« 東北三大祭り「仙台七夕まつり」(その1) | トップページ | 東北三大祭り「仙台七夕まつり」(その3) »

2009年8月10日 (月)

東北三大祭り「仙台七夕まつり」(その2)

東北三大祭りの最後を飾る仙台市の「仙台七夕まつり」。
色鮮やかな約3000本の竹飾りが市中心部や商店街を彩り、8日までの3日間に約200万人の人出だそうです。

Dscf0057

Dscf0096 仙台の七夕は「七つ飾り」で、豪華さや美しさを競う伝統、今年のテーマは「紙と竹がおりなす伝統の美」。飾りも色々と、吹き流し、巾着、投網、屑籠(くずかご)、折り鶴、紙衣(かみころも)、短冊の七つには無病息災や商売繁盛、学力向上などの願いが込められているそうです。

メインストリートには、七夕飾りだけじゃなくていくつかのイベントも用意されていました。今年のテーマの紙つながりかからか「紙芝居」には子ども達がその前に座り込んで話を聴き入り、そして一番町3丁目に飾られた名物「仕掛け物」には、白石市の観光キャラクター「こじゅろうくん」が登場です。

Dscf00362_3Dscf00662_3

なんか訳の分からない芸能タレントも取材に・・。熊本県のタレント、自称スベリタレントだそうです。その派手な風貌に知名度以上に周囲に人が集まっていました。犬を連れた人も。犬もしっかりと七夕モードにされていました。

Dscf0055_4Dscf01072_3

子供たちは(若干大人も少し・・)短冊に願い事を書いていました。

Dscf0121Dscf00812 

なわとびがじょうずになりますように

Dscf00842

青森のゴッホ、棟方志功の独特の画風が吹き流しに描かれています。

Dscf0075

これは今年の七夕飾り個人賞で金賞を受賞した作品です。ひとつひとつのパーツがとっても丁寧につくられているのが、素人目にも分かります。

Dscf0086 Dscf00912

こちらは同じく個人賞の銀賞作品。吹き流しのぼんぼりの部分が立派で目を引きつけます。

Dscf01002

ということで、もう1回続きます。

|

« 東北三大祭り「仙台七夕まつり」(その1) | トップページ | 東北三大祭り「仙台七夕まつり」(その3) »