« 沼津に行ってきました!というお話(前編) | トップページ | 信州松代は情緒あふれる城下町です(旅情編) »

2009年10月27日 (火)

沼津に行ってきました!というお話(後編)

Dscf9284s いよいよ皆さんとの集まりです。白華さんのご指示に従い、沼津駅で佇んでいると、なち師匠から連絡が。『北口側に来い』とのご命令で、師匠からの命令とあらば、これはすぐに従わなければ。ところで。「あの~師匠、南口から北口にど~やっていけばいいの?」何から何かで迷惑をかけます、はい。

Dscf9281s そんなことをしているウチに白華さんが「もうすぐつくからそこで待ってろ」と助け船。そこで待つことしばし。白華さんと合流です。いやぁ変わんないなぁ!数年前と全く同じ、すぐに分かりました。白華さんに連れられて、北口に向かいますが・・。実は師匠、白華さんも道を間違えましたよ(^^;

Dscf9282s てな減らず口叩いてる場合じゃありません。焼き肉屋さんでニコさん、なち師匠と合流し、楽しい宴会の始まりです。かつての同僚Sくんは遅れてくるそうで、再会はそれまでのお楽しみです。ニコさんとは初めてですが、師匠のブログで時々後ろ姿の写真とかでてたので、初めての気がしません。

Dscf9280

ニコさんは笑顔がイカス、とっても気さくで優しい方です。師匠、ステキなお相手で良かったですね。このお三方とお友達リンクの ほげげ商会さん、おなじくvinoさんは昔からのお仲間だそうで、私の知らない話、面白い話をいっぱい聞けました。
大家さん(お友達リンクのほげげ商会ジャリさん)の「笑いネタ」とか「エピソード話」とか「つっこみネタ話」とか・・・たっぷり盛り上がりました。

Dscf9286

いやぁ~。こういう会合は欠席しない方が良いってことと、女性の視線を疎かにしない方が賢明だと痛感しましたね(^_^;。肝心の焼き肉がまた旨いこと!自分がコゲコゲが大好き!なのをご存知なのか、なち師匠は鉄板の隙間から肉を落としながらも、しっかりと肉を焦がしてくれて『ホレ!』と私の皿に入れてくれました。

Dscf9287

悪タレついてる場合じゃありません。そうこうしているうちにかつての同僚Sくんもやってきました。いやいや、二十ウン年ぶりだからねぇ。当時の話やら誰がどうしてるって、ホント同窓会話になってしまい、懐かしい時間を過ごしました。自分の北関東までの帰宅の都合上、タイムリミットも近づいて、1時間ちょっとしか時間がありませんでしたが、とっても楽しい時間を過ごせました。
みなさん、ありがとう!!

|

« 沼津に行ってきました!というお話(前編) | トップページ | 信州松代は情緒あふれる城下町です(旅情編) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沼津に行ってきました!というお話(後編):

« 沼津に行ってきました!というお話(前編) | トップページ | 信州松代は情緒あふれる城下町です(旅情編) »