTVドラマのストーリーを真実と思い込んでいた。

332848view001 あるきっかけで、ボルトはその非現実なTVの世界から、現実の世界へと飛び出してしまう。「ペニーはどこだ!?」しかし現実の世界では当然スーパーパワーを使えない。戸惑うボルトは、出逢った猫のミトンズ、ハムスターのライノと旅を続ける中で自分を見つめ直していく。

332848view004 ディズニーアニメの本作は、いきなりのスピード溢れるカーチェイス、アクションシーンが迫力タップリに繰り広げられる。そこに出てくる、脇に稲妻の模様のついたボルトの精悍な姿に目を奪われる。しかしそれはTV番組制作スタッフによって、そう信じ込まされたボルトの悲劇。

332848view005 トイ・ストーリーのバズのような誤解。そんなボルトをしょうがなく支えることになった猫・ミトンズは、超現実的にクールな捨て猫。またTVで熱烈なファンのハムスター・ライノの極端な勘違い、この3匹のやりとりがコミカルで、時に暖かい友情溢れる。

332848view002 そんな3匹による米国を縦断する旅は、徐々にボルトに現実の世界を知らせ、ボルトは心の成長をしていく。世間ずれしていくと言うよりも逞しくなっていく姿が心温まる。個人的には猫のミトンズのクールで、でもちょっと寂しげな悪女ッぷりが好き。とぼけた鳩達もね。吹替版で観たけど、佐々木蔵之介さん、江角マキコさん、キャイーン天野君良い感じでした。良作です!

ボルト」 7.5点

Bolt_1_1b

|

2009年8月 5日 (水)

名盤の旅~ヒットメーカー・カーペンターズの遺したコンセプト・アルバム「ナウ・アンド・ゼン」

ご存知アメリカの兄妹デュオ、「カーペンターズ」。83年にカレンの悲しい死によって活動は終わりを告げた。

彼らはどちらかというとシングルメーカーでのヒットを多く出していったが、この5枚目のアルバム「ナウ・アンド・ゼン」はカーペンターズのというより、音楽史に残る名盤となった。

明るいPOPな「シング」、「ジャンバラヤ」といった曲から、レオン・ラッセルの「マスカレード」といった哀しみの曲とバラエティー豊か。レオン・ラッセルの曲を歌わせたら、カレンは本当に絶品だった。あのカレンの「魔法の低音」が心地よく響いてくる。

しかし、このアルバムの名盤という理由は後半にある。代表曲「イエスタデイ・ワンス・モア」が終わり、「昨日よ、もう一度」というカレンのメッセージを受け継いでいくのは、ラジオから流れるようなDJの雰囲気タップリの喋り。DJがターンテーブルから流すかのように、ビーチボーイズ(ファンファンファン)、そしてスキータ・ディヴィス(この世の果てまで)、シェリー・フェブレー(ジョニー・エンジェル)と懐かしの名曲POPSばかりを、カレンと兄リチャードが歌う。
これをオールディーズのラジオ疑似体験と言ってはいけない。これは彼らの手によってオールディーズから蘇った名曲である。そう!良い曲は過去の遺産ではなくいつまでも歌い継がれるものなのだ。
やがて、珠玉の名曲は幕を閉じ、イエスタデイ・ワンス・モアが再度流れる。そのメロディーは、終わりを惜しむかのように切なく哀しい。

このジャケットのイラストは、日本人デザイナーの長岡秀星さんの手によるもの。

「ナウ・アンド・ゼン」 カーペンターズ(1973/05)

E21e31e29fa0b37fd41a7110_l

1. シング   
2. マスカレード
3. ヘザー   
4. ジャンバラヤ 
5. アイ・キャント・メイク・ミュージック
6. イエスタデイ・ワンス・モア
7. ファン・ファン・ファン 
8. この世の果てまで 
9. ハイ・ロン・ロン   
10. デッドマンズ・カーブ
11. ジョニー・エンジェル
12. 燃ゆる瞳 
13. アワ・デイ・ウィル・カム 
14. ワン・ファイン・デイ 
15. イエスタデイ・ワンス・モア(リプライズ)
 

|

2009年8月 4日 (火)

