« 名盤の旅~夏の渋滞ドライブにうってつけのエヴァーグリーン邦盤「A LONG VACATION」大瀧詠一 | トップページ | 美しいイタリアに響くサラの歌声は暖かく哀しい。「アマルフィ 女神の報酬」 »

2009年8月 1日 (土)

真夏の夜の暴食「伝説のすた丼屋」店内に「掟」の文字

Dscf9948 東京事務所の月末処理で連日の深夜残業、お腹が空いたので同僚のスザンヌとマッキー君と3人で夜食&気分転換。深夜のアキバを散策というより徘徊。何が食べたい、コレは嫌だとかわがままを言いながら(主にソレは自分ですが・・)、辿り着いた「伝説のすた丼屋 秋葉原店」、店頭自販機で食券を買って入店。

ボリューム満点のこのすた丼、自分とマッキー君は初めてですが、もちろんスザンヌは経験済み。迷いもせずにすた丼セット。合わせ醤油にニンニクたっぷりの豚バラ肉がタップリのったボリューム満点のすた丼に、出汁のきいたラーメン1人前にサラダが付いてます。しかし!凄いボリューム。

Dscf9952

自分は辛炒飯と餃子です。XO醤の効いた辛みが美味しいです。餃子もニンニクがたっぷりで暑気払い&残業の疲れ回復で元気がでそうです。ただ量が凄い。深夜に食べる量じゃないッスね。もう一人のマッキー君はチャーシュー丼の大盛を注文しましたが、サスガに完食できず。とにかくメタボ一直線の夜食でした。真夏の夜の暴食・・。

Dscf9953

|

« 名盤の旅~夏の渋滞ドライブにうってつけのエヴァーグリーン邦盤「A LONG VACATION」大瀧詠一 | トップページ | 美しいイタリアに響くサラの歌声は暖かく哀しい。「アマルフィ 女神の報酬」 »