« 名盤の旅~ヒットメーカー・カーペンターズの遺したコンセプト・アルバム「ナウ・アンド・ゼン」 | トップページ | わたし、はしっこが好きなんです。 »

2009年8月 6日 (木)

旅の道連れ3匹の珍道中に心温まる感動「ボルト」

332848view003 人気のテレビ番組のスター犬、ボルト。飼い主の少女・ペニーを守るために、ペニーの父親がボルトをスーパードッグに改造、ボルトはそのスーパーパワーで愛するペニーを襲う悪の手に敢然と立ち向かう。・・・といったTVドラマのストーリーを真実と思い込んでいた。

332848view001 あるきっかけで、ボルトはその非現実なTVの世界から、現実の世界へと飛び出してしまう。「ペニーはどこだ!?」しかし現実の世界では当然スーパーパワーを使えない。戸惑うボルトは、出逢った猫のミトンズ、ハムスターのライノと旅を続ける中で自分を見つめ直していく。

332848view004 ディズニーアニメの本作は、いきなりのスピード溢れるカーチェイス、アクションシーンが迫力タップリに繰り広げられる。そこに出てくる、脇に稲妻の模様のついたボルトの精悍な姿に目を奪われる。しかしそれはTV番組制作スタッフによって、そう信じ込まされたボルトの悲劇。

332848view005 トイ・ストーリーのバズのような誤解。そんなボルトをしょうがなく支えることになった猫・ミトンズは、超現実的にクールな捨て猫。またTVで熱烈なファンのハムスター・ライノの極端な勘違い、この3匹のやりとりがコミカルで、時に暖かい友情溢れる。

332848view002 そんな3匹による米国を縦断する旅は、徐々にボルトに現実の世界を知らせ、ボルトは心の成長をしていく。世間ずれしていくと言うよりも逞しくなっていく姿が心温まる。個人的には猫のミトンズのクールで、でもちょっと寂しげな悪女ッぷりが好き。とぼけた鳩達もね。吹替版で観たけど、佐々木蔵之介さん、江角マキコさん、キャイーン天野君良い感じでした。良作です!

ボルト」 7.5点

Bolt_1_1b

|

« 名盤の旅~ヒットメーカー・カーペンターズの遺したコンセプト・アルバム「ナウ・アンド・ゼン」 | トップページ | わたし、はしっこが好きなんです。 »