作り手のシャレがあちらこちらに。意外に楽しい「モンスターVSエイリアン」

333056view001 結婚式当日にスーザンは謎のパワー隕石に衝突、その影響で式の途中にむくむくと巨大化、皆は大騒ぎ。しまいに軍隊が出てきてスーザンはガリバーのように捕獲をされてしまう。そして行き先は国の秘密基地内のモンスター収容所。そしてそこにいる者達とは・・。

333056view003  あまりの急激な環境の変化について行けないスーザン。一生ここにいなきゃイケナイの?元の姿に戻って普通の生活に戻りたい・・。そんな日々を悶々と過ごしているスーザンに朗報?が・・。地球を脅かすエイリアンを追っ払えば、自由になれる、家に帰れる・・。

333056view005 ドリームワークスによるモンスターパニックのアニメ。そこらにいるよな幸せを求める女性の前に現れた個性的なモンスター達とのギャグの応酬の中、心温まる友情も深まってベタながらも、心についてくる。他のモンスター達もかつての映画をパロっていてニヤリ。

333056view002 人類初のエイリアンとの接触に、なんとヤマハシンセサイザーでビバリヒルズ・コップの「Axel F」をノリノリで弾く大統領の姿に苦笑(当然受け付けられずにすたこら逃げる姿にも苦笑)、エイリアンもそのクローンのおまぬけぶりに脱力・失笑。

Main_large 話の終盤にスーザンはある究極の選択をする、そして彼女の選んだ道は彼女の人生の自立。また、あの収容所の将軍も意外と良い奴で、モンスター達とのチームも良い感じです。
キレイなアニメの裏に、とにかくジョークとパロディー満載でさすがドリームワークス!
やはり侮れず。大人にこそ楽しめるアニメかな。

モンスターVSエイリアン」 7点

Mva_1_1b

|

2009年8月 3日 (月)

不忍池、蓮開花しました。

7月末の写真ですが、上野 不忍池 蓮池の蓮が開花してきました。池一面を覆う蓮は、競い合うかのように背も高く伸び、空に向かって美しい花を広げています。

Dscf9888

Dscf9901

まだ雨模様の日々が続くせいか、紫陽花のいくつかがその花を遺して、蓮の花と美しい調和を見せてくれています。

Dscf9930

Dscf9961

おりしも骨董市が行われていて、見物客で賑わっていました。風情のある風景です。

Dscf9931

Dscf99253

蓮の花は、蕾のかわいらしさ、花びらの優雅さがどちらも絵になります。孤高に咲く花は気品ある趣で、観るものに安らぎを与えてくれます。

Dscf9969

Dscf9972

|

2009年8月 2日 (日)

名盤の旅~70年代ロックをJ-POPが美味しく料理「THE GREATEST HITS」LOVE PSYCHEDELICO

70年洋楽ロックを彷彿させる曲作りに驚く。ここかしこに、昔の曲をモチーフにしたと思われるフレーズやアレンジ。ただ、ソレがいやらしくない。それはVOCALのKUMIの歌唱力の力によるものだろう。
とってもソリッドのきいた歌声は、日本語と英語を縦横無尽に行き交い、とっても心地よい。ロック、ブルース、カントリーと色々な題材を取り上げてのバラエティー豊かなアルバム構成、彼女の存在感が、チープになりがちなこの盛り込み方を名盤へと引き上げたのは見事。

『LADY MADONNA~憂鬱なるスパイダー~』『Your Song』『Last Smile』と、冒頭からの楽曲は彼女の唄を引き立たせる。
彼らのファーストアルバムはその「THE GREATEST HITS」という名の通り素晴らしい作品に仕上がったが、この後の作品が多少雑になったのか、KUMIの素晴らしいVOCALが活かせ切れていない感じだ。それだけこのファーストが良かったとも言える。

62a831e29fa0cb6d6f1e5110_l 自分のブログのハンドルネームに使っているlastsmileは、この『Last Smile』からとってます。耳に残るノスタルジックなフレーズとグルーヴ感ある彼女のVOCALに酔いましょう。

