« 魅入る強さの裏にその名の由来の悲話に胸痛む『ウルヴァリンX-MEN ZERO』 | トップページ | 新潟で食べる大阪お好み焼きは美味い!!「かおるや 駅前店」 »

2009年9月18日 (金)

名盤の旅~時が止まったような優しさに溢れた一枚「デジャ・ヴ」クロスビー,スティルス,ナッシュ&ヤング

1970年。日本では大阪万博のあった年。時代は冷戦の中で、音楽もビートルズがその歴史に終止符を打ち、混沌とした中に新しい息吹を求めていた。

そしてこの1枚。
カントリーであったり、フォーク・ブルースであったり、ロックチューンであったり。バラエティに富んだ音楽の集まりは、デヴィッド・クロスビー(元バーズ)、スティヴン・スティルス(元バッファロー・スプリングフィールド)、グラハム・ナッシュ(元ホリーズ)の3人によるグループに、ニール・ヤングが加わって熟成された歴史的1枚。

まさにウッドストック=ヒッピー、ラブ&ピースといった時代背景の1970年を反映しつつも、混沌と混乱で荒れた魂のアメリカの若者に、古き良きアメリカを思い起こさせるかのような優しさに満ちている。

2曲目の「Teach Your Children」や7曲目の「Our House」は時代を超えた名曲であり、一枚の古い写真のような、ジャケットが訴えかけている時代を超えても色あせない。そんな普遍性のある曲。

彼らはその後イーグルスやレッド・ツェッペリン等への影響も与えた。その影響は日本の音楽シーンにも大きく与え、コーラスフォークが増えた。学生街の喫茶店というヒット曲を出した「GARO」という三人グループなどは「日本のCNSY」という鳴り物入りで出したくらいだ。

Deja Vu (1970.03)

2320d0b28fa02648ee9f9110_l

1. Carry On  2. Teach Your Children  3. Almost Cut My Hair 
4. Helpless    5. Woodstock 
6. Deja Vu    7. Our House  8. 4 + 20 
9. Country Girl (I Think You're Pretty)    10. Everybody I Love You
 

Crosby Stills & Nash - Teach Your Children

|

« 魅入る強さの裏にその名の由来の悲話に胸痛む『ウルヴァリンX-MEN ZERO』 | トップページ | 新潟で食べる大阪お好み焼きは美味い!!「かおるや 駅前店」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名盤の旅~時が止まったような優しさに溢れた一枚「デジャ・ヴ」クロスビー,スティルス,ナッシュ&ヤング:

« 魅入る強さの裏にその名の由来の悲話に胸痛む『ウルヴァリンX-MEN ZERO』 | トップページ | 新潟で食べる大阪お好み焼きは美味い!!「かおるや 駅前店」 »