« お墓参りの道すがら~その1(富岳風穴・鳴沢氷穴) | トップページ | 芸能人だけじゃなくて小市民も歯は命でした。 »

2009年9月29日 (火)

お墓参りの道すがら~その2(宇久須こあじ鮨 三共食堂)

宇久須の景勝地 黄金崎に寄りつつ、こあじ鮨を昼食に食べてきました。
三共食堂は西伊豆名物として定着した「こあじ鮨」発祥のお店です。

Dscf5808

Dscf5787 こあじ鮨とカサゴの味噌汁の組み合わせがが定番メニューです。国道136号線から一本、魚港側の、土地の生活が伺える道の沿いにあります。駐車場はいくつかわかれてありますが、混み合っても停められそうです。昼食時に行きましたが、自動車も席もちょうど空いてました。でも結構な賑わいです。

もちろんこあじカサゴの味噌汁の組み合わせを注文です。小鯵鮨(大)が13個で1,575円、(並)が10個で1,260円です。並を注文しました。鮨は1コは小ぶりで一口サイズ。新鮮な小鯵が美味しいです。

Dscf5789

 
Dscf5800

笠子(かさご)の味噌汁は840円。かさご1匹がどかんと味噌汁に入っています。これは美味しかった。かさごの淡泊な味と味噌汁がマッチしてました。かさごも美味かったけど味噌汁がよく味が出ていてすすみました。

Dscf5791

満足の食後は、足を伸ばして黄金崎へ。
風化した安山岩が黄褐色に変化した全国でも珍しいプロピライト(変朽安山岩))。静岡県の天然記念物に指定されたこの景勝地は、黄金色に染まる岸壁と海に浮かぶ夕日が有名のようですが、昼間の風景も海の色、岩肌の黄褐色とのコントラストが素晴らしかったです。

Dscf5801

|

« お墓参りの道すがら~その1(富岳風穴・鳴沢氷穴) | トップページ | 芸能人だけじゃなくて小市民も歯は命でした。 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お墓参りの道すがら~その2(宇久須こあじ鮨 三共食堂):

« お墓参りの道すがら~その1(富岳風穴・鳴沢氷穴) | トップページ | 芸能人だけじゃなくて小市民も歯は命でした。 »