 

 

 

 

「THE GREATEST HITS」
LOVE PSYCHEDELICO

1. LADY MADONNA~憂鬱なるスパイダー~
2. Your Song
3. Last Smile(extention mix) 
4. I mean love me 
5. Moonly 
6. Are you still dreaming ever-free? 
7. I miss you 
8. ノスタルジック '69 
9. These days 
10. LOW(ver.1.1) 
11. A DAY FOR YOU 

|

美しいイタリアに響くサラの歌声は暖かく哀しい。「アマルフィ 女神の報酬」

332676view003 クリスマスの近いローマに、まだ幼い娘と二人で訪れた矢上紗江子(天海祐希)は、その娘を誘拐されてしまう。ちょうど着任したばかりの外交官・黒田(織田裕二)は、事件に巻き込まれ、「父親」を装い、伊語を話せない紗江子の代わりに犯人との交渉を行う。

332676view002 犯人に翻弄され進展しない捜査と共に、黒田は外務大臣のレセプション準備も慌ただしく進んでいく。犯人の目的はいったい何か。犯人の写らない監視カメラの謎、犯人の指定する観光客の賑わう観光スポット、いくつもの謎に、黒田はある共通点を見出していく。

Amf_ma12_large フジテレビ開局50周年で製作された全編イタリアロケ&出演者もとっても豪華なサスペンスドラマ。クールで口数の少ない切れ者・黒田と、娘をさらわれ動揺と失墜の母・紗江子の演技が光る。特に紗江子役の天海祐希は、女としての弱さと母としての強さを見事に演じた。

332676view001無駄使いは外交官の特権だから」と言い切ったところも小気味よかった。「予算を使いきんなきゃ」外務大臣を豪華に迎える準備の外務省の内幕も皮肉が効いてる。気になったのは2回ほどあったぶつ切り映像・・。あれはどうも。最後は続編を匂わすような終わり方でした。

332676view007 ギリシャ神話のヘラクレスが、世界で最も美しい場所に愛する妖精アマルフィの亡骸を埋めてつくった、と言われる町アマルフィー。その女神アマルフィーは、この一連の悲しい事件で誰も命を落とさせることをさせなかった。
女神の報酬」。それは「愛」で誰も死ななかったことなのかもしれない。

アマルフィ 女神の報酬」 7点★★★☆

Amalfi_1_1b

最後に、この映画を印象深く彩ってくれたサラ・ブライトマンの歌声に酔いしれてください。この曲があってこの映画があったと言っても言い過ぎではない。もしかして女神の報酬ってサラの出演料?
すみません・・最後に余計なことを・・。

Sarah Brightman - Live from Las Vegas - Time To Say Goodbye

|

2009年8月 1日 (土)

真夏の夜の暴食「伝説のすた丼屋」店内に「掟」の文字

Dscf9948 東京事務所の月末処理で連日の深夜残業、お腹が空いたので同僚のスザンヌとマッキー君と3人で夜食&気分転換。深夜のアキバを散策というより徘徊。何が食べたい、コレは嫌だとかわがままを言いながら(主にソレは自分ですが・・)、辿り着いた「伝説のすた丼屋 秋葉原店」、店頭自販機で食券を買って入店。

ボリューム満点のこのすた丼、自分とマッキー君は初めてですが、もちろんスザンヌは経験済み。迷いもせずにすた丼セット。合わせ醤油にニンニクたっぷりの豚バラ肉がタップリのったボリューム満点のすた丼に、出汁のきいたラーメン1人前にサラダが付いてます。しかし!凄いボリューム。

Dscf9952

自分は辛炒飯と餃子です。XO醤の効いた辛みが美味しいです。餃子もニンニクがたっぷりで暑気払い&残業の疲れ回復で元気がでそうです。ただ量が凄い。深夜に食べる量じゃないッスね。もう一人のマッキー君はチャーシュー丼の大盛を注文しましたが、サスガに完食できず。とにかくメタボ一直線の夜食でした。真夏の夜の暴食・・。

Dscf9953

|

